ぎっくり腰 応急 処置。 これで安心!「ぎっくり腰の正しい応急処置」

ぎっくり腰の痛みを和らげるツボ押しと正しい姿勢 [ぎっくり腰] All About

ぎっくり腰 応急 処置

『くしゃみをした瞬間にピキッと腰が砕けてしまった・・・』 なんて経験ありませんか? これらは、 突然のぎっくり腰になってしまった人の実際の話です。 突然、ぎっくり腰になってしまった。 という人は意外と多くいます。 軽いぎっくり腰から重いぎっくり腰まで。 症状は人それぞれでしょう。 ぎっくり腰になってしまったら辛いですよね。 何もできないし、動けないし・・・ 嫌になってしまうことでしょう。 あなたは、どのように対処をすればいいのか知っていますか? きっと、ほとんどの方が知らないでしょう。 ぎっくり腰の応急処置について、わかる人が・・・ そこで、今回は、 ぎっくり腰の応急処置について紹介したいと思います。 ぎっくり腰の効果的な4つの応急処置方法について• ぎっくり腰になってしまったら、まず行うべき行動について• ぎっくり腰に効果的な姿勢の紹介• 実際にぎっくり腰を体験した人の声 の上記4点を交えながら話していきたいと思います。 ぎっくり腰で、 苦しんでいるあなたの為に必要な内容だと思います。 きっと、役に立つ事でしょう。 是非、最後まで読んで欲しいと思います。 それでは、よろしくお願いいたします。 1 ぎっくり腰に効果のある4つの応急処置方法を紹介 ぎっくり腰には応急処置がとっても大事になってきます。 応急処置と言っても、• 比較的、楽な姿勢をとる• 動ける範囲で、無理をしないでうごく• 症状と場合によって、安静をとる• 軽いストレッチなどをする といった4つの事があげられます。 このように、 ぎっくり腰になったらすぐに適切な治療や処置をうけておくべきです。 そうすれば、痛みが長引かずに済むでしょう。 また、痛みがひくのも早くすみます。 さらに、 ぎっくり腰になってしまったら、 専門機関で処置をしてもらうことによって治りが早く楽になるでしょう。 極力、早めに専門家に診てもらうようにした方がいいと思います。 また、 腰を痛めてから、2日間は炎症物質が出るといわれています。 なので、 炎症が続く限り、痛みは続くと思っておいたほうがいいでしょう。 で、 冷やしたり、温めたりするのはどうでしょうか? と思うかもしれませんが。 それは、やってみて、 気持ちよければ、温めても、冷やしても問題ないでしょう。 どちらでもいいと言えるのです。 効果的としては、最終的に一緒なのです。 温めるのも、冷やすのも。 痛みを発生させる物質を取り除いてしまおう。 という考えの治療方法です。 なので、 温めても冷やしても、あなたが気持ちよいなぁ。 と感じる方でいいでしょう。 やってみてください。 2 ぎっくり腰になったらまず、何をするべきか? では、ぎっくり腰になったらまず、するべき事は、 『楽な姿勢を見つける』 という事です。 あなたが、一番楽な姿勢になるのが大切になります。 というのも、 ぎっくり腰の場合は、動くのが難しい事が多いでしょう。 動きたくても痛みで動けない。 なので、 楽な姿勢をみつけて、 痛みが落ち着くまで少し安静を取る必要があるのです。 また、 ぎっくり腰の痛みのピークというのは初日ではなくて、 2~3日立った時といわれているので、 痛みが出て動くのが辛い時は、 安静も一つの方法だと言えるのです。 しかし、 痛くても動ける場合は、 極力動く方が良い場合があります。 安静にして、じっとしていても、 腰の痛みは治りづらいのです。 なので、 いつも通りの生活をするようにしながら、 極力動く事で腰の痛みが軽減していく場合が多いのも事実です。 したがって、 まとめると。 ぎっくり腰になって、動けない程の痛みであれば、 あなたが楽だと感じる姿勢を見つけて、 その姿勢で安静をしてみるのがいいでしょう。 