シータ ビート。 危険?簡単にゾーンに入れるバイノーラルビートの詳細と効果を徹底解説|トコナキス

【デュエプレ】マスターランク到達記念デッキ公開|青単ランサー【デュエマプレイス】

シータ ビート

デッキ評価点 9. 中型クリーチャーがメインの構築になっているため、ビートの中でもミッドレンジ寄りのデッキになります。 マナ加速、ドローソース、対低コスト除去をバランスよく採用しているため、幅広いデッキに対して立ち回ることができます。 逆に、環境によってそれぞれのバランスを変えることで長く使うことができます。 ターボしつつSアタッカーで攻め切る 序盤は《》や《》でマナ加速しつつ、中盤以降に《》や《》などのスピードアタッカーで攻め切るのが基本コンセプトになります。 《》で中盤以降のマナ加速も安定しやすく、《》でマナに落ちたクリーチャー回収もケアできるようになっています。 《》から《》のコンボで手札も確保しやすくしています。 シータビートのデッキレシピ例 シータビートのデッキレシピ例を掲載しています。 レシピを参考に環境やプレイスタイルに合わせて調整してみてください。 画像 カード名 レア 枚数 UC 2 B 4 B 4 VR 2 B 4 C 4 R 4 VR 4 VR 2 SR 2 VR 3 SR 3 SR 2 シータビートの立ち回り解説 序盤 序盤はやでマナ加速を優先しましょう。 マナ加速カードが引けていない場合は、やで手札を回しましょう。 中盤 マナ加速を続けつつ、除去カードで相手のテンポロスを狙いましょう。 ブロッカーを採用していない分、シールドを守る術が限られているため、打点計算しつつ受けられる部分はシールドで受けるのもアリです。 フィニッシャーに繋げやすくするため、出せる場面でを出し盤面を強くしておきましょう。 終盤 終盤はデッキのフィニッシャーであるで攻め切りましょう。 スピードアタッカーなので召喚酔いはありませんが、ブロックはされてしまうためブロッカーは優先的に除去しましょう。 入れ替えカード候補 画像 カード名 採用理由 ツインキャノン・ワイバーン 【採用理由】 ・本デッキのフィニッシャー。 召喚酔いなしでWブレイカーと攻撃性能が高い。 ・単体で完結している分、他のカードを除去やマナ加速に回しやすい。 ミラージュ・マーメイド 【採用理由】 ・と組み合わせることで、場に並べつつ手札を確保できる。 ・コンボ前提だが、呪文のタイムロスが痛手になりやすいデッキのため、クリーチャーであるこちらを採用。 ペコタン 【採用理由】 ・とのコンボ用 ・9コストで4ドローしつつ、3000・4000を並べられる 二角の超人 【採用理由】 ・マナ加速でマナゾーンに落ちたスピードアタッカーの回収用。 ・状況によっては火力としても活用できる。 ナチュラル・トラップ 【採用理由】 ・バウンス、破壊とは別の除去手段 ・相手のマナ加速にもなるので、状況を読む必要がある シータビート対策 速攻に弱い Sトリガーで《》や《》を採用しているものの、シールドそのものを防ぐ手段が限られているため、速攻デッキの序盤からの攻めには弱くなっています。 速攻対策としてブロッカーを採用してくる場合もありますが、それは他のデッキ相手にも言えることなので、ブロッカー用の除去を採用しておきましょう。 ブロッカー数枚で動きが止まる シータビートはスピードアタッカーをフィニッシャーに据えているため、ブロッカーを立てるだけでテンポロスを誘うことができます。 不用意にトリガーを引かないよう、ブロッカーを置いてテンポロスを狙う際は攻撃しないほうが良いです。

