カシューナッツ。 カシューナッツの栄養価や効果効能と上手な食べ方

カシューナッツアレルギーとは?症状や注意すべき食べ物を解説!

カシューナッツ

カシューナッツとは? カシューナッツとは、中南米原産のウルシ科の常緑高木「 カシュー」の種子のことです。 カシューの木は日本では「カシューナットノキ」と呼ばれており、その独特の形をした実から「勾玉の木」とも呼ばれています。 カシューナッツが広まったのは比較的遅く、 1850年代と言われています。 ブラジルにポルトガルが進出した際に、現生していたカシューを実用樹として世界各地に広めたのが普及のきっかけと言われています。 当時は種子であるカシューナッツを食用として重宝していたのはもちろんですが、分枝して枝を張る特徴から 防風林としても用いられていました。 食用としては、インドで大規模な加工工場が作られ、輸出されてから世界的に知られるようになりました。 また、カシューの種子をカシューナッツと呼ぶのに対し、果肉の部分は「 カシューアップル」と呼ばれており、こちらも食用として用いられています。 22g 脂質 43. 85g 炭水化物 30. 19g ビタミンE 0. 9mg 食物繊維 3. 3g ビタミンB2 0. これを1粒あたりで見てみると、1粒が約1. 5gですので1粒あたりのカロリーは約9kcalとなります。 これだけを見ると高カロリー食品として敬遠してしまいそうですが、1粒あたりの糖質は0. 4gとなります。 ナッツ類の中でも糖質が多く、エネルギー補給に適したナッツと言えます。 ナッツ類の中でも人気の高い カシューナッツの効果や効能についてご紹介します。 カシューナッツに豊富に含まれている栄養素は「亜鉛」や「鉄」などのミネラルと、「ビタミンB1」等のビタミン類が豊富です。 特に亜鉛にはカルシウムの吸収率を高める効果があるので、 育ち盛りの子供や骨粗しょう症予防として高齢者におすすめです。 また、鉄分も豊富ですので、 貧血予防として女性にもおすすめです。 疲労回復に効果的なビタミンB1も豊富であり、健康で健やかな毎日を送るために非常に効果的なナッツと言われています。 さらに、女性にうれしい美容効果も豊富であり、ダイエット効果の期待できる食物繊維が豊富であり、お通じの改善も期待できます。 カシューナッツは脂肪分が多いですが、約60%がオレイン酸で構成されていますので、 コレステロールの排出効果や生活習慣病の予防効果も期待できます。 しかし、比較的カロリーや糖質が多いナッツですので、 おやつとして補助的な栄養摂取に用いるのがおすすめの食べ方です。 効果を高めるおすすめの食べ方としては、アンチエイジングに重要な「ビタミンE」と「たんぱく質」を摂取するために、 牛乳と一緒に食べるのがおすすめです。 牛乳にはタンパク質の吸収率を上げる効果があると言われており、ビタミンEが豊富なカシューナッツと非常に相性が良いです。 また、不足している栄養素の観点からは、 小魚と一緒に食べるのがおすすめの食べ方です。 日本人が不足しがちな食物繊維とカルシウムを同時に摂取することが出来る食べ方です。 特に小魚はカルシウムの吸収率が高いので、特に子供や高齢者におすすめです。 しかし、カシューナッツは カロリーや糖質が他のナッツよりも多く含まれているため、大量の摂取はおすすめできません。 また、加工の際に付着した 塩分や油分による高血圧、肌荒れのリスクがあるので、適切な量に抑える必要があります。 カシューナッツの成人女性の1日の適切な摂取量は、「 片手で掴める量が上限」と言われています。 体の大きさによって上限量は異なりますので、片手で掴めるくらいの量を上限とすると、栄養のバランスが非常に良くなると言われています。 これくらいの量を目安として摂取することをおすすめします。 無塩・無添加カシューナッツ 美容効果や健康効果を目的にカシューナッツを選ぶのであれば、「 無塩・無添加のカシューナッツ」がおすすめです。 普通のカシューナッツは塩分や油分が添加されたものが多く、多く食べると高血圧や肌荒れのリスクが心配です。 これでは本末転倒ですので、そのリスクが少ない無塩・無添加のカシューナッツがおすすめです。 美容・健康のためにカシューナッツを選ぶのであれば特におすすめの、 安全性の高いカシューナッツです。 生カシューナッツ さらなら美容・健康効果を 求めるのであれば、栄養素がしっかりのこっている「 生のカシューナッツ」もおすすめです。 カシューナッツは殆どがローストしたものが販売されていますが、探せば生のカシューナッツもあります。 脂肪分の多いカシューナッツは熱を通すと時間の経過につれて 酸化が進む特徴があります。 最大限の美容・健康効果を求めるのであれば、生のカシューナッツがおすすめです。 自分好みにローストして食べることが出来るのも大きなメリットです。

