トラフィック ジャム 歌詞。 トラフィックジャム 歌詞 Sexy Zone ※ stwww.surfermag.com

トラフィック・ジャム 歌ってみた/宮下遊

トラフィック ジャム 歌詞

さあ 往生 おうじょう しよう この終わった世界で Deuceが尽きるまで 骨身惜しまず交わっていよう コメント• 相変わらずサビのカタルシスがすごい -- 名無しさん 2019-08-26 15:58:41• リズム最高だった -- いいや!限界だ押すね!今だッ! 2019-08-28 22:27:03• すこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこすこ -- ウミ@牛若丸の囲い 2019-08-31 20:55:43• 愛してます…! -- ななななし 2019-09-10 01:10:51• 【traffic jam】…交通渋滞 -- 名無しさん 2019-09-12 18:02:06• んんッ……良 -- もやしのワルツ 2019-09-21 13:19:59• 神ですね。 -- 名無しさん 2019-09-29 16:54:30• 控えめに言って神曲なんだけど、誰か振り仮名つけてもらえませんか、、、 -- 名無しの嫁 2019-09-30 12:46:58• すみません、振り仮名つけようと思ったけど読みにくくなったので消させてもらいました。 -- 名無しさん 2019-10-04 17:43:59• 代わりにここで。 焚いた タイタ 問屋 トンヤ 卸しゃ オロ 鍍金 メッキ 涎 ヨダレ 悲喜交々 ヒキコモゴモ 速贄 ハヤニエ 袋小路 フクロコウジ 手前 テメェ 聢と チャン 剥奪 ハクダツ -- 名無しさん 2019-10-04 17:47:52• 中毒性半端ない… -- 名無しさん 2019-10-07 19:36:25• 作者さんのキャプション読んだ後に歌詞見るとなんか来るものあるな… -- 名無しさん 2019-10-07 19:39:26• 「聢と」って読み方「しかと」だと思うのだけど -- 名無しさん 2019-10-19 03:47:37• 本家様のを聴くと、「ちゃんと」と歌ってると思うので書きました。 僕の耳が悪かったらごめんなさい! -- 名無しさん 2019-10-21 21:38:21• キャラとか絵がドストライクなんだけど -- 名無しさん 2019-10-26 11:54:29• 初っ端の部分で「Shut Up」って言ってんのっかな?意味は皆さんお馴染みシャラップ 黙れ -- 名無しさん 2020-01-05 04:47:33.

次の

Traffic Jam

トラフィック ジャム 歌詞

Caption author Czech• Caption authors English• Caption author Japanese• Caption authors Korean• Caption author Russian• Caption author Turkish• Caption author Portuguese• Caption author Spanish• Song• トラフィック・ジャム• Artist• 煮ル果実• Album• トラフィック・ジャム• Licensed to YouTube by• NexTone Inc. nex-tone. nex-tone.

