土踏まず 痛い。 土踏まずが痛い原因!その病気に対処にする方法とは?

土踏まずが歩くと痛い…原因や解決策はあるの?

土踏まず 痛い

土踏まずが痛くなる原因と病気 足底筋膜炎 土踏まずに痛みが出る病気といえば、まず疑われるのは足底筋膜炎です。 足底筋膜炎の症状は以下のようなものがあります。 動き始めに痛くて歩けない:朝起きた時の一歩目が痛い。 歩いた時に痛い:ゆっくり足の裏の筋肉を動かす動作で痛みが出る• 立ちっぱなしでいると痛い:仕事などで長時間同じ姿勢で立っていると痛みが出る。 しびれがある:常にしびれなどの違和感を感じている。 押すと痛い:体重をかけたり足の裏を指で押すと痛みが出る。 このように症状は様々です。 痛みを抑えようと、いろいろな方法を試してみてもなかなか改善されない方が多いのは、間違った治療をしているからかもしれません。 足底筋膜炎は足底腱膜の硬化により3つのアーチが柔軟に機能しなくなるため起こります。 痛みを和らげる為の治療は一時しのぎに過ぎません。 サポーターを付けたり厚めの靴下を履くというのは足を保護しているつもりでも、血行を悪くして返って悪化させてしまう可能性があります。 また、アイシングをするというのも痛みを麻痺させているだけで、これも血行を悪くするため適切な治療とは言えません。 詳しい治療法については後述していきます。 足底線維腫(そくていせんいしゅ) 足の裏に硬いしこりがある場合、足底繊維腫と診断されます。 足の裏のうち、特に土踏まずと呼ばれる真ん中の部分にしこりがあり、歩いた時に痛い・指で押すと痛いなど、足底筋膜炎と同じような症状が出ます。 足の裏を反らせるとしこりが浮き上がって見えます。 エコーを撮るとはっきり見えます。 治療法は、痛み止め注射や足底板を装着して様子を見て、痛みがとれない場合は摘出手術を行います。 痛風 痛風とは、体の中に尿酸がたまってしまい、それが結晶化し関節で炎症が起きてしまう病気です。 痛風は悪化すると全身のいたるところで節々が痛くなるのですが、 初期症状として足の痛みから始まるケースが多いのです。 特に土踏まずや足の親指の付け根がピリピリしたり、むずむずしたりするような違和感を感じたら痛風の前兆である可能性があります。 このような前兆症状のときに、 「コルヒチン」という薬を服用することで発作の痛みを軽減することができます。 痛風の発作がよく出る方や経験がある方は念のため「コルヒチン」を手元に置いておくといいですね。 このように痛風は発作的な痛みであることが多く、だいたい1週間ほどで治まっていくことが多いです。 しかしその痛みはかなり激しいので注意しなければなりません。 定期健診で尿酸値が高いということが分かった方は痛風に気をつけましょう。 糖尿病 糖尿病の症状のひとつとして土踏まずに痛みが生じている場合もあります。 糖尿病は自覚症状が乏しく、気づいたころにはかなり悪化してしまっている可能性が高い病気でもあります。 手足に痛み・しびれがある• 喉が渇く• 体がだるくなる• 体重の増減が激しくなる• 足がむくむ など症状は多岐にわたります。 血糖値の上昇により糖尿病は引き起こされますが、このような症状をしっかりと察知して早期治療を行うことがポイントです。 