次の

カシューナッツの効果とは?毎日食べるだけで美肌・ダイエット効果があるって本当?

カシューナッツ

2位のインド(約79万トン)に3. 4倍の差を付ける圧倒的王者。 ベトナムカシューナッツ協会によると、輸出量も世界一だ。 ベトナム最大のカシューナッツの産地は南部ビンフオック省。 ホーチミン市の北側に位置し、西はカンボジアのフン・セン首相の故郷、コンポンチャム州に接している。 同省を歩くと、たくさんの黄色い実を付けたカシューナッツの木を見かける。 この木は南米原産で、ピーマン状の実は「カシューアップル」とも呼ばれる。 その下部にある勾玉(まがたま)状の種子がカシューナッツだ。 ベトナムは1980年代前半から国を挙げてカシューナッツ作りを進めてきた。 熱帯で湿度が高く、赤土が多いビンフオック省、ドンナイ省などが生産を推進する地域に指定され、越政府は種子や肥料を配ったり、海外から学んだ栽培技術を教える講習会を開いたりした。 ベトナム有数のカシューナッツ生産企業ラフーコの工場(ロンアン省) 85年に設立したカシューナッツ大手のラフーコ(ロンアン省)は草創期に政府と協力してカシューナッツの産業化に取り組んだ。 ビンフオック省などに約620ヘクタールの有機栽培の畑を持っており、米国や欧州連合(EU)の衛生管理基準を満たしているという。 同社の親会社、パン・グループの副会長、チャ・ミー・グエンさんは「ベトナムのカシューナッツ産業がここまで成長するのは大変だった。 品質と商品力を高め、世界市場をもっと開拓したい」と話す。 昔は輸出品の8割が焼いただけのカシューナッツだったが、より高く売るために最近は味付きの製品を増やしている。 蜂蜜、ココナツ、チリ味などが人気だ。 カシューナッツは果実を集め、種子部分を取り、硬い殻を割って内部のカシューナッツを取り出すなど人手に頼らなければいけない作業も多い。 自動化は進んできているものの、ベトナムの安い人件費に支えられている面はある。 20年の最低賃金上昇率は平均5. ベトナムのスーパーや市場に行くと、多くのカシューナッツが売っている。 薄皮が付いた状態の製品が多く、むいてあるものに比べるとむきたてで食べる分、食感が良い。 価格は100グラム当たり200円前後と日本の半額以下で買える。 ベトナムの庶民にはやや高く、安い落花生のほうが人気がある。 「カシューナッツ」と言ってもベトナムではまず通じない。 ベトナム語の「ハット・ディエウ」を覚えておくと便利だろう。 (企業報道部次長 富山篤).

