サボテン 植え 替え 時期。 可愛いサボテンの株分けをして、どんどん子株を増やしましょう!|

サボテンの植え替えや胴切りで切る時の方法、時期やコツを紹介

サボテン 植え 替え 時期

栽培環境・日当たり・置き場 鉢植えで育てます。 春から秋は戸外に置き、霜が降りる前に室内に取り込み、日当たりのよい場所で管理しましょう。 日によく当てると丈夫に育ち、花つきもよくなりますが、春と秋だけ日なたで管理し、梅雨明けから秋の彼岸ごろまでは、葉焼けを防ぐために半日陰に置きましょう。 水やり 春から秋の成長期は、鉢土の表面が乾いたら水やりし、生育を休止する冬は、鉢土の表面が乾いてから数日待って、少量の水を与える程度にして、乾かし気味に管理しましょう。 1年を通じて、水をやりすぎると根腐れするので注意しましょう。 肥料を施しすぎると、根が傷んだり、花つきが悪くなります。 病気と害虫 病気:特にありません。 害虫:ナメクジ、カイガラムシ 6月から10月、ナメクジが発生し、新芽や花芽を食害します。 はった跡にはのりが乾いたような透明な物質がついています。 夜行性で、昼間は鉢や石の下に潜んでいるので、鉢や石をどかして探すか、夜間見回って捕殺しましょう。 茎節に白い塊が付着していたら、カイガラムシです。 周年発生し、汁を吸って株を弱らせてしまうので、歯ブラシや布でこすり落とします。 用土(鉢植え) 水はけのよい土を好みます。 なお、クジャクサボテンの土やシャコバサボテンの土を利用するのも手軽でしょう。 植えつけ、 植え替え 苗の植えつけは、5月から6月と9月から10月が適期です。 開花株は2年に1回、古土と茶色く枯れた根を取り除いて、花後の5月から6月に植え替えましょう。 小苗は根鉢をくずさずに、一回り大きな鉢に植え替えて大きく育てます。 ふやし方 さし木:適期は5月から7月です。 15~20cm程度に切った茎節を、日陰に置いて1週間ほど乾かし、赤玉土(小粒)にさします。 1か月ほどで根が出たら、鉢上げしましょう。 数株まとめて1つの鉢に植えつけると、早く豪華な株がつくれます。 主な作業 支柱立て:大型の品種は草丈が1mを超える場合もあるので、5月から11月に支柱を立てるか、アサガオを仕立てるようなあんどん支柱を取りつけて倒れるのを防ぎましょう。 剪定、摘心:7月から9月に勢いよく伸びる新芽の先端を切ることで、背丈を伸ばさないようにすることができます。 伸びすぎた茎節は、適宜切り取ってかまいません。 ただし、充実した茎節に花がつくので、切りすぎないようにしましょう。 特徴 クジャクサボテンは、ノパルホキア属をもとに、近縁のサボテン科の植物の数属と、属間交配して改良されたもので、原生地では木の上などに着生して育っています。 植物体は、平たい板のようになっていますが、これは茎が変形したもので茎節、葉状茎と呼ばれます...

次の

ミニサボテンを育てたい? 植え替え・育て方を徹底解説!

