巻き玉。 ワックスコードで作る巻き玉!簡単糸巻きビーズでピアスレシピ【ハンドメイド無料レシピ】

ワックスコードで作る巻き玉!簡単糸巻きビーズでピアスレシピ【ハンドメイド無料レシピ】

巻き玉

玉巻き器を使わないでかせを毛糸玉にする方法2つ バルト三国で手に入れた毛糸は「かせ(Hank)」の状態の物が多かったので、そのままでは編み始めることができず、自分で毛糸玉(Cake)に巻き直す必要がありました。 私は玉巻き器(Ball Winder)を持っていないので手で巻くしかなかったのですが、実際にやってみると意外と簡単だったので、方法をご紹介したいと思います。 巻き方は2通りあって、道具を使って巻く方法と、指のみで巻く方法があります。 動画でご覧になりたい方は、ページの最後にあるのでご覧ください。 ラップの芯などを使って毛糸玉にする方法 まず最初は道具を使って行う玉巻きの方法です。 用意するもの 必要な道具は、ラップの芯などのある程度の太さと長さがあるものです。 ちなみに私が今回使ったラップの芯の太さの直径は、約3㎝でした。 毛糸の量が少ない場合はもっと細いものがいいのですが、並太や中細で 50g 以上のかせを巻くときは、このくらいの太さがあったほうがやりやすいかなと思います。 後は、毛糸玉にするかせの状態の毛糸です。 かせになっている毛糸は、糸端が結んであるものと、別の糸で縛ってあるものがあるので、気を付けながら糸をほどきます。 かせは、絡まってしまわないように椅子の背もたれなどに引っ掛けておくのが一般的ですが、私は「体育座り」の時のように膝を片方だけ立てて座り、そこにかせを引っ掛けて巻く方が扱いやすいと感じました。 まず初めに、、ラップの芯の上部5㎜~1㎝くらいに1か所切り込みを入れます。 毛糸の糸端10㎝くらいを中に入れて、かせにつながっているほうの糸が外に出るようにして切り込みに引っ掛けます。 毛糸をぐるぐるとラップの芯に巻き付けます。 大体20回くらい。 私は手前から後ろに向かって巻きつけましたが、向こう側から手前でも大丈夫です。 このあたりから形を作っていきます。 毛糸玉の左下から右上に向かって糸を巻きますが、このとき、ラップの芯も同時に、手前に回しながら糸が均等に巻き付くように巻いていきます。 (逆の向きに巻いた方は、右上から右下に向かって糸を巻き、ラップの芯は向こう側に回します。 ) 糸がなくなるまでひたすら同じ方向に巻いていきます。 最後はほどけてこないように、2周分くらいの長さを残して写真のように巻き付け、糸端を入れ込みます。 こんな感じ。 芯から外したときの様子。 芯がしっかりしているので、形がきれいにできます。 使う時は、中心の糸端を引き出して編みます。 道具を使わないで、指のみで巻く方法 まずは、指3本を使って、ラップの芯の時同様、糸をぐるぐると20回くらい巻き付けます。 このとき、糸端は親指で押さえておくとやりやすいです。 ある程度巻けたら、使う指を人差し指と中指の2本に減らします。 こうすることによって、糸玉をスムーズに動かしやすくなります。 ここも巻き方はラップの時と同じ。 そして、ある程度形ができてきて、しっかりとした土台になったら、親指に移して残りの糸を巻きます。 ラップの芯の時同様、毛糸玉を反対方向に回転させながら行います。 人差し指と親指で毛糸玉を挟むようにして繰り出すとスムーズです。 このときも、最初から親指に巻かなかったことで、穴にある程度余裕ができて動かしやすくなっていると思います。 糸が長ければ長いほどきつくなりがちなので、ぜひこの方法を試してみてくださいね! この辺まで大きくなると、もはや親指の長さを超えてしまうので、私は親指と人差し指で毛糸玉を挟みながら巻いています。 この方法でできる毛糸玉は、ラップの芯を使った方法でできたものと比べて糸を引き出すときに若干引っかかりを感じます。 見た目も、道具を使ったときのほうがきれいにできますね。 しかし、両方とも真ん中から糸を引き出すことができるという点では変わりがないので、思い立った時や余った毛糸をちょっとだけ巻きたいという時は、道具を使わないでできるのが高ポイントだと思います。 ちなみに糸の量が少ないときは、ラップの芯ではなくジャンボ針やペンなど、直径の小さいものを使ってください。 そうしないと、玉になりませんw かせの状態の糸を毛糸玉に巻き直すときだけでなく、少しだけ余った糸や作品をほどいて糸の状態に戻すときにこの方法を使うと、次に使う時扱いやすいので、私はこの方法をマスターしてからは、毛糸を巻くときはいつもこのやり方で巻いています。 先日、毛糸のマーケットに出かけ、アルパカの毛糸とか、いろんな毛糸を沢山買いこんできました。 ただ、輪っかになって販売されてた(「かせ」っていうのかな?)毛糸が6個ほどあり、「はて、どうしたもんか・・・」と困ってました。 専用の玉巻き器を買うほどの量でもないし・・・。 よもぎさんのサイト、写真がすごく綺麗だし、説明の文章がわかりやすくて、本当に助かりましたー! 私自身もブログをやっており、編み物に特化してるよもぎさんのブログ、とても参考になりました。 私も、よもぎさんのような分かりやすいブログを心がけたいなと改めて思いました。 よもぎさんは、すごいですね。 手編みに夢中だけど、ちゃんと写真撮ったり、ブログに載せたりとマメにされている!私も見習います! よもぎさんの、玉巻きのやり方のページがとても分かりやすかったので、私のブログの手織り記事で、いつか、リンクを貼らせてもらってもいいかな? ようこさん はじめまして。 コメントありがとうございます! ラップの芯を使った毛糸玉の作り方の記事、ようこさんのお役に立ててよかったです! ちょっとした量の毛糸を巻くのには最適ですよね。 しかもレーザーカッターでつくる本格的なもの!売り物みたいです!! >手織りは大好きだけど作品を作るのが楽しすぎて、ついつい写真を撮り忘れたり、 ブログにアップするより先に他の作品が作りたいと感じてしまったりして、ブログが追いついてませんが・・。 作り方だけでなく、あの時こういうことを考えながら作っていたな~なんていう思い出にもなるし。 ようこさんの手織りに関する情報も、とても豊富で 手織りにあまりなじみのない私にもわかりやすく、興味深かったです。