次の

カシュー株式会社

カシューナッツ

カシューナッツとは? カシューナッツとは、中南米原産のウルシ科の常緑高木「 カシュー」の種子のことです。 カシューの木は日本では「カシューナットノキ」と呼ばれており、その独特の形をした実から「勾玉の木」とも呼ばれています。 カシューナッツが広まったのは比較的遅く、 1850年代と言われています。 ブラジルにポルトガルが進出した際に、現生していたカシューを実用樹として世界各地に広めたのが普及のきっかけと言われています。 当時は種子であるカシューナッツを食用として重宝していたのはもちろんですが、分枝して枝を張る特徴から 防風林としても用いられていました。 食用としては、インドで大規模な加工工場が作られ、輸出されてから世界的に知られるようになりました。 また、カシューの種子をカシューナッツと呼ぶのに対し、果肉の部分は「 カシューアップル」と呼ばれており、こちらも食用として用いられています。 22g 脂質 43. 85g 炭水化物 30. 19g ビタミンE 0. 9mg 食物繊維 3. 3g ビタミンB2 0. これを1粒あたりで見てみると、1粒が約1. 5gですので1粒あたりのカロリーは約9kcalとなります。 これだけを見ると高カロリー食品として敬遠してしまいそうですが、1粒あたりの糖質は0. 4gとなります。 ナッツ類の中でも糖質が多く、エネルギー補給に適したナッツと言えます。 ナッツ類の中でも人気の高い カシューナッツの効果や効能についてご紹介します。 カシューナッツに豊富に含まれている栄養素は「亜鉛」や「鉄」などのミネラルと、「ビタミンB1」等のビタミン類が豊富です。 特に亜鉛にはカルシウムの吸収率を高める効果があるので、 育ち盛りの子供や骨粗しょう症予防として高齢者におすすめです。 また、鉄分も豊富ですので、 貧血予防として女性にもおすすめです。 疲労回復に効果的なビタミンB1も豊富であり、健康で健やかな毎日を送るために非常に効果的なナッツと言われています。 さらに、女性にうれしい美容効果も豊富であり、ダイエット効果の期待できる食物繊維が豊富であり、お通じの改善も期待できます。 カシューナッツは脂肪分が多いですが、約60%がオレイン酸で構成されていますので、 コレステロールの排出効果や生活習慣病の予防効果も期待できます。 しかし、比較的カロリーや糖質が多いナッツですので、 おやつとして補助的な栄養摂取に用いるのがおすすめの食べ方です。 効果を高めるおすすめの食べ方としては、アンチエイジングに重要な「ビタミンE」と「たんぱく質」を摂取するために、 牛乳と一緒に食べるのがおすすめです。 牛乳にはタンパク質の吸収率を上げる効果があると言われており、ビタミンEが豊富なカシューナッツと非常に相性が良いです。 また、不足している栄養素の観点からは、 小魚と一緒に食べるのがおすすめの食べ方です。 日本人が不足しがちな食物繊維とカルシウムを同時に摂取することが出来る食べ方です。 特に小魚はカルシウムの吸収率が高いので、特に子供や高齢者におすすめです。 しかし、カシューナッツは カロリーや糖質が他のナッツよりも多く含まれているため、大量の摂取はおすすめできません。 また、加工の際に付着した 塩分や油分による高血圧、肌荒れのリスクがあるので、適切な量に抑える必要があります。 カシューナッツの成人女性の1日の適切な摂取量は、「 片手で掴める量が上限」と言われています。 体の大きさによって上限量は異なりますので、片手で掴めるくらいの量を上限とすると、栄養のバランスが非常に良くなると言われています。 これくらいの量を目安として摂取することをおすすめします。 無塩・無添加カシューナッツ 美容効果や健康効果を目的にカシューナッツを選ぶのであれば、「 無塩・無添加のカシューナッツ」がおすすめです。 普通のカシューナッツは塩分や油分が添加されたものが多く、多く食べると高血圧や肌荒れのリスクが心配です。 これでは本末転倒ですので、そのリスクが少ない無塩・無添加のカシューナッツがおすすめです。 美容・健康のためにカシューナッツを選ぶのであれば特におすすめの、 安全性の高いカシューナッツです。 生カシューナッツ さらなら美容・健康効果を 求めるのであれば、栄養素がしっかりのこっている「 生のカシューナッツ」もおすすめです。 カシューナッツは殆どがローストしたものが販売されていますが、探せば生のカシューナッツもあります。 脂肪分の多いカシューナッツは熱を通すと時間の経過につれて 酸化が進む特徴があります。 最大限の美容・健康効果を求めるのであれば、生のカシューナッツがおすすめです。 自分好みにローストして食べることが出来るのも大きなメリットです。

次の