次の

【デュエプレ】【デッキ】プラチナからデュエマスレジェ行ったシータビート、ハンデス・ボルコンガイジにはほぼ勝てるよww

シータ ビート

色についての説明• 友好色、対抗色とは?• その他の呼び方• まとめ 色についての説明 デュエルマスターズには光水闇火自然文明と5文明あります。 デュエマはマジック:ザ・ギャザリング(MTG)と密接な関係性があります。 白=光• 青=水• 黒=闇• 赤=火• 緑=自然 となっています。 順番も白青黒赤緑の順番に並んでいます。 またMTGではよく白=W 青=U 黒=B 赤=R 緑=Gで略されることがあります。 友好色、対抗色とは?• 友好色とは特定の色の隣り合った色• 対抗色とは特定の色の離れている色 順番は上記に書いたように白青黒赤緑となります。 なので白の友好色は青と緑となります。 対抗色は黒と赤です。 これは過去に登場したMTGの用語です。 そしてそれらは3色で特定の色の友好色か対抗色で作られています。 友好色 インベイジョンのカード懐かしい・・・。 左から• トリーヴァ(緑白青)• ドロマー(白青黒)• クローシス(青黒赤)• デアリガズ(黒赤緑)• リース(赤緑白) です。 ここでドロマーとは、追放するものドロマーが由来となっているのがわかりますね。 ドロマーとは白青黒のデッキということです。 対抗色 こちらはアポカリプスのカード、こちらも懐かしいですね。 左から• ディガ(白黒赤)• シータ(青赤緑)• ネクラ(黒緑白)• ラッカ(赤白青)• アナ(緑青黒) です。 やっとアナカラーの正体がわかりましたね。 アナカラーデッドゾーンの名前の由来はアナボルバーです。 つまりアナカラー(緑青黒)でデッドゾーンをメインとしたデッキということです。 その他の呼び方 3色は【弧】(こ)と【楔】(くさび)と呼ばれる組み合わせがあります。 弧とは「1色とその友好色2色」楔とは「1色とその対抗色2色」です。 白青黒 エスパーカラー、ドロマーカラー• 青黒赤 グリクシスカラー、クローシスカラー• 黒赤緑 ジャンドカラー、デアリガズカラー• 赤緑白 ナヤカラー、リースカラー• 緑白青 バントカラー、トリーヴァカラー 左側の呼び方は【アラーラ断片】右側は【インベイジョンの伝説のドラゴン】に由来します。 白黒赤 マルドゥカラー、デイガカラー、オロスカラー• 青赤緑 ティムールカラー、シータカラー、インテットカラー• 黒緑白 アブザンカラー、ネクラカラー、テネブカラー、ドランカラー• 赤白青 ジェスカイカラー、ラッカカラー、ヌーマットカラー、トリコロール• 緑青黒 スゥルタイカラー、アナカラー、ヴォラシュカラー 左側は【タルキール】中央は【アポカリプスのボルバー】右側は【次元の混乱】 右側のは私もまったく知らなかった用語でしたw まとめ デッキ名は大きな大会等で結果を残したものが使われるので、何が正しいとかはありません。 ちゃんと意味が通じればw なので【アナカラーデッドゾーン(アナデッド)】はスゥルタイデッドゾーンと呼んでも何の問題もないはず・・・? デュエマはドロマー、ネクラ、アナ当たりが使われていることからインベイジョンブロックがお好みみたいですね。 あとはデュエマのカードらしく【アクアンカラー】なんて言ったりもしますね。 逆にMTGは【エスパードラゴン】【バントカンパニー】など呼ばれているので新しい方が使われることが多いみたいです。 いかがでしたでしょうか? 今回は自分の知識というよりは断片的に知っている知識+調べた情報を合わせて整理してみた感じです。 色の名前忘れた時にでも見直してくれると嬉しいです。 ミニ四駆は店内にコースあります。 興味のあるお客様はぜひイベントをチェックしてください。 【ゼスト所沢店】 店舗住所:埼玉県所沢市牛沼352-3 電話番号:04-2991-2260 営業時間:1階 日~木12:00~22:00、金・土12:00~25:00 2階 日~木12:00~25:00、金・土12:00~26:00• カテゴリー• 1,022• 102• 123• 2,303• 555• 118• 180• 126• 593• 459• 154• 187• 325• 151• 217• 108• 468• 152• 348• 456• 148• 112• 291• 123• 460• 134• 137• 304• 569• 173• 366• 122• 451• 183• 276• 176• 137• 131• 705• 208• 131• 100• 386• 285• 479• 169• 135• 373• 651• 162• 109• 123• 106• 429•

次の

【デュエプレ】シータ・デイガ・ラッカってどういう意味?由来は?|えれぴこ!