次の

楽しい糸遊び おしゃれなタッセル&巻き玉 (セレクトBOOKS)

巻き玉

【初心者向きの簡単な作品から、やや高度でおしゃれな作品までバリエーション豊かなタッセル本。 写真による作りかたプロセスも。 】初の本格的タッセル本として好評を得た「ちいさなタッセル&巻き玉」に続く第二弾。 1冊目と同じく簡単でかわいい作品はもちろん、この2冊目では、ビーズ、レース、リボン、革、花モチーフ、ポンポン、コードなど、いろいろな素材と組み合わせた作品もバリエーション豊かに紹介。 初心者にも簡単なシンプルなものから、もう少し豪華な作品を作ってみたい人も満足できる、手づくりの楽しさあふれる内容になっています。 カルトナージュや刺しゅうとのコラボ、ネックレス、ブローチ、シュシュ、ミサンガなどのアクセサリー、バッグの飾りや携帯ストラップ、そしてクリスマスオーナメントやウエディングアクセサリーまで、日々の生活や晴れの日を彩るアイディアが満載です。 基本の作りかたは写真で丁寧にプロセスを紹介しています。 高円寺に教室を持つ傍ら、ワークショップや展示を行い、各カルチャースクールにて講師を務める。 著書に「ちいさなタッセル&巻き玉工房」がある。 』をお持ちの方も 前作を購入していない人でもお勧めできる本です。 重複している部分もありますが、 違うテクニックも掲載されているのでおすすめです。 (今回も表紙、裏表紙のものはすべて作れます。 ) 前作同様、道具、材料の購入先もきちんと掲載されているので、ものがなくて作れない(海外製品とか そういったものでつくってないので)といったことは回避できると思います。 内容ですが、タッセル作りの基礎が シンプルタッセル、巻き玉の作り方 同じように手元アップの写真で掲載されています。 前作と違うのは、シンプルタッセルの作り方でマジックハンガー(今回から)、マクラメボード 今回から を使った作り方が写真で掲載されています。 今回は、巻き玉の作り方で2色交互のもの(2色をを通せる針(2つ穴)を使用)と ビーズのもの(表紙のもの)が写真で掲載されています。 房の作り方では前回もあったミンクの玉、普通の房もありましたが、 フリンジテープを使用したもの、房にビーズをかぶせる感じ(洋書とかで見かけるようなもの) とかがありました。 (これは裏表紙に掲載されているものですが、amazonではみれないので 残念です。 ) また鈴を使ったもの(ガスバーナーであぶって鈴を変色させる方法)や、花あみルームを使用して 扇のモチーフをつくったり、アニマル型のビーズと巻き玉を使用してマスコットをつくったりと ユニークなものものもありました。 インテリアグッズでは、円柱のクッションにタッセルをつけたもの(アジアのリゾートホテルにある感じ) やカルトナージュのお道具箱(もち手が巻き玉でつなげたもの)、アクセサリー(前作と似たものや 違うもの(シュシュ等もあり)と掲載されているものほとんどが作れるものでした。 個人的な感想ですが、前作詳しく掲載されていたものを削って今回の新しいテクニックのページを もう少し丁寧に掲載して欲しかったのですが、とても充実した内容なのでこの価格と大きさなら 大満足です。 はじめて手に取ったタッセル関係の本だったので、 基本の作り方が理解できることを期待していたのですが、 その点は、あまり親切とは言えません。 各工程を、順を追って、写真で説明してあり、 一見すると分かりやすいのかな、と感じますが、 その写真が小さくて、あまり要領を得ないといいますか… 糸を下に垂らして縛る、表から見える部分の結び方などは、 もっとわかりやすい解説を、ネット上でいくつも みつけることができます。 タッセルのあしらい方のアイデアは、面白いものがありますが、 既製のレースをぐし縫いしたものや、ガラス製の動物の顔パーツを使ったものは、 タッセルと聞いてイメージしていた物とちがうなー、と思いました。