モートン病 モートン病は、自分の足にあっていない靴を履き続けることで、神経が圧迫されて痛みを感じる病気です。 特に、女性でハイヒールなどをよくはいて、足の一部分に大きく負荷をかけていると発症しやすくなるのです。 足の指の付け根のあたりや土踏まずに痛みやしびれを生じてしまうのです。 またモートン病の場合は足の指に痛みを感じることも多いです。 参考: 胃腸障害 実は土踏まずと胃や腸といった消化器官は関係性が高い部位になります。 なぜなら、土踏まずには胃・腸・十二指腸などの消化器官のツボが多いからです。 ツボは押すことによって健康を促す効果がありますが、他にも悪くなっている部位を教えていくれる役割もあるのです。 胃炎や腸炎などの病気の前兆である場合や暴飲暴食により消化器官に負荷がかかっている場合などが考えられます。 最近、お腹の調子がよくないなと感じている方はぜひ日ごろの食生活を見直してみましょう。 土踏まずが痛いときの治療法 自分の足に合った靴を履く 私たちは日中、活動しているときの多くの時間を靴を履いて生活しています。 その靴が自分の足に合っていないと長時間かけて足にかなりの負担が生じることになります。 これにより神経が圧迫されてモートン病になってしまうこともありますし、靴擦れなどになってしまうこともあります。 特にハイヒールなど足に負担がかかりやすい靴を履いている方は注意が必要ですね。 できるだけ自分の足に合った靴、履き心地がいい靴を履くようにすることが大切です。 ストレッチやマッサージをする 足の裏は人間の全体重を地面の接着面になります。 想像するだけでも大きな負荷がかかっていることが分かりますよね。 特に長時間運動したり、歩きすぎた日はしっかりとマッサージやストレッチをして足の疲れをほぐしてあげることが大切です。 入浴後などの血流の巡りがいいときに、土踏まずのあたりを揉むようにマッサージしたり、足裏を伸ばすようにストレッチすることがとても効果的です。 また、運動をしていて、足の裏の外側のほうに痛みを感じる場合は以下のようなことが原因かもしれません。 参考: 足の裏を温める 足 の裏を温めることは特に足底筋膜炎の場合にとても効果的です。 足の裏を温めることにより血流の流れがよくなりますので、回復につながりやすくなるのです。 特に冷え性の方は足先はかなり冷たくなってしまっている場合も多いです。 靴下を履いたり、お風呂で温めてあげたりするなど足を冷やさないように心がけることが大切です。 足底筋膜炎の場合は整形外科を受診すると良いのですが、整形外科でも適切な治療をしてくれるとは限りません。 適切な治療をすれば治る病気ですので、「様子をみましょう。 」と長々と通院をすることにならないよう、適切な治療を行ってくれる病院を探しましょう。 油断せずに適切な対処を! 足の裏が痛いぐらいで病院に行くのは面倒だと思う方も多いかもしれませんが、足の裏の痛みがひどくなると、仕事やスポーツだけでなく日常生活にも支障が出ます。 適切な治療をして早く痛みをなくし、快適な生活を取り戻しましょう。 そしてこれを機に足のケアに少し時間を作るように心がけましょう!.