しかし、 ぎっくり腰でも、 動ける痛みであれば、極力動くように心がける。 このような思考と行動が、 ぎっくり腰になった時に行うべき事だと言えるでしょう。 是非、意識してほしいなと思います。 3 ぎっくり腰に効果的な姿勢は? 腰が痛い場合、楽な姿勢というのは人それぞれ違います。 仰向け• 横向き• うつぶせ• 座位姿勢 など。 どれが効果的なのかは、 個人によって変わってくるでしょう。 どんな姿勢の中でも、 あなたが楽だと感じる姿勢があるはずです。 その楽だと感じる姿勢を見つけるのが重要になります。 また、 どれをとっても、楽だと感じない場合でも、比較的マシだな。 と感じる姿勢をみつけましょう。 このようにする事がまず必要だと言えます。 で、 比較的多くの人に、 効果的だと言われている姿勢が 『うつぶせ』です。 うつ伏せになると、 腰の痛みが軽くなっていく。 軽減していく。 という方が非常に多い現実があります。 なので、 『うつ伏せ』になる事をまずは、 おススメしてみても良いかもしれません。 うつ伏せは、 腰の筋肉をストレッチさせる効果があるので、 有効だと言われているのでしょう。 是非、試してみるのもいいと思います。 4 ぎっくり腰体験談 ここでは、 実際にぎっくり腰になってしまった人の体験談を紹介したいと思います。 それまでも、 腰痛はありましたが、立てなくなるほどの腰痛は初めてでした。 私は歩くこと立つこと、• 椅子に座ること• 寝てても痛いと、 なにもできない状態になりました。 自宅にはなんとか帰れましたが、 そのまま入院してしまうんじゃないかと思うほどの痛みを感じていました。 その時の処方は、一先ず、安静にしましょう。 ということで、薬のみが処方されました。 その後、 自宅で安静にして1週間くらいたち、症状は軽減しました。 しかし、 私は日常生活で、歩くことへの恐怖を覚えるようになりました。 それからも、 年に何回か、ぎっくり腰は思いもよらないタイミングで襲ってきます。 ふとしたきっかけで、 またぎっくり腰になるかもしれないと思うと、 安心してでかけることができない日々が続いていました。 それから、 本を出版されている有名治療院や、 脊椎の権威といわれる東京の有名大学病院など。 ありとあらゆる治療院にかかったこともありますが、 その時はいいのですが。 結果的には戻ってしまうので、 「一生このままなのかな?」と、もうほとんど諦めかけていました。 そんな時に、 一冊の本に記載してあった腰痛体操が目に入りました。 何故、その腰痛体操を始めたのか、 理由は自分でもわかりませんが、 半信半疑でその腰痛体操をしたことでぎっくり腰が改善し始めたのです。 ぎっくり腰の痛みは恐怖を覚えるほど痛いですが、 いい治療法が見つかれば治るのを実感しました。 参考にしていただき、あなたの痛みの改善に役立てたらと思います。 5 まとめ ぎっくり腰は命に関わる病気ではありませんが、 一度なってしまうとしばらく激痛とお付き合いする場合が多くなるでしょう。 毎日のお仕事や家事を腰痛で滞らせないためにも、 こまめに筋肉負荷をほぐしたり、腰痛体操をして予防に努めましょう。 ぎっくり腰に効果的な応急処置として、• 比較的、楽な姿勢をとる• 動ける範囲で、無理をしないでうごく• 症状と場合によって、安静をとる• 軽いストレッチなどをする の上記の4つです。 これらを意識するのがまず良いでしょう。 さらに、ぎっくり腰は、日頃の生活で予防することができます。 なので、 日頃の生活を見直して、 ぎっくり腰にならないように、 気をつける事が何よりも重要だと言えます。 是非、このように意識してほしい所です。 本日も最後までお読みいただきありがとうございました。 次の記事もよろしくお願いいたします。