次の

ワックスコードで作る巻き玉!簡単糸巻きビーズでピアスレシピ【ハンドメイド無料レシピ】

巻き玉

【初心者向きの簡単な作品から、やや高度でおしゃれな作品までバリエーション豊かなタッセル本。 写真による作りかたプロセスも。 】初の本格的タッセル本として好評を得た「ちいさなタッセル&巻き玉」に続く第二弾。 1冊目と同じく簡単でかわいい作品はもちろん、この2冊目では、ビーズ、レース、リボン、革、花モチーフ、ポンポン、コードなど、いろいろな素材と組み合わせた作品もバリエーション豊かに紹介。 初心者にも簡単なシンプルなものから、もう少し豪華な作品を作ってみたい人も満足できる、手づくりの楽しさあふれる内容になっています。 カルトナージュや刺しゅうとのコラボ、ネックレス、ブローチ、シュシュ、ミサンガなどのアクセサリー、バッグの飾りや携帯ストラップ、そしてクリスマスオーナメントやウエディングアクセサリーまで、日々の生活や晴れの日を彩るアイディアが満載です。 基本の作りかたは写真で丁寧にプロセスを紹介しています。 高円寺に教室を持つ傍ら、ワークショップや展示を行い、各カルチャースクールにて講師を務める。 著書に「ちいさなタッセル&巻き玉工房」がある。 』をお持ちの方も 前作を購入していない人でもお勧めできる本です。 重複している部分もありますが、 違うテクニックも掲載されているのでおすすめです。 (今回も表紙、裏表紙のものはすべて作れます。 ) 前作同様、道具、材料の購入先もきちんと掲載されているので、ものがなくて作れない(海外製品とか そういったものでつくってないので)といったことは回避できると思います。 内容ですが、タッセル作りの基礎が シンプルタッセル、巻き玉の作り方 同じように手元アップの写真で掲載されています。 前作と違うのは、シンプルタッセルの作り方でマジックハンガー(今回から)、マクラメボード 今回から を使った作り方が写真で掲載されています。 今回は、巻き玉の作り方で2色交互のもの(2色をを通せる針(2つ穴)を使用)と ビーズのもの(表紙のもの)が写真で掲載されています。 房の作り方では前回もあったミンクの玉、普通の房もありましたが、 フリンジテープを使用したもの、房にビーズをかぶせる感じ(洋書とかで見かけるようなもの) とかがありました。 (これは裏表紙に掲載されているものですが、amazonではみれないので 残念です。 ) また鈴を使ったもの(ガスバーナーであぶって鈴を変色させる方法)や、花あみルームを使用して 扇のモチーフをつくったり、アニマル型のビーズと巻き玉を使用してマスコットをつくったりと ユニークなものものもありました。 インテリアグッズでは、円柱のクッションにタッセルをつけたもの(アジアのリゾートホテルにある感じ) やカルトナージュのお道具箱(もち手が巻き玉でつなげたもの)、アクセサリー(前作と似たものや 違うもの(シュシュ等もあり)と掲載されているものほとんどが作れるものでした。 個人的な感想ですが、前作詳しく掲載されていたものを削って今回の新しいテクニックのページを もう少し丁寧に掲載して欲しかったのですが、とても充実した内容なのでこの価格と大きさなら 大満足です。 はじめて手に取ったタッセル関係の本だったので、 基本の作り方が理解できることを期待していたのですが、 その点は、あまり親切とは言えません。 各工程を、順を追って、写真で説明してあり、 一見すると分かりやすいのかな、と感じますが、 その写真が小さくて、あまり要領を得ないといいますか… 糸を下に垂らして縛る、表から見える部分の結び方などは、 もっとわかりやすい解説を、ネット上でいくつも みつけることができます。 タッセルのあしらい方のアイデアは、面白いものがありますが、 既製のレースをぐし縫いしたものや、ガラス製の動物の顔パーツを使ったものは、 タッセルと聞いてイメージしていた物とちがうなー、と思いました。

次の