次の

左足裏が痛いのは内臓疾患による糖尿なのか?原因を追究してみて分かったこと

土踏まず 痛い

スポンサーリンク 足つぼ施術中に、すごく土踏まずの内側が痛かったんですけど、これって何かの病気ですか? こんな質問をよく受けるのでお答えします。 どうも。 足つぼのプロ若石健康法マスター&整体サロン千代院長の井口です。 土踏まずが痛いと言われて悩まれている方は実は非常に多いです。 あまり人に言う機会がないので私だけかもしれないと思われるかもしれませんが、そんなことありません。 痛みが起こる場面や場所、痛みの強さは人によって異なりますが、一般的には長時間歩いたあとや、走ったあと、運動をしたあとに痛みが強まるケースが多いです。 これは一般的には土踏まずのアーチが落っこちてしまい、衝撃が足裏に直接伝わってしまい、炎症を起こしている 「足底筋膜炎」という症状になっているかもしれません。 しかし、安心してください。 もしこんな痛みがあったとしても土踏まずの痛みは良くなっていきます。 今回は、足つぼのプロとしての意見。 整体サロン千代の整体からの意見の2つの側面から土踏まずの痛みについてご説明していきたいと思います。 自分で足を揉むのはちょっと面倒。 そんなあなたには、こんな足つぼグッズがおすすめです。 上手に足つぼグッズを使えは手軽に腎臓を調整していくことが出来ますからね。 足つぼマットで手軽に足つぼを始めるならこちらの商品がオススメです。 まずは手軽に始められる足つぼマットもおすすめです。 1900円くらいで購入できますよ。 足つぼで土踏まずが痛い人は何が悪いのか?考えられる3つのこと まずは、足つぼという観点から土踏まずの痛みについて考えてみます。 簡単な図(全息胚図)で土踏まずの痛みを考える すごく簡単に足と体の関係を一瞬でわかるこの図(全息胚図)を使って考えます。 これを見ると、ちょうど土踏まずはお腹や背中のあたりです。 ですので、お 腹や背中が弱っていたり、不調を抱えている可能性があります。 なので、あなたはこんな生活をしていませんか?• 暴飲暴食している• 疲れが胃に出やすい• 腰痛がある• 姿勢が悪くて腰にが張っている もし当てはまるのであれば、このような生活を少し改めながら、 胃や腰を休めてあげてください。 もっと細かくツボ(反射区)図表から見ていくと消化器系が当てはまる 土踏まずに該当するツボは5つあります。 それぞれ、考えられることはこのようなことです。 胃 ・・・ 食べ物を消化するはじめの場所。 胃炎、胃酸過多、胃下垂など• すい臓 ・・・消化酵素を作って、血糖値を調整してくれる。 血糖値が上がる食事をしすぎている、• 十二指腸 ・・・さらに消化を進める役割。 十二指腸潰瘍、消化しにくい物を食べ過ぎなど。 あるいはツボ(反射区)図表から見ていくと背骨である胸椎、腰椎が当てはまる• 胸椎 ・・・肩甲骨付近にある背骨。 腹部に関係する神経があるので、胸椎の柔軟性が悪いと内臓への影響も考えられる。 肋骨とも関係しているので呼吸にも影響がある• 腰椎 ・・・いわゆる腰の骨。 腰痛、椎間板ヘルニア、脊柱菅狭窄症。 また、内臓が近いので、内臓の影響を受けやすい。 どうすか?あなたは当てはまることありましたか?足から出ているサインを読み解くとこのように色々な事がわかってきます。 悪いのはわかったから、どうしたら良くなるの?足を揉めば良いんです。 足に出ているサインを見逃さずに足を揉んで上げることで、これらの症状は改善していくように体が自然治癒力を働かせてくれます。 でも、注意してほしいのは痛いところだけ一生懸命揉むことです。 これはやめてください。 痛いだけに囚われるな!足つぼの3つの効果 足つぼって痛いとこだけやれば良いんでしょ。 と思われがちですが、そうではありません。 ポイントは足全体を揉むことにあります。 そうすることで、以下の3つの効果が出てきます。 血液循環が良くなる 足つぼ全体を揉むことで、体全身の血流が良くなっていきます。 そうすれば、体の隅々まで血液が行き渡り、栄養と酸素が細部の細胞まで供給されるようになります。 その結果、自然治癒力がたかまり、あなたの不調が改善へと歩きだしてくれます。 反射区(つぼ)からの刺激で対応する臓器や器官が正常に変化していく 足つぼ(反射区)は胃や肝臓、首や目など、様々な器官、臓器に対応しています。 ですので、つぼ(反射区)をしっかり揉んでいくことで、より正常に対応している器官、臓器が動き出してくれるようになります。 陰陽のバランスが整うことで、体全体のシステムがバランス良く動き出してくれる 少し抽象的なお話になってしまいますが、東洋医学の考え方で「陰と陽」というのがあります。 聞いたことありますか?陰陽はそれぞれがゆらぎながら、バランスを保っています。 陰によりすぎてもだめですし、陽によりすぎてもだめです。 このような陰陽のバランスを足全体を揉んでいくことで整えてくれます。 