次の

ぎっくり腰になったら…急性腰痛症の治し方・対処法 [ぎっくり腰] All About

ぎっくり腰 応急 処置

Sponsored Link 皆さんは普段、生活の中で 腰の痛みを感じることはありませんか? 急に体勢を変えたり、重い物を持ち上げたりすると「あいたたた…」となってしまう方も多いのではないでしょうか。 少し痛みを感じるだけならまだしも、その積み重ねで ぎっくり腰を起こしてしまうととても厄介ですよね。 ぎっくり腰の正式名称は 「急性腰痛症」というもので、その名の通り突然腰に激しい痛みを感じます。 欧米では 「魔女の一撃」とも呼ばれており、その痛みの激しさがお分かりいただけるのではないでしょうか。 ぎっくり腰は、いつどんなタイミングで起こるか分かりません。 いざなってしまった時に慌てないよう、 治し方や応急処置について知識を身に付けておきましょう。 ・ぎっくり腰になったときの対処方法。 冷やすのと温めるのはどちらがいい?お風呂はOK? ・ツボ押しもおすすめ!ぎっくり腰の応急処置方法。 ・ぎっくり腰を繰り返さない!効果的な治し方は? Sponsored Link ぎっくり腰になったときの対処方法。 冷やすのと温めるのはどちらがいい?お風呂はOK? 応急処置その1、まずは冷やす ぎっくり腰になったら 「まずは冷やす」。 これを覚えておきましょう。 ぎっくり腰になってすぐに温めてしまうと、痛みが強くなり逆効果となってしまうことがありますので注意してくださいね。 ある程度痛みが引くまでは、 お風呂も我慢しましょう。 袋などに氷を入れ、10分~15分おきくらいに休憩を挟みながら患部を冷やすのがおすすめの方法です。 冷やすことで徐々に痛みが和らぎますので、落ち着いて対処すればだんだんと動けるようになるはずですよ。 応急処置その2、ある程度痛みが引いたら温める 上記のとおりぎっくり腰になったらまずは冷やすのが大事ですが、 3~4日ほど経ってある程度痛みが引いてきたら今度は温めていきましょう。 温まって血流がよくなることで、痛み物質が流れていってくれます。 温める方法としては、 カイロを貼るのがおすすめですよ。 また、 この時点からであればお風呂もOKです。 強い痛みを感じることで全身が疲れていますから、ゆっくり浸かって休んでくださいね。 ツボ押しもおすすめ!ぎっくり腰の応急処置方法。 ぎっくり腰になってしまった際、 動けないほどの激痛であればまずは 無理に動かず安静にしましょう。 ですが、少し我慢すれば動ける程度であれば、 応急処置として軽いストレッチを行うことをおすすめします。 決して無理はせず、できる範囲で行ってくださいね。 Sponsored Link ぎっくり腰を繰り返さない!効果的な治し方は? ぎっくり腰は一度なると何度も繰り返してしまう人が多くいます。 ここからは ぎっくり腰の治し方をご紹介しますので、ぎっくり腰を繰り返さない体づくりを意識していきましょう。 筋トレやストレッチを習慣に 運動不足はぎっくり腰の原因のひとつです。 自分では普段の生活や仕事である程度体を動かしていると思っていても、よくよく考えてみると毎日同じ動作の繰り返しだったりしませんか? 全身を使えていないのであれば、それは運動不足ということになります。 筋トレや全身運動をすることで運動不足解消をすることは効果的な治し方といえますよ。 ただ、筋肉を使いすぎると今度は筋肉疲労につながる恐れがあります。 実は、 筋肉疲労もまたぎっくり腰の原因なのです。 ですから運動の後やお風呂上がりなどに、筋肉や体をほぐす習慣をつけておきましょう。 姿勢・バランスを良くする 悪い姿勢をとることで体のバランスが崩れると、その分体に負担がかかり、筋肉が凝り固まってしまいます。 これも ぎっくり腰を起こしやすい状態です。 普段から意識して姿勢を良くすることは、外見も良くなりますし、ぎっくり腰の治し方としても効果的ですよ。 ストレスを溜めすぎない ストレスとぎっくり腰では何の関係もないように感じますが、実は深い関係があるのです。 ストレスを感じるとやたら肩が凝ったり、体が硬くなったりするように感じたことはありませんか? ストレスを感じることで体が緊張し、前記の筋肉疲労や凝りにつながってしまうのです。 ストレスもぎっくり腰の原因になることを意識し、 なるべくストレスを溜めすぎないように注意したり、ストレスを感じた際は念入りにストレッチを行ったりすることがおすすめの治し方ですよ。 食事での治し方もある ぎっくり腰の治し方として 効果的な栄養素が4つあります。 ・ カルシウム(乳製品、小魚類、海藻類など) ・ ビタミンD(魚介類、海藻など) ・ マグネシウム(海藻類、ナッツ類、豆類など) ・ タンパク質(肉、魚、卵、乳製品、大豆製品など) です。 これらは骨を強くしてくれる作用があり、意識して摂取することで ぎっくり腰を繰り返さない丈夫な体をつくってくれますよ。 これさえ覚えておけば、いつぎっくり腰になっても大丈夫。 もしなってしまったらこの記事を思い出し、冷静に対処してくださいね。 また、当然ながらこれらの応急処置や治し方だけでは不十分な場合もありますので、 必要に応じて病院も受診するようにしましょう。 一度なっただけで「もう二度となりたくない」と思わせるほどの強烈な痛みを伴うぎっくり腰。 普段から柔軟で強い体づくりを意識し、ぎっくり腰にならないよう、繰り返さないように対策をしていきましょう。

次の

ぎっくり腰の応急処置【動けないときのストレッチ】鍼灸師が実際に使っている方法

ぎっくり腰 応急 処置

突然襲う激痛、「ぎっくり腰」。 痛みによって動けなくなり、大切な会議やプレゼンに欠席したり、リスケジュールを余儀なくされたりした経験をお持ちの方も多いと思います。 では、自分がぎっくり腰になってしまったとき、早く治すために「やってはいけない」ことは次のうち、どれでしょうか。 1 普段のように動く 2 痛み止めの薬を飲む 3 安静にする 正解は、3「安静」です。 え? と思われた方も多いかもしれません。 腰が痛いときには「大事をとって安静にする」ほうが良いイメージがありますよね。 でも、いま腰痛の常識は、大きく変わっています。 フィンランド労働衛生研究所が行った研究(下図)では、ぎっくり腰になった人に「ベッド上で安静」にするよう指示した場合と「できるだけ通常の生活をする」ように指示した場合を比べると、安静にした場合は仕事に復帰するまでの期間が倍近くかかってしまうことがわかりました(N Engl J Med. 1995 Feb 9;332 6 :351-5. 現在の日本の腰痛治療の指針となるガイドラインにも、「安静は