午前 零 時 キス し に 来 て よ ネタバレ。 『午前0時、キスしに来てよ』最新話のネタバレ【37話】理想のデート

午前0時にキス(午前0時、キスしに来てよ)ネタバレ感想(1巻1話~3話)*みきもと凛

午前 零 時 キス し に 来 て よ ネタバレ

カテゴリー• CLOSE スポンサーリンク 午前0時、キスしに来てよ38話までのあらすじ るんちゃんに誘われプールパーティーに参加した日奈々。 日奈々が初めて絵本を開いた時。 キラキラぴかぴか…見たこともない煌めく宝石のような世界にとても憧れて虜になった。 それ以来、おとぎ話は日奈々の逃げ場になっていたのかもしれない。 楓の部屋 水着姿の日奈々をソファーに押し倒しキスをする楓。 この後もまだ仕事がある楓を心配する日奈々。 日奈々「あのっ綾瀬さ…っ…まっまだ続けるんですか?」 楓「え、嫌だった?」 日奈々「いえ、そうじゃなくて…なんだか…変な気持ちになるっていうか…」 そう言って赤面して目を逸らす日奈々。 楓「ななちゃんあいかわらずオレを殺しにかかってくるね」 楓「よし、もうヤっちゃお!」 そしてパーカーを脱ぎ出す…と見せかけて… 楓「やっぱ君が高校卒業するまではなるべくガマンしないとね」 日奈々「長すぎて私の方がガマンできるでしょうか」 楓「まぁでも新学期から3年になるわけだし。 楓は以前、あーちゃんから聞いていたので日奈々の誕生日を知っていたんです。 楓「プレゼントどうしようか?」 日奈々「明日、両親のお店が定休日でして…いよいよ気持ちを話そうと思うんです。 なので…綾瀬さんに一番に報告したいので、少しでもいいから会いたいです。 甘えたいです。 」 話しながら、楓の膝に寝転ぶ日奈々。 楓「わかった。 約束する」 幸せそうに笑い合う楓と日奈々。 日奈々「あの、じゃあそろそろ着がえてきますね」 そう言って着替えに行った日奈々。 1人になった楓の元に、マネージャーから着信が… マネージャー「もしもし楓。 緊急事態だ。 」 楓「?どしたの?……え?」 帰宅した日奈々 たくさんのトロフィーを前に考え込む日奈々。 日奈々(…私が私らしくいられたしるし。 日奈々母「どうしたの?もしかして綾瀬さんと何かあった?」 日奈々「ちっちがうの。 日奈々は母親の言葉を聞き、本題を切り出します。 日奈々「私、ピアノがやりたい。 ずっとやりたかった。 迷惑かけちゃうかもしれないけど、今さらプロにはなれないけどピアノに関わる仕事につきたい。 …ずっずっと黙ってたのは…まえに見ちゃったの…お母さんとおばあちゃんの会話。 おばあちゃんに私のこと後悔してないかってきかれてて、お母さん言ってた。 今さらそんなこときかないでって」 日奈々の言葉に驚く母親。 日奈々「だからこわくて…っ。 いつも優しいけど面倒だって思ってることもあるかもしれないって。 私はすずじゃないから…本当の子じゃないから…っ。 私も愛されたくて」 クッションを抱きしめながら涙を流す日奈々を見た母親は… 日奈々母「日奈々。 やっと本音言ってくれたね」 日奈々が顔を上げると、号泣する母親の姿が! 日奈々母「日奈々が遠慮してるなんて知ってたわ。 真面目すぎるし、必要以上に家事もしてくれてるし。 何度かムリしないでって言ったけど、それを貫いてたから。 そんな日奈々のクッションを奪い、投げ飛ばした母親は… 日奈々母「今さらっていうのはこういう意味よ」 そう言って日奈々と向かい合わせに立った母親は、目に涙を浮かべながら… 日奈々母「『もう愛しちゃってるんだから今さらでしょ!』」 母親の言葉を聞き泣きそうになる日奈々と、そんな日奈々を抱きしめる母親。 日奈々母「ゴメンね。 誤解させて、傷つけて。 どんな日奈々でも大好きよ」 すず「もう入ってもいい?」 日奈々父「もう少し待って」 泣きながら強く抱き合う日奈々と母親の耳にこそこそと話す声が聞こえてきて…と思ったら元気よく扉が開き。 すず「ただいま〜っっ」 日奈々父「すまんね。 入るタイミング失ってしばらく話聞かせてもらったよ。 日奈々(なんだか胸がいっぱいでねむれそうのないな。 早く綾瀬さんに伝えたいな) そう思っていた日奈々の元へ、楓から着信が… 日奈々(わっやった!綾瀬さんからだ) 元気に電話に出る日奈々でしたが… 楓「ゴメン日奈々。 そこで日奈々は、両親に自分の本当の気持ちを伝えることにしたと楓に話します。 確かに母親と祖母のあの会話だけでは、日奈々が誤解するのも無理ないですよね… ですが母親に本音を話したことで、母親の本音も聞くことができ。 そして立ち聞きになってしまいましたが父親にも日奈々の本音は伝わり、父親の本音も聞くことができた日奈々。

次の

【午前0時、キスしに来てよ】35話のネタバレあらすじと感想を紹介!別冊フレンド2019年3号2月13日発売

午前 零 時 キス し に 来 て よ ネタバレ

では、綾瀬のマンションで日奈々がマネージャーとはち合う所で終わりました。 4 直後にマネージャーの茂雄に電話がかかり 緊急事態として、日奈々は帰されました。 後日、茂雄に 「楓にもてあそばれてる。 この週刊誌を見てみろ」と言われ、見ると、綾瀬が共演者と抱き合っている写真。 落ち込んで綾瀬からの電話に出ない日奈々でしたが、理由のわからない綾瀬は茂雄に事の顛末を聞きます。 綾瀬に抱きついたグラビアアイドルは売り出しの新人で、名前を知られるために綾瀬を利用して抱き合っているように写真を撮らせたというのが真実でした。 綾瀬を傷つけたくないがために茂雄は日奈々に嘘をつき、日奈々は信じられないけれどモヤモヤして電話に出れなかったのでした。 茂雄から話を聞くと、すぐに日奈々のマンションへ飛んできた綾瀬。 「何で出ない!? フツーにヘコむんだけど! 無視は駄目!記事なら嘘だから!」 と必死に矢継ぎ早に日奈々に説明しました 笑。 綾瀬は自分のことを 「ダセーな…」と言いますが、必死な綾瀬を見て日奈々は嬉しくなります。 5 恋人ができて嬉しい日奈々でしたが、 相手がアイドルなので、誰にも 知られてはいけません! ということで、学校では嬉しさとは真逆のふくれっ面をしています。 けれど、気を抜くと満面の笑み 笑。 ボーっとしてりもしていて、日奈々の何だかいつもと違う様子に仲の良いあーちゃんとるーちゃんは 「?」と、少し気づいている感じです。 花畑みたいな満面の笑みをする日奈々に日奈々のことを実は好きなあーちゃんは少し 心配気味…。 場面が変わり、日奈々は綾瀬に七夕祭りに誘われて もちろんOKします。 一緒に祭りをまわる日奈々でしたが、綾瀬はバレないようにお面をつけてるし自分ばっかり盛り上がっている気がして落ち込んでしまいます。 綾瀬がトイレに入っている時に日奈々の携帯にマネージャーから電話が来ました。 実は綾瀬は祭りの前に 倒れて、 点滴まで打っていたということでした。 心配な日奈々は綾瀬がトイレから帰ると、すぐに 「帰りましょう」と言いますが、綾瀬は 「俺が君に会いたかったんだ」と言って、日奈々のことを一日 『可愛い』と思っていたことを伝えてくれました。 そして、抱き合った二人。 ラブラブな感じでしたが、その二人の様子をなんとあーちゃんに見られていました。 2巻STORY. 6 それから10日後の登校日。 日奈々は風邪を引いて学校を休みました。 学校を終えたあーちゃんは、忙しい共働きの両親に代わって 日奈々とすずの面倒を見に来ます。 日奈々が部屋で綾瀬としゃべっていると、あーちゃんが日奈々の部屋に家事のことを聞きに来ました。 そのあーちゃんの声を電話越しに聞いた綾瀬は、気になって夜に日奈々のマンションへ行き 「他の男がいるのはヤだと思って」と日奈々に伝えました。 綾瀬が車に乗り込む時に、あーちゃんが登場。 日奈々に手を出すな的な感じに綾瀬を牽制しますが、効果がありません。 あーちゃんは自分の日奈々に対する想いや恋愛関係までは 「長期戦なんだ」と言い、帰って行く綾瀬の車に 「いずれ奪いますから」と呟きます。 また、このストーリー6の中で、 綾瀬が脱退したグループであるFunny Boneのメンバーと仲が悪いこと 日奈々の両親が実の両親ではないこと が話されています。 2巻STORY. 7 テストで自分の納得のいかない点数を取り、勉強に集中する日奈々。 綾瀬宅に遊びに行っても、勉強ばかりしています。 「何でそんな必死に勉強するの?」と聞かれ、日奈々は 「養子だから両親を安心させたい」ということを話します。 お互いのことを少しずづ知る二人。 綾瀬は日奈々が実は むっつりスケベだということも知りました 笑。 そうして、二人の時間を楽しんでいましたが部屋に誰かが訪ねてきます。 綾瀬が出ると、 Funny Boneの充希でした。 日奈々が良い子にしているのはもらわれっ子だから、という話はちょっと心が痛みますね。 日奈々が養子になった経緯と、本当の両親は誰なのか?ということは、これから徐々に明かされていくだろうと思います。 明るくて優しく気遣いができる日奈々ですが、養子だという事で遠慮しながら生きて来た結果そういった性格になったのなら、それはそれでとても残念な気がしてしまいます。 綾瀬と付き合って本当の自分をさらけ出している日奈々なので、もっとわがままになってもっとスケベ感を出していっても良いと思います! 笑 『午前0時にキス 2巻 』は、綾瀬のマンションにファニーボーンの充希が訪ねてきたところで終わりました。 ・・・.

次の

午前0時にキス(午前0時、キスしに来てよ)ネタバレ感想(1巻1話~3話)*みきもと凛

午前 零 時 キス し に 来 て よ ネタバレ

カテゴリー• CLOSE スポンサーリンク 午前0時、キスしに来てよ38話までのあらすじ るんちゃんに誘われプールパーティーに参加した日奈々。 日奈々が初めて絵本を開いた時。 キラキラぴかぴか…見たこともない煌めく宝石のような世界にとても憧れて虜になった。 それ以来、おとぎ話は日奈々の逃げ場になっていたのかもしれない。 楓の部屋 水着姿の日奈々をソファーに押し倒しキスをする楓。 この後もまだ仕事がある楓を心配する日奈々。 日奈々「あのっ綾瀬さ…っ…まっまだ続けるんですか?」 楓「え、嫌だった?」 日奈々「いえ、そうじゃなくて…なんだか…変な気持ちになるっていうか…」 そう言って赤面して目を逸らす日奈々。 楓「ななちゃんあいかわらずオレを殺しにかかってくるね」 楓「よし、もうヤっちゃお!」 そしてパーカーを脱ぎ出す…と見せかけて… 楓「やっぱ君が高校卒業するまではなるべくガマンしないとね」 日奈々「長すぎて私の方がガマンできるでしょうか」 楓「まぁでも新学期から3年になるわけだし。 楓は以前、あーちゃんから聞いていたので日奈々の誕生日を知っていたんです。 楓「プレゼントどうしようか?」 日奈々「明日、両親のお店が定休日でして…いよいよ気持ちを話そうと思うんです。 なので…綾瀬さんに一番に報告したいので、少しでもいいから会いたいです。 甘えたいです。 」 話しながら、楓の膝に寝転ぶ日奈々。 楓「わかった。 約束する」 幸せそうに笑い合う楓と日奈々。 日奈々「あの、じゃあそろそろ着がえてきますね」 そう言って着替えに行った日奈々。 1人になった楓の元に、マネージャーから着信が… マネージャー「もしもし楓。 緊急事態だ。 」 楓「?どしたの?……え?」 帰宅した日奈々 たくさんのトロフィーを前に考え込む日奈々。 日奈々(…私が私らしくいられたしるし。 日奈々母「どうしたの?もしかして綾瀬さんと何かあった?」 日奈々「ちっちがうの。 日奈々は母親の言葉を聞き、本題を切り出します。 日奈々「私、ピアノがやりたい。 ずっとやりたかった。 迷惑かけちゃうかもしれないけど、今さらプロにはなれないけどピアノに関わる仕事につきたい。 …ずっずっと黙ってたのは…まえに見ちゃったの…お母さんとおばあちゃんの会話。 おばあちゃんに私のこと後悔してないかってきかれてて、お母さん言ってた。 今さらそんなこときかないでって」 日奈々の言葉に驚く母親。 日奈々「だからこわくて…っ。 いつも優しいけど面倒だって思ってることもあるかもしれないって。 私はすずじゃないから…本当の子じゃないから…っ。 私も愛されたくて」 クッションを抱きしめながら涙を流す日奈々を見た母親は… 日奈々母「日奈々。 やっと本音言ってくれたね」 日奈々が顔を上げると、号泣する母親の姿が! 日奈々母「日奈々が遠慮してるなんて知ってたわ。 真面目すぎるし、必要以上に家事もしてくれてるし。 何度かムリしないでって言ったけど、それを貫いてたから。 そんな日奈々のクッションを奪い、投げ飛ばした母親は… 日奈々母「今さらっていうのはこういう意味よ」 そう言って日奈々と向かい合わせに立った母親は、目に涙を浮かべながら… 日奈々母「『もう愛しちゃってるんだから今さらでしょ!』」 母親の言葉を聞き泣きそうになる日奈々と、そんな日奈々を抱きしめる母親。 日奈々母「ゴメンね。 誤解させて、傷つけて。 どんな日奈々でも大好きよ」 すず「もう入ってもいい?」 日奈々父「もう少し待って」 泣きながら強く抱き合う日奈々と母親の耳にこそこそと話す声が聞こえてきて…と思ったら元気よく扉が開き。 すず「ただいま〜っっ」 日奈々父「すまんね。 入るタイミング失ってしばらく話聞かせてもらったよ。 日奈々(なんだか胸がいっぱいでねむれそうのないな。 早く綾瀬さんに伝えたいな) そう思っていた日奈々の元へ、楓から着信が… 日奈々(わっやった!綾瀬さんからだ) 元気に電話に出る日奈々でしたが… 楓「ゴメン日奈々。 そこで日奈々は、両親に自分の本当の気持ちを伝えることにしたと楓に話します。 確かに母親と祖母のあの会話だけでは、日奈々が誤解するのも無理ないですよね… ですが母親に本音を話したことで、母親の本音も聞くことができ。 そして立ち聞きになってしまいましたが父親にも日奈々の本音は伝わり、父親の本音も聞くことができた日奈々。

次の