次の

【歌詞翻譯】トラフィック・ジャム

トラフィック ジャム 歌詞

まず始めに、これは私の超個人的な解釈による自己満足目的の考証であることを断っておきます。 恐らく、もっとわかりやすく正解に近い考証をずっと早くされている方々がおられると思いますし・・・ 煮ル果実氏の楽曲、「トラフィック・ジャム」。 '80sディスコのノリの楽曲にフランスのアニメのようなタッチのオシャレなPV。 一発で惚れました。 ハロウィン製作の間ずっとループで流していましたが、これが非常に奥深いメッセージ性を持った曲であることに気がつきまして、今回この考証を勝手な自己満足で書かせていただきます。 まずPVと本編をざっくりまとめますと、 ・とある男 眼鏡の人 が自動車事故を起こし、二人の男女を轢いて死なせてしまう ・そこに男女二人の「交通事故の死神」が現れる ・追い立てられたとある男は死神の力で同じく車道に飛び出して死んでしまう ・その男が死んだ責任を議論する人々に、男の死神が「誰でも良いや」と吹き込む ・踊り狂う死神達、「メッキが剥げるまで 二人でヨダレ分け合っていこう」 ・奇妙に踊るレモン頭の男、バナナ頭の男 ・時々登場する「ジュース」 ・不安に狩られる死神達 ・新たな獲物を探す死神達の前に、なぜか自分達が現れる ・元の死神達は人間になってしまい、新たな死神達から逃げ出す。 「二人で吐息剥奪して ずっとずっといられたなら 俺は人間なんかにならずに済んだのにな・・・」 ・ゴミ捨て場で眠る新たな死神達 ・何故か登場して車に乗る、冒頭の眼鏡の男 こんな感じですね。 非常に謎めいていると思います。 結論から言いますと、この曲の隠されたメッセージとは 「近頃の交通事故被害者と加害者に対する、行き過ぎたドラマ仕立ての過剰報道をするマスメディアへのアンチテーゼ」 です。 まずは「交通事故の死神」さん2人の容姿や行動。 女性の死神の方は常にポーカーフェイスで、カメラの前でポーズを取ったり口論する人間を前に椅子でくつろいでいたり、無感情な印象。 そして最初の男を追い立てるときには「網」を持っています。 この女性の死神は「報道リポーター、アナウンサー」の揶揄です。 網は被害者や加害者を捕まえてインタビューする為に持っている物です。 また、特徴的な髪飾り。 どこかで見たことがないでしょうか。 そう、自由の女神の頭の髪飾りなんです。 「報道の自由の女神」なんです。 対する男性の死神さん。 まあ可愛いですね彼。 大好きです。 女性の死神とは対照的に感情豊かで、いかにも「小悪党」な表情や印象を振る舞いから受けます。 よくジュースを飲んでいる描写が入り、そして最初の男を追い立てる時の得物は「ハサミ」です。 彼は「ニュースの原稿を編集するライター、ジャーナリスト」の揶揄です。 ジュースとは、すなわち人の不幸。 色とりどりのジュースを飲む、甘い汁を吸う事で生きている人ということ。 ハサミは都合がいい事実だけを「切り取る」ためのものですね。 これを元に一つずつ当てはめていきましょう。 ・とある男 眼鏡の人 が自動車事故を起こし、二人の男女を轢いて死なせてしまう ・そこに男女二人の「交通事故の死神」が現れる ・追い立てられたとある男は死神の力で同じく車道に飛び出して死んでしまう 交通事故を起こした加害者を必要以上なまで徹底的に悪役として報道し続け、遂には加害者の命を奪ってしまったんですね。 これを自殺にまで追い込んだ、と見るか社会的に抹殺された、と見るかは聴き手の選ぶ所かもしれません。 ・その男が死んだ責任を議論する人々に、男の死神が「誰でも良いや」と吹き込む 吹き込んでいるのは男の死神、ジャーナリスト、編集者、ライターです。 「誰でもいいから悪い奴をこきおろせ!! 」と報道番組を作っているシーンなのでしょう。 ・踊り狂う死神達、「メッキが剥げるまで 二人でヨダレ分け合っていこう」 ・時々登場する「ジュース」 「Deuce」と「Juice」をかけているんですね。 ジュースは人々の不幸、事件。 この場合自動車事故のネタ。 リポーターやアナウンサーと編集者、ライター。 このコンビなら永久に甘い汁を吸えるぞ、という揶揄です。 メッキ 鍍金 については後ほど。 ・奇妙に踊るレモン頭の男、バナナ頭の男 少し人を小馬鹿にしたような踊りを座ったまましている酸っぱい頭の人。 バラエティ系ニュース番組に呼ばれるコメンテーター達の事です。 刺激のあるコメントを話す人、でしょうね。 トウガラシ頭でないのがセンスの光る所。 映像が分割して増えていくのは報道がテレビに乗って多くの人に見られている揶揄です。 バナナ頭の人は「顔の皮が厚いコメンテーター」でしょうか。 それか、一皮むけば別の顔を隠した人でもありますね。 ・不安に狩られる死神達 これだけ人の不幸をネタにしてきた二人。 ふと、万が一自分に帰ってきたら・・・と不安になります。 でも「行き着いたら最後 後に引けない」のです。 ・新たな獲物を探す死神達の前に、なぜか自分達が現れる 不安が現実になってしまったのです。 自分達が自動車事故を起こしてしまったのか、はたまた別のスキャンダルか。 リポーターと編集者は他のテレビ局のリポーターと編集者、つまり死神達に追われる立場となってしまったのです。 ・元の死神達は人間になってしまい、新たな死神達から逃げ出す。 これが「リポーターと編集者の真の揶揄の無い姿」です。 追われる身となってしまった元死神の二人のメッキ、死神の姿が剥げてしまったのです。 いかにもそういった風貌ではないでしょうか。 「二人で吐息剥奪して ずっとずっといられたなら 俺は人間なんかにならずに済んだのにな・・・」吐息を剥奪、つまり狙った相手に息の詰まる思いの偏向報道を浴びせて「ジュース」を飲み続けていられたら、他の死神に追われる身、「人間」にならずに済んだのにな、というぼやきですね。 この交通事故の死神達は、人を人とも思わない報道関係者達全員の姿なんです。 ・ゴミ捨て場で眠る新たな死神達 そのままですね。 ・何故か登場して車に乗る、冒頭の眼鏡の男 さて、このPV最大の見所。 なぜか冒頭死んでしまったはずの眼鏡の男が車に乗って出かけます。 ループ再生してみましょう。 「ああヤダヤダ衝突だ」のシーンで轢かれてしまった犠牲者2人。 見覚えがあると思います。 そう、最初に轢かれた2人は、人間に戻ってしまった元死神達、リポーターと編集者なんです。 そして物語は永久にループするんです。 また新たな死神が現れ、前の死神が死ぬ。 この狂った連鎖に「キリもモラルもハナから無い」んですね。 ・・・ふう、満足しました。 こういった考証を抜いても、この曲はとてつもなくノリノリで、そして死神達が生き生きとしていて大好きです。 特に「飽くなき人の性」の所の男の死神さん、大好きです。

次の