その結果、人間の全体バランスが整い、より健康な状態になるというわけです。 今日から足を揉んでみよう 足つぼを自分でやるときのコツは毎日やること。 ここでは、簡単に毎日出来る方法をお伝えします。 足つぼまっとを使って、毎日足つぼを揉みまくる簡単な方法 毎日自分で足を揉むのは大変じゃないですか?そんな時は家の中を歩いているだけで足つぼができる足つぼマットを使って下さい。 我が家はキッチンマットとして活用しています。 あなたの体は生きている限り毎日のように働いてくれています。 毎日働いてくれている体を少しでもケアしてあげるために、足つぼは毎日やってもらいたいのです。 でも、忙しい日々の中で毎日足を揉むのは一苦労。 そんな時にオススメなのが足つぼマットです。 まずは手軽に始められる足つぼマットもおすすめです。 1900円くらいで購入できますよ。 これを我が家ではキッチンマットにして生活の中に足つぼを取り入れています。 あなたや家族が毎日通る場所に置いて、日々足つぼマットの上を通る度に、自動的に足つぼを刺激することができるすぐれものです。 トイレの前、脱衣所、洗面台の前、ソファーの前など、工夫して足つぼマットを置いて、毎日の足つぼケアに役立ててください。 週に2回くらいは自分で足つぼを揉んで見る!簡単セルフケアの方法 足つぼマットだけでも良いですが、余裕のある日は自分で足を揉んでみてはいかがですか?この動画と一緒にやれば、簡単に足つぼセルフケアができちゃいます。 月に1回くらいはプロにお願いして足つぼをやってもらう方法 自分で足を揉むのも良いですが、たまにはね。 プロにお願いして人に足を揉んでもらうのが気持ちいいです。 せっかく揉んでもらうのですから、ちょっとセルフケアのやり方なんかも教わりながプロに揉んでもらいましょう。 整体サロン千代の院長としての土踏まずの痛みの考え方 当院にも土踏まずの痛みを訴えてこられる方がいらっしゃいます。 痛みが出てくる状況をお聞きすると、以下のようなときに痛みや疲労感を感じることが多いようです。 ジムでダンスをやったあと• サッカーの試合後• 行列にならんで立っている時間が長いとき• ハイヒールを履いて出かけたとき 痛みを感じる場所も人それぞれですが、土踏まずの内側、外側、かかと周辺、足の指の付け根の少し下あたりに痛みを感じる人が多いですね。 あなたもこのような状況にありませんか? 痛みの原因はどこにあるのか? 足裏が痛いから、痛みの原因は足の裏にあると考えがちですが、整体師としての考え方を踏まえていくと、すこし違った見え方があります。 足裏が痛いと言うことは、足裏以外の筋肉の疲労、疲弊、機能低下が考えられます。 つまり、足裏に負担がかかりやすい体の状態になっていると言うことです。 原因として考えられるのが以下のような筋肉になってきます。 ふくらはぎ• スネの筋肉• 膝裏の筋肉• 太ももの内側外側の筋肉• お尻の筋肉• お腹の筋肉 こういった筋肉に機能低下や疲労、疲弊が起こっていると、土踏まずのアーチが落ちて来てしまいます。 土踏まずのアーチのことについて 土踏まずには3本のラインがあり、3つのアーチがあると言われています。 上の図をごらんください。 土踏まずは、上手に全身の体重を地面に伝え、衝撃を吸収する役割がります。 このアーチがうまく機能しないとどうなるでしょう? クッションがない状態で、直接体重の衝撃を足が受け止める形になってしまいます。 この衝撃を繰り返し受けていると、痛みや腫れといった炎症が足の裏に起こってしまうのです。 足の裏には足底筋膜というアキレス腱のように強靭な膜があります。 それが衝撃によって炎症を起こしてしまっているのが足底筋膜炎となります。 土踏まずの痛みを解消させるには整体でも可能です 土踏まずの痛みは、足底筋膜炎と言われることが多いですが、その足底筋膜炎の痛みも先ほどお伝えした弱っている筋肉を整体で調整してあげるだけで痛みがなくなることが多いです。 つまり、足底筋膜炎だと思っていた足の痛みは、別の筋肉を調整してあげることで、足底筋膜の働きが元に戻り、痛みが改善すると言うことがあるのです。 ですので、土踏まずが痛い方が整体サロン千代に来られたら、まずは足裏に関係しているお尻やお腹の筋肉から調整していきます。 土踏まずが再び痛くならないために 整体で土踏まずの痛みが改善して来たら、こんどは再発防止のためのセルフケアを行なっていく必要があります。 土踏まずが痛くならないために役立つのが、実は足つぼなんです。 足裏を全体的にほぐしてあげることで、土踏まずの痛みが再発せずに、痛くならなくなってきます。 運動前、運動後といった感じで、準備運動とアフターケアとして足つぼをしっかりやっていくことで土踏まずの痛みがどんどん良くなっていきます。 土踏まずの痛みでお困りでしたら整体サロン千代へご相談ください。 ご連絡おまちしております。

