エーミング ターゲット。 エーミング調整のターゲットボードを自作で作ってみた【特定整備】

エーミングって?どんな時にエーミングが必要?料金は?│車の綺麗を求めて

エーミング ターゲット

ボッシュは、9月10日、自動ブレーキ、オートパーキングシステムなどのADAS(先進運転支援システム を搭載した自動車の補正整備 以下、エーミング を、正確かつ効率的に行うためのツール、ADAS エーミングツール「SCT415・P アシストポール」、 「ターゲットボード」を10月1日より発売開始すると発表した。 エーミングとは、ADAS搭載車の整備等を行う際に、車載カメラやレーダ、センサー類等を調整・校正する作業のこと。 この作業をきちんと行わないと、システムが正常に作動せず、システム自体のパフォーマンス低下や制御の停止に繋がる危険性がある。 従来、ADAS搭載車のエーミング作業は、主にカーディーラーで行っていた。 その意味で、今後は一般整備工場でもエーミング作業に対応する必要性は年々増える一方だといえる。 そんな背景の中、今回ボッシュが販売開始するのは、 「SCT415・P アシストポール」 「ターゲットボード」 これらは、いずれも車の修理や整備の際、ADASのエーミング作業を正確かつ効率的に行うためには必須のツールだ。 特徴は、まずレーザー光を使って補正作業に必要なターゲットボードの正確な位置決めに要する時間を最大4分の1に短縮。 また、高い汎用性により輸入車・国産車問わず幅広い車種、システムに対応が可能で、今後発売される新車種や新システムへの拡張も可能とする。 さらに、ボッシュでは、ツールだけでなく、一般整備工場向けに、正確にエーミング作業を行うためのトレーニングや、一定の作業精度を保つための環境整備の監査・測量を定期的に提供。 一般整備工場の抱える不安や疑問をトータルでサポートする。 一般整備工場のエーミング作業への対応は、整備や修理を依頼できる業者が増えることになるため、消費者側にもメリットは大きい。 同ツールの普及に注目したい。 【製品情報】 SCT415 ・P アシストポール 発売日:2018年10月1日 参考価格:87万円(税抜き) 販売元:ボッシュ代理店 ターゲットボード 発売日:2018年10月1日 参考価格:4万円~14万円(税抜き) 販売元:ボッシュ代理店 関連キーワード ,•

次の

ボッシュ:一般整備工場向けADASエーミングツール、10月1日発売|MotorFanTECH[モーターファンテック]

エーミング ターゲット

どうもこんにちわ 昨今、道路運送車両法の改正により特定整備制度が令和2年4月より施行されます。 施行内容の詳細記事はこちらより 特定整備の中で一番関係性が深いエーミング調整作業を行う為にはメーカーごとに専用の工具を用意しなければなりません。 各メーカーごとにSST(特殊工具)をそろえるのは費用的に厳しいので今回はなるべく安く代用ができるものはないかと考え、 自作でカメラ調整に必要なターゲットボードを作成してみました。 他のメーカー 一部 でもターゲットを変えれば応用がききますが今回はトヨタ車のターゲットボードを作成してみました。 ちなみに純正のターゲットボードはこんな感じです。 ターゲットボードはトヨタ部品から購入することができ 費用は数万円です。 ターゲットボードの条件 修理書で調整方法を確認しどのようなものであればターゲットになりうるものなのかということを確認しました。 ・ターゲットを正しい位置に張り付けることができる 決められた位置取り付けられないと正確にエーミング作業が行えません ・高さを調整することができる 車種によって高さが異なっているので高さの調整を行えるものでなくてはいけません ・光の反射物や光沢があるものではない 反射をしてしまうと正確にエーミング作業が行えなくなってしまう可能性がある為です ・簡易的に左右に動かすことができる トヨタ車の場合、左右に動かして数回ターゲットを認識させる必要がある為、簡易的に動かす必要があります(種類によっては動かさないでもできます) この条件を満たしてなお且つ、 費用を抑えられるものはないかという思考で考えてみました。 スポンサーリンク 考えたアイディア 1、高さ調整ができる棒ということで つっぱり棒で作成できないかと考えました。 IPad、タブレットなどを固定する三脚付きのスタンドです。 これだと上記であげたターゲットボードの条件をすべて満たすことができます。 購入したものがこちらなので写真を入れておきます。 ターゲット作成 ターゲットを既定のサイズに印刷をして段ボールに張り付ければOKです。 トヨタのターゲットボードがこちらです。 修理書より引用 これを 拡大縮小でサイズを変更して 1辺を18センチになるように印刷します。 修理書などで印刷をしただけでは修理書のサイズにはならないので注意しましょう これを切り貼りして段ボールに張り付けます。 トヨタの種類によってはこのターゲットを3つ横につなげて一回で認識するタイプのものもありますので修理書を参考に作成をしてみてください。 スタンドにターゲットを張り付ける 後ろにマスキングテープなどでこんな感じに貼り付けます。 その際取り付け位置などは垂直の定規、水準器などを使用して正確な位置に取り付けましょう。 純正のsstのサイズも最長140センチくらいだったので基本的にはどの車両も使えるかと思います。 まとめ 以上がエーミング調整のターゲットボードを自作で作ってみたの内容でした。 エーミング調整はこれから必須の作業になると思います。 ですが毎回調整する作業ではありません。 各メーカー全ての専用工具を取りそろえるのは大変だと思いましたので今回。 整備士DIY的なアイディアでなにかできないかと思い作ってみました。 次回はミリ波レーダーのsstも自作で作れないか検討してみようかと思います。 誤った認識、やり方でエーミング調整を行ってしまうとお客様を危険にさらしてしまう恐れがありますので作業を行う際は修理書をよく確認をしてから行うようにしましょう。 おわり.

次の

ターゲットに正しく向くなら「ザ・エイミング」

エーミング ターゲット

ボッシュは、自動ブレーキ、オートパーキングシステムなど、先進運転支援システムを搭載した自動車の補正整備(エーミング)を正確かつ効率的に行うためのツール、ADAS エーミングツール「SCT415・P アシストポール」 「ターゲットボード」を10月1日に発売する。 エーミングとは、車の特定の整備後に先進運転支援システム(ADAS)が認識する、センサー、カメラ、レーダーのゼロポジションを同システムに学習させる作業。 近年、自動ブレーキ、パーキングアシストシステムなど、先進運転支援システム(ADAS)を搭載した自動車は増加を続けており、自動ブレーキ(衝突軽減ブレーキ)の新車搭載率は2016年で既に約66%に達している。 これらの自動車にはいくつものセンサー、カメラ、レーダーが搭載されており、人物、障害物、距離などを緻密かつ正確に検知することで車の安全な走行をサポートしている。 しかし、エーミングが正しく行われていなかった場合、システムの「パフォーマンスの低下」や「制御の停止」といった問題につながる可能性がある。 国土交通省の調べによる、自動ブレーキ新車搭載率の推移 ADASシステムのセンサー、カメラ、レーダー 今回、ボッシュが販売開始する「SCT415・P アシストポール」「ターゲットボード」は車の修理や整備の際、先進運転支援システムのエーミング作業を正確かつ効率的に行うために必須のツール。 レーザー光を使って補正作業に必要なターゲットボードの正確な位置決めに要する時間を最大4分の1に短縮できる。 また高い汎用性により輸入車・国産車問わず幅広い車種、システムに対応が可能で、今後発売される新車種や新システムへの拡張も可能。 さらに、ボッシュはツールだけでなく、正確にエーミング作業を行うためのトレーニングと、一定の作業精度を保つための環境整備の監査・測量を定期的に提供することで、一般整備工場の抱える不安や疑問をトータルでサポートする。 1自動車部品メーカーのボッシュならではの知見を活かしたツール、トレーニング、環境監査・測量で整備工場をトータルサポート 2、 レーザー光を使った正確かつスピーディーな位置決めにより作業時間を短縮 3、 SCT415と種類豊富なターゲットボードにより幅広い車種やシステムに対応 同ツールは欧米において2015年に発売開始され、多くの一般整備工場で活用されており、世界大手のグラスフィッターメーカーにも採用されている。 さらに、多くの自動車メーカーに純正採用されており、すでに多くの安心と信頼を得ているツールだ。 また、これらの先進運転支援システムのセンサー類のエーミング作業は同センサー類の脱着時のみならず、アライメント調整、バンパー脱着、フロントガラス脱着等においても必須項目とされている。 そのため、整備工場においては修理や整備の際に、正確なパーツの取り付けや正しいエーミング作業が必要になり、カーオーナーにおいてはそのような先進技術に対応した整備工場を選択することがますます重要になってくる。 SCT415 ・P アシストポール 発売日:2018年10月1日 参考価格:870,000円(税抜き) 販売元:ボッシュ代理店 ターゲットボード 発売日:2018年10月1日 参考価格:40,000~140,000円(税抜き) 販売元:ボッシュ代理店.

次の