西成区あいりん地区。 大阪西成ドヤ街「あいりん地区」の今…売春・闇市・暴動など、危険な実態とは?

西成区あいりん地区出身芸能人は?夜の治安やばい?芸能人最強って?

西成区あいりん地区

西成区の治安の悪さは家賃相場に現れている 西成区というと、大阪では「女性の一人暮らしに不向きな街ナンバー1」と言えるでしょう。 私自身、大阪に住んで20年以上になり、その間、3回ほど引っ越しをしましたが、西成区に住もうとは思いませんでした。 なぜかというと、飛田新地やあいりん地区の存在を知っていたからです。 知っていたといっても、実際にそこを訪れたわけでなく、近づいてはいけない場所というイメージを持っていたわけです。 そのくらい、西成区の「治安が悪い」というイメージは、大阪では定着しています。 そしてそれは、家賃相場に如実に現れています。 ある住宅サイト調べですが、キタと呼ばれる「梅田」のある大阪市北区の家賃相場は、ワンルームで5.7万円、3LDKでは19.4万円です。 また、ミナミと呼ばれる「難波」のある中央区では、ワンルームが5.8万円、3LDKで16万円です。 そして天王寺区では、ワンルームが5.8万円、3LDKで14.1万円です。 対する西成区は、ワンルーム3万円、3LDKで9万円と、家賃相場の低さがうかがえます。 治安が悪く人気がないため、地価が安く家賃相場も安いと言えるのではないでしょうか。 飛田新地やあいりん地区以外の西成区の治安 では、本当に西成区は治安が悪いのでしょうか。 西成区の治安を見ていく前に、まずはその位置関係について説明しておきましょう。 西成区は、大阪市の南部にあり、東西南北をそれぞれ阿倍野区、大正区、住之江区、浪速区に囲まれています。 浪速区には、いわゆる新世界と呼ばれる通天閣のある地域があり、先ほどのあいりん地区はそのすく南に位置しています。 そして飛田新地は、あいりん地区のすぐ東側にあります。 西成区全体から見るとこの2つの地域は、北東の角の一角で、区全体の1割にも満たない地域でしかありません。 そして西成区は、他にも天下茶屋、岸里、鶴見橋、津守、千本、玉手などの広いエリアを有しているのです。 ただ、この2つの地域の特異性から、まるで西成区を代表する地域であるように言われているのでしょう。 しかし、西成区の他のエリアは、近隣の区とさほど違いはないといってよいでしょう。 西成区とそれを囲む4区や近隣の南東部の区は、大阪のなかでも比較的庶民的な、いわゆる下町エリアです。 もちろん北区や中央区などとは一線を画していますが、西成区も一般的な下町エリアと言えます。 家賃相場でもわかるように、物価が安く庶民的で、入り込めば住みやすい地域といってよいでしょう。 ただ、飛田新地やあいりん地区のイメージが先行して、治安の悪い場所とひとまとめにされているのが現状です。 犯罪発生件数から見る西成区の治安 ところで、治安を考える際にデータとして犯罪率がよく用いられますが、西成区の犯罪率は、実際それほど高いとはいえません。 大阪市のHPに発表されている、平成30年1月末の犯罪発生件数のデータで、西成区の犯罪発生件数は154件ですが、これは全区の平均値程度の発生件数です。 一番多いのは中央区の527件で、次いで北区の524件、次が浪速区の243件という具合で、西成区が少ないとは言えませんが、多くもないのです。 内訳を見てみると、一番多いのが自転車泥棒で26件、次が車上狙いの12件で、ひったくりにいたっては1件だけでした。 このことから、イメージのような歩いているだけで危ないという治安ではないことがうかがえます。 逆に、キタやミナミの繁華街の方が気が抜けないと言えるでしょう。 ただ、やはりあいりん地区は、危険でないとは言えないようです。 あいりん地区だけのデータなどはありませんが、実際に西成区に住んでいた、また住んでいる人のブログなどから、それがわかります。 この地区に入ってきた車を、大勢でドンドン叩いて追いかけているところを見たそうです。 このような西成区の地域を一言で表すなら、飛田新地は「遊郭街」ですが、あいりん地区は「危険地域」、その他の地域は「下町」と言えそうです。 西成区の飛田新地とはどんなところか では、その中身をもう少し詳しく掘り下げていきましょう。 まずは飛田新地です。 