サボテン 植え 替え 時期

というわけで、やってきました 花粉と サボテンの植え替えシーズンです! ということで、今回は植え替えの話題、特に 植え替えの時期についての話題です。 ・・・ 「サボテンは植え替えで育てる」という格言(?)があるように、サボテンにとって植え替えはとても重要なイベントです。 土がリフレッシュされ、根などを整理することにより根詰まりなども防ぐことができ、成長が促進されます。 少なくとも小球で年1回、実生1、2年の苗なら年2回でも植え替えをしたいところです。 さて、そんなサボテンの植え替えですが、極端な気候でない限り、 1年中いつ植え替えても大丈夫と言われています。 ただ、植え替えの 適期はあるようです。 我が家にある書籍によれば サボテンは1年中いつでも抜いたり植えたりできる点で、まことに都合の良い植物ですが、成長の開始に当たって移植するのが最もよく・・・以下略 平尾博著「」 とのことです。 つまりは、 ある時期に絶対に守らなくちゃいけないよ!ということではないけども、どうせやるなら、ある時期にやったほうがいいよ! ということです。 さて、適期(成長の開始)があるならば、適期に植え替えたいと思うのは当然ですね。 では 適期とはいつでしょうか。 我が家にある書籍によれば 春ならば、 新根がまだ動いていない二月中旬から、三月上旬。 秋ならば、これから元気が出ようとする九月下旬から、十月上旬が理想的です。 伊藤芳夫著「サボテンの栽培と鑑賞」 とのことです。 上記では、「新根がまだ動いていない状態=二月中旬から、三月上旬」とひとくくりにされていますが、成長開始時期については、サボテンの属や種、また栽培環境(たとえば温室の有無とか、地域とか)などでも変わります。 栽培環境についてはなかなか一般には語れませんが、属や種についてはいろいろな本などで書いてあったりしますので、我が家にあった複数の書籍から情報を色々抜いて 「おおよそのサボテン植え替え適期表」として以下にまとめてみました。 サボテン植え替え適期表 いろいろな書籍を参照したのですが、本によってそれなりに違います。 そして本によって違うということは、その内容はあまり重要ではないということです。 ということで、とりあえず表にまとめることはまとめましたが、 一般的に「春」と言われる季節に植え替えしておけばいいです。 上の表は、その中で時間がなかったりどれから始めようか迷ったりしたときに、気持ち参照するぐらいでいいかと思います。 ・・・ てなわけで、表の通り今年の植え替えもギムノカリキウム属(Gymnocalycium)から始めます! ちなみにギムノカリキウムから始まる根拠は下記の書籍からです。 ギムノカリキウム属の植え替えは 2月に入ったらすぐに始めます。 東京カクタスクラブ編「図解サボテン作り」 ということで今日はもう3月で、遅いんですけどね。 ・・・ というわけで! 下の写真は1年前の実生の 海王丸(Gymnocalycium denudatum var. paraguayensis)+実生の バッテリー(Gymnocalycium vatteri)です。 栽培環境としてはビニールカバーはあるものの、冬に加温などはしていないです。 そのためかふっくらはしていないです。 あとこれで成長速度が適正なのかはよくわからんです。 上手い人ならもっともっとぎゅうぎゅうになるぐらい膨らむのかもしれません。 ただ、自分は生産者ではないのでこれぐらいの成長スピードで充分です。 下の写真は、やはり一年前の海王丸です。 シワッシワですが、その時の記事がこちら。 もうすっかりおとなになりましたね。 というか本記事の上の方の海王丸は、この海王丸の子供なんですね(を参照のこと。 ちなみにこの記事ですが、読み直すと、海王丸の結婚相手は竜頭ではなくて瑞昌玉のような気がします。 そして、交配されたというよりかは、子どもたちを見るに海王丸が自家受粉したような気がします)。 ・・・ 植え替える培養土は昨年作ったものが余っていたので、とりあえずそれを使います。 配合は以下参照。 ちなみにココらへんも参照のこと。 ・・・ 以下は、今回の実際の植え替え手順です。 まずはサボテンを引っこ抜いて、土を落として、根を整理して、少し乾かします(今回の写真は忘れました)。 そこら辺の詳細はこちら。 鹿沼土を適当に入れます。 大粒が良さそうです。 今回は中苗なのでこういう底上げをしていますが、小さめの苗なら特に入れていません。 培養土を入れて、マグアンプ中粒をパラっと入れました。 昨年までは培養土に混ぜていたのですが、やはり発根過程で根に直接触れないほうがいいのでは?と思い、鉢底に入れるパターンにしてみました。 良くなるか悪くなるかはわかりません。 入れてよい量もぶっちゃけよくわかりません。 また培養土をすこし入れます。 ちなみに鉢は、よくあるスリット鉢を使用しています。 鉢についてはこちら(あまり役に立たない記事ですけど)。 ぶっちゃけプラ鉢ならなんでもいいと思っています。 鉢の大きさは、サボテンと鉢の間に指一本分ぐらいが入るぐらいの大きさで。 また、小さいサボテンは寄せ植えがいいでしょう。 そんで植えます。 根の間に土が入るように、根を広げて、例えば割り箸みたいなやつでギュッと入れてあげます。 このあとは、通常管理へ。 日差しが強そうな場所ならある程度遮光。 ということで、サボテンの植え替え開始でした! 今回の作業の一番の敵は 花粉でしたね!ええ!.

次の

サボテンの植え替え|土の作り方、鉢選びのポイント、時期は?

サボテン 植え 替え 時期

サボテン栽培、毎年植え替える サボテン栽培のポイント -毎年植え替える- サボテン栽培で一番面倒なのが、この植え替え作業です。 サボテン栽培の年中行事です。 億劫がらずにやりましょう。 といっても、サボテンファンにとってはこの面倒さもまた楽しみのひとつといえるかも知れません。 植物は何でもそうですが、サボテンでは特に根の張り具合が成長に大きく影響します。 植え替え作業はその 根を直接見ることが出来るチャンスなのですから。 ですから、 元気のなくなった株も一旦鉢から抜いて根を調べ、植え替えることによって元気を取り戻すこともよくあるくらいです。 植え替えの時期 春、やや暖かくなってきた頃、関西では 3月中旬~4月中旬が適期です。 ただ、サボテンによってはこの時期に蕾を付けているものがあります。 このような場合は、 花が咲き終わってから2週間程度後に植え替える方が良いでしょう。 サボテンの植え替えについては、適期はありますが、植え替えては いけない時期は特にありません。 ですから、やや遅くなっても(5月、6月になっても)植え替えないより植え替えた方が良く育ちます 適期については個々のページをご覧下さい。 また、に一覧表も掲載しました。 で、植え替え作業ですが、先ずは培養土の準備です。 園芸店で「サボテン用土」として売られているものでも結構ですが、 出来れば専門店で購入した方が良いかと思います。 と言いますのは、一般の園芸店ではその用土の性質や、種類に対する向き、不向きをあまり教えてもらえないからです。 私は専門店で購入した土と、自分で調合した土を適当に使い分けています。 なお、培養土は 乾燥したものを用いる方が安全です。

次の