次の

左足裏が痛いのは内臓疾患による糖尿なのか?原因を追究してみて分かったこと

土踏まず 痛い

スポンサーリンク 左足裏の痛みの場所 まず、左足裏の痛みの具体的な場所はこんな感じになります。 土踏まずとも言えるし踵の端とも捉えられるような場所です。 足つぼの観点から探ってみると、 土踏まずは胃や十二指腸などの消化器系の内臓が弱っていることになります。 原因は食生活の乱れがほとんどとなります。 踵は主に生殖器のツボとなります。 男性の生殖機能が弱まるということは… EDということになるのでしょうか…(涙) 足裏マッサージの注意点 足裏の痛みには自分でもできるマッサージが一番経済的なのでおすすめです。 自宅や職場など場所を選ばずにできて効果を得られるのもメリットです。 しかし、誰でも簡単に足裏マッサージができるといっても、以下のことに注意しなければ逆効果になってしまう場合もあります。 妊娠中のマッサージは、むくみを取ったりリンパを通すやり方がありますので事前に確認しておきましょう。 左足裏の痛みは足底腱膜炎かも? 足裏マッサージで痛みが解消されることは分かりました。 さらに、その他にも痛みの原因となるものがないか調べていくと 「足底腱膜炎」 というキーワードが出てきました。 足底腱膜炎とは、足裏のかかとから足先にかけて繋がっている繊維組織帯で、マラソン選手など繰り返し足底腱膜を酷使するような状況で発症するものとされています。 一見するとスポーツをやっている人に起こりやすそうな足底腱膜炎ですが、原因となる部分に気になる要因がありました。 デスクワークの多い私はまさに該当しています。 事務職は基本運動不足に陥りがちなのです。 実際に現場にいた頃よりも健診結果が悪化しています。 実際にビジネスシューズはかかとがカツカツなものを穿いていますので かかとに負荷がかかっていることは間違いありません。 対策としては、ビジネスシューズでクッション性の高いものを選ぶか 中敷きに工夫がされたものを選ぶかになってきます。 のようなインソールを使用すれば足裏の痛み予防にもつながるかもしれません。 私自身糖尿病や関節炎の診断を受けてはいませんが、今の生活環境を振り返ると予備軍であっても何らおかしくはありません。 まとめ 結局のところ、私の左足裏が痛い原因は生活習慣病によるものが大きいことが分かりました。 もちろん病院で診断を受けるのが一番確実な方法なのでしょうけど、いまいち踏み切れないというか、 「うん、まだ大丈夫」という気持ちがあるのです。 これから食事と運動に意識を向けながら生活していかないとあとあと後悔することになるかもしれません。 まずは、下半身を強化するために、通勤時エスカレーターを使用せずに階段の上り下りから始めていきたいと思います。

次の