西成区の飛田新地は大正時代に築かれた遊郭街ですが、1958年の売春防止法で、日本ではもう表向きには遊郭は存在していません。 飛田新地でも、遊郭ではなく料亭や旅館として営業しています。 私は飛田新地を訪れたことはありませんが、もう一つの遊郭街、大阪九条の松島新地を歩いたことがあります。 歩いたのは昼間で、近くに住む姪のところを訪ねようとして迷い込んだだけでしたが、そこは小規模の建物が密集した旅館街でした。 ただ、ひっそりとしていて、旅館の前を掃除する老齢の従業員さんくらいしか見かけませんでした。 ところが、あるひとつの旅館のガラス戸の向こうを見て、ドキッとしたことを鮮明に覚えています。 そこには、きれいに化粧をし、胸の開いた青いドレスを着た若い女性が、正面を向いて座っていたのです。 そのショーケースの中の商品のような佇まいに、遊郭という言葉が思い出され、ハッとしたのです。 飛田新地も松島新地と同様に、表向きは旅館として営業していますが、内実は変わっていないのでしょう。 男性はともかく、女性が一人でふらふら歩く場所ではないと言えます。 もちろん、夜の街ですので、治安の面でも住むには不向きと言えるでしょう。 西成区で飛田新地と並び称されるあいりん地区とは 次に、飛田新地とともに西成区のイメージを悪目立ちさせているといってもよい、あいりん地区について見ていきましょう。 地名としては釜ヶ崎で、年配の方はこちらの方がイメージしやすいかもしれません。 JRの新今宮駅の南側一帯を指しますが、日雇い労働者が集まり、簡易宿泊所や安宿が立ち並び、生活保護受給者も多い地区です。 また、三角公園や四角公園などでは、炊き出しが行われており、いわゆる路上生活者のテントなども立ち並んでいます。 本来なら公共の公園にテントを張って寝泊まりするのは禁止されていますが、ここでは暗黙の了解として黙認されているようです。 また、2010年代前半くらいまでは、無許可の路上販売なども普通に行われていました。 私もテレビの特番で、生活保護受給者が病院でもらってきた薬などを、路上で販売しているの観たことがありました。 ひと昔前は、暴動をはじめ麻薬密売などの犯罪の温床でもあり、よくメディアに取り上げられていたものです。 その名残か、この地区の公共の建物の周囲はやたらと頑丈な作りの柵で囲まれていたりします。 民家の窓にも必ず格子が付けられ、治安の面で対策がなされているようです。 西成区の治安は確実によくなってきている この地区では、今でも毎日夜8時になると警察の見回りがあり、歩いていると職務質問されたりするそうです。 そして、度重なる警察の取り締まりや摘発によって、昨今はこの地区に変化が訪れているといいます。 路上販売や麻薬密売などもなくなり、比較的治安が安定してきています。 また、何よりも若い世代がこの地区を選んで飲食店を出店するなど、危険な街から庶民の暖かさが感じられる下町として、生まれ変わろうとしているのです。 本当にそうなれば、東京でいう下北沢などのように、人気の街になる可能性もあるでしょう。 そして、この地区でも、普通に歩いているだけで危険なわけではありません。 興味本位に訪れて、路上で人の写真を撮るなど、誰でも嫌がるようなことをしない限りは、何かが起こるわけではないのです。 普通に食事を目的に訪れる、話を聞きたければ礼儀をわきまえて話しかけるなどすれば、逆に都会よりも暖かく接してくれる街といえるでしょう。 西成区の治安について、飛田新地とあいりん地区に触れながら述べてきました。 確かに、西成区は治安のよい街とは言えません。 ただ、過去のイメージから今変化を遂げようとしていることは確かですし、西成区全体で見れば、決して住みにくい街ではありません。 逆に庶民的で物価が安く、人情味のある街といえるのではないでしょうか。 西成区の若い世代は希望の星である 今回は西成区について見てきました。 実は今学校などでも、変化が起きているといいます。 あるブログで「学力はまだ高いとはいえないが、それを変えていこうとしている子供たちの頑張りが見られる」と、現役教師の方が述べておられました。 そして、「この子たちが社会に出たときに、西成区というだけで特別視されないようにしなければ」と続けておられました。 それがとても印象的であったことを最後に書き加えておきたいと思います。

次の

【画像】日本で一番危険!?西成「あいりん地区」に潜入。ホームレスだらけ

西成区あいりん地区

あいりん地区とは、萩ノ屋および太子周辺にあるドヤの通称である。 概要 最大のドヤ・寄り場。 ドヤとは安宿のこと。 寄り場もしくは寄せ場とは、日雇い労働者の集まるところのこと。 一般的に、内でも屈のの悪さで有名。 ので一の起こる場所でもあった。 (直近ではに16年ぶりに勃発した。 ) 住民の患率が高い、のやが点在し、ぞっとしないには事欠かず、・客に関わらず、一般的に立ち寄ることは避けられるだった。 ちなみに、際的に「が悪い」と認められるのスが、内で確認されたのは、直後の周辺数カ所以来である。 しかし、に、が「構想」を推し進めた結果、全体の認知件数が3割減少し、拠点として発展。 路上密売拠点がほとんど壊滅し、の不法投棄が減少した。 「密売人がはびこっていた以前」とべると「時代が変わった」と感じさせるほどの変化が起きている。 km 2の範囲をす。 これは区ののうち約8. 3である。 、から近く、徒歩で行ける圏内にある。 しばしば、時にはまとめ系のなどで面半分に、あいりん地区をし「」と称するなどされるが、実際は萩之屋周辺、住所では萩之屋一丁、二丁、太子一丁、二丁だけである。 が示す通り、 「 区 」「あいりん地区 ドヤ 」ではないので、「」で括らないよう注意。 ドヤはあくまで区の一部分にすぎず、区内はこれとは関係な下町やがもっとも多くを占めている。 民をもっとも悩ませているのは、あいりん地区の存在よりも、上記誤解によるかもしれない。 名称 とは『隣』であり、やが年代に決めた共称。 本来の名称はであり、地元民、あるいは日雇い労働者達は今でもこちらの呼び方を使う。 安宿 ドヤとは、宿=ヤドをひっくり返して、その質の悪さをにした言い方。 本来は、工場などで働く日雇い労働者のためのものという性格が強く、館・のような業からはかけ離れたもの。 日で入れると言ったほいだろう。 具体的には、なしの3~4畳一間付に、素泊まり1泊数といった価格帯である。 食事を出すところもあるにはあるが、基本的にはそのようなは一切いと思ってよい。 内の重工業が活性化した高度成長期に形成され、から出稼ぎに来た就業者などの宿として活躍した。 が、工場の・移転や、の導入による効率化などによる、日雇い労働そのものの減少に伴い、いずれも消滅、あるいは規模を縮小した。 今や、内には3ヶ所程度しか残っていない。 あいりん地区はその中の1つであり、でも最大のドヤではあるが、本来はもっと多くの人々が行き交っていた。 、ひいては工業地帯の発展を、この地区が支えたといっても過言ではないだろう。 もっとも、内の工業の現状や、地区内に居住する日雇い労働者のを鑑みるに、今後も縮小を続けて行くことが予想される。 にされてからにされるまで逃走を続けた犯「」も、一時期はここに滞在していた。 また、安宿の一部は、のような綺麗で整った設備を備えたものに変貌している。 これらは、客室が狭くは共同であるものの、極倹約したい者や、からのパッなどにとって、に代わる手頃な宿として活躍している。 これらは大手からも簡単に予約もできる。 沿線にあり、からもが楽なことや、再開発が進んでいる、急速に地化されが高まっているが徒歩圏内であることから、最近注されている。 とはいえ、これはにあいりん地区の中心からを置いた、もしくは地区外のものであり、地区内には、的も設備も変わらず、とても客が利用するものではない安宿は多く残されている。 住民 ここでは、 日雇い労働者・などについて扱う。 ただし、あいりん地区とされる部分にも一般住民はいるし、ましてや民 11万人強 のうちの大半は関係がなく、これに全く該当しないため注意。 あいりん地区を形成するのは、ドヤに集まる日雇い労働者である。 また、あいりん地区に住む日雇い労働者がみな安宿に泊まっているわけではなく、路上生活を余儀なくされているものも多い。 あいりん地区にはおよそ3万人が住んでおり、うち日雇い労働者は約2万人と推定されている。 さらにそのうち8割は、外から労働をめやってきた者とされている。 生活に困窮している者が多いことが、この地区のが悪い要因とされていた。 ある程度の年齢のには、暴動(暴動)も記憶に残っているだろう。 今ではのでしか見られないような暴動が、内でも確かに起こっていた。 また、には医療をに受けられない者が多い、路上生活がの低下を招いているなどから、患率は全均の約14倍という。 日雇い労働は減しており、あいりん地区の住民が手に入れられるも減り続けている。 これにより、困窮する住民が増していた。 露店 怪しいものを売る露店が多かった。 売りなどはもはや内ではここでしかおにかかれないだろう。 露店が多くかった。 その中には売る気があるのかすら怪しい代物を扱っているものから、 を売っているものまで様々。 しかし、に、が向上を課題として提起して以降、は密売人の取り締強化。 浄化への本を入れた。 密売人が場所を移しても、摘発を続け、にはの路上密売が止んだ。 ただ、区の統計における件数(ひったくりなど含む)は、やたら先行する先入観的なとは異なり、全体の数字を大きく押し上げるには至らない。 近年でも暴動が起きたとは言え、直近は16~年間隔の頻度であるうえ、仮に起きたとしても、何も知らずに偶然巻き込まれるようなことはないだろう。 なので、一般住民やを利用する近隣のなども通るし、さすがにがただ通りがかるだけで沙汰のようなに遭うこともはない。 とはいえ、ごく小さなも避けたいなら、中にが一人で歩いたり、本位であちこち・撮したりはやめておいた方が良いだろう。 頻繁にされるがある、のが多い、生活系のの建物が点在していた。 、常時に酔っている人がいる、近隣の商店が日雇い労働者が集まるだらけなど、地区内の自体全然良くないので、間接的に気が滅入ってしまうこともあった。 近隣にあるも、あいりん地区からの日雇い労働者が多く流れ込んで一時(代~前半頃)は「労働者の盛り場」となってしまい、敬遠され衰退しれてしまうほどのがあった。 ちなみにこちらは停滞していた町並みがの面を感じさせると近年急に再評価され、今は名物のとともに息を吹き返し、は内外からの客でごった返している。 一方で、地区中心部に位置する署は、格子と柵で周囲を防護しているばかりか、は強化・正面は製で、2間体制で周囲を警官がパしている、といういわば要塞である。 この全防護は、もちろん官を守るための武装である。 また、地区内のあるのに、『器を流さないでください』という注意書きがあるばかりか、内であるにも関わらず監視が設置されていることが徴づけられることもある。 ただし器については、ないではなく、「患者の用」の器がに捨てられ、同様の注意書きが貼られていたが他の地域でしている。 前述についても同様である可性が高い 関連動画 関連項目• 内のな地名 |中之||||| ||| あいりん地区|.

次の

あいりん地区

西成区あいりん地区

「隣人を愛する」という意味がこめられた西成あいりん地区。 過去には暴動が起こった事もあり、治安も良くないイメージが世間ではあります。 僕はこの西成に通いつめて早3年が経ちました。 一般的には酔っ払いやホームレス、日雇い労働者の街として知られるあいりん地区ですが、日本一面白い街でもあるのです。 仕事の都合で、しばらく西成に行けなかったのですが週末の夜に久しぶりに散策してきました。 ふだん新世界やその周辺は外国人観光客や中国人、韓国人で賑わっているのですが新型コロナの影響はどうなのでしょうか? 世界中でパンデミックを引き起こしている新型コロナウイルス。 実際に西成あいりん地区を散策して感じた事を書きます。 西成あいりん地区の夜を久しぶりに散策! というこで南海電車に揺られて新今宮駅へ。 最寄り駅から新今宮まで空港急行に乗ったのですが、すでに新型コロナの影響が垣間見えます。 ふだんは外国人観光客が多くいる車内がガラガラ… 座席のバーゲンセールとなっています。 座り放題(笑) 関西国際空港から難波行きの電車は、いつも満員なのでかなり違和感を感じますね。 新今宮駅の改札を出て 〝あいりん地区〟へ。 旧あいりん労働福祉センターも週末の夜ですが閑散としてる感じ。 シェルター(禁酒の館)方面へ向かうと人がチラホラ歩いていました。 やっぱり新型コロナの影響でしょうか? 次は三角公園に向かい、最近オープンした「立ち成り屋」さんの前に来ました。 続いて飛田新地商店街へ。 西成の名店「和来屋」や「西成一番」の前を通ると少し賑やかな雰囲気。 新型コロナウイルスの影響は? 少し歩き疲れたので、いつも通っている居酒屋へ向かいました。 瓶ビールを注文してお店のママに新型コロナウイルスの影響を聞くと 「全然お客来ないよ…」と嘆きが。 そして、ここぞと言わんばかりに一杯飲ませてコールが僕に向けられる! 鴨がネギを背負って来た僕。 ある意味で熱が出そうです。 ひとしきり飲んでお店を出て歩くと何やらレトロな居酒屋を発見。 僕のインスピレーションがピピッと察知して迷わず入店しました。 民泊を経営している方が副業として開店したお店で、50年前の民家を買い取ってそのまま残したんだとか。 レトロ好きには最高の場所なのですが、今日は時間があまりないので次回詳しくこのお店について記事を書こうと思い出す。 あいりん地区の夜まとめ 久しぶりに西成あいりん地区を散策してみました。 やっぱり外国人観光客が減ると、いくら地元民がいると言えどガランとしてる感じです。 新型コロナの影響は少なからずあるようですが、気にする人と気にしない人の差がはっきりしてるなぁという印象。 気にしない人はバンバンお酒飲んでカラオケ歌ってました(笑) さすがにマスクをしながらビールとカラオケはありませんね。 なので、新型コロナの感染を危惧するなら収束するまでは西成への渡航は控えたほうが良いかもしれません。 西成は中国人も多いので少なからず感染する確率はゼロではないかと思います。 最後になりますが、西成あいりん地区に暮らす人々の名言でお別れしましょう! Copyright C 2020 泉州ノマドライフ! All Rights Reserved.

次の