シータ ビート

体へのタッチのリズム 体へのタッチするリズムにも脳波が同調することが、1942年にデンプシーとモリゾン両氏によって発見されました。 たとえば、1秒間に4回ずつ体を軽く叩くことで、脳波もリラックスのシータ波になります。 あまり明らかにはされていませんが、ベテランのセラピストなどは、リラックス手法として使っているそうです。 音のリズム 音のリズムにも脳波は同調します。 確認されたのは、光の点滅リズムへの脳波同調の発見から25年経った1959年です。 現在でも、 アイソクロニックトーンという名称で、海外で音源が販売されたりしています。 1秒間に8ビートのアイソクロニックトーン(8Hzのアルファ波に導く) アイソクロニックトーンは、後に述べるバイノーラルビートよりも、効果がはるかに高いと言われています。 が、いかにも単調ですので、応用がしにくいという難があります。 そこで、音のオンオフのリズムに代えて、音の変調のリズムで脳波を同調させている音源もあります。 音の周波数 たとえば、10Hzの周波数の音を聞かせて、10Hzのアルファ波に誘導しようとするものです。 これは日本では「キュアアルファ」という機械で実現されています。 が、他にこの手法を使っている潜在能力開発ツールは、ありません。 その理由は、ここで使われる10Hzなどの超低周波は、人には聞こえない(一般的に人の可聴域は20Hzくらいからとされています)わけで、 「聞こえない(=感じられない)ものは効果がない」とされてきたからです。 また、この程度の超低周波は、従来のスピーカーやヘッドホンでは、再生できないということもあります。 バイノーラルビート そこで、聞こえる音の周波数で、脳波を誘導しようと考えられたのが、バイノーラルビートです。 バイノーラルビートは、1973年にジェラルド・オスター博士によってこの手法が発表されました。 バイノーラル・ビートは、左右の耳からそれぞれ違う周波数の音を聞かせると、その周波数の差が、頭のなかにうなり音となって聞こえますので、そのうなり音に脳波の周波数を同調させようというものです。 例えば、4Hzのアルファ波を増やそうとする場合、左の耳から102Hzの音を、右の耳から98Hzの音を聞かせて、頭の中に、4Hzのうなり音を作り出し、その4Hzに脳波をチューニングさせようとします。 バイノーラルビートを実際に聞いてみたい方は、を参照ください。 バイノーラルビートは、脳波誘導手法の主流といってよく、ヘミシンク、ホロシンク、ブレインシンク、インサイトといった多くのCDや「ボイジャーエクセル・プロテウス」「マインドスパ」等ブレインマシンと呼ばれている機械に使われています。 バイノーラルビートは、聞きやすいですし、音楽のなかに潜ませるなど応用性が高いという特徴があります。 しかし効果が小さいという致命的な欠点があります。 これは、バイノーラルビートで生じるうなり音の大きさも振幅も小さいことが原因です。 モノーラルビート バイノーラルビートを発表したオスター博士は、周波数の違うトーンを同じチャンネルから流す「モノーラルビート」という手法も提唱しております。 モノーラルビートは、バイノーラルビートに比べて、うなり音の振幅が大きく、効果が高いというメリットがあります。 (上述の「バイノーラルビートによる脳波誘導」で聞き比べるとわかります) しかし、今度は聞きづらくなるというデメリットが出てきます。 モノーラルビートは、バイノーラルビートに比べて、ほとんど潜在能力開発ツールには採用されてきませんでした。 しかし、で聞きやすい改良を加えた形で提供されています。 ハーモニック・マトリックス 可聴範囲の周波数の音を使って、なるべく低い周波数を脳に感知させる方法としては、周波数の差を利用するのが、バイノーラルビートとモノーラルビートでしたが、もう1つハーモニック・マトリックスという手法があります。 ハーモニック・マトリックスでは、たとえば、小さな128Hzの周波数の音を組み合わることで、少し大きな64Hzの周波数を創り出します。 64Hzの音は、さらに組み合わされて32Hzの周波数ができます。 ハーモニック・マトリックスのイメージ 上の6つの手法は特定の脳波しか誘導しません。 が、ハーモニック・マトリックスの場合は、幅広い範囲の脳波を同時に活性化していくという特徴があります。 ハーモニック・マトリックスは、1990年代に実用化され、で使用されています。 まとめ 脳波を誘導する手法として、「光の点滅のリズム」「タッチのリズム」「音のリズム」「音の周波数」「バイノーラルビート」「モノーラルビート」「ハーモニック・マトリックス」の7つを紹介しました。 それぞれの手法には、特徴、長所、短所があります。 一般的には、効果が高いものほど単調で飽きやすく、反対に単調さが目立たない手法は、効果が低いと言えます。 購入前には、十分に試して、合ったものを購入されることをお勧めします。 (試聴できないものは、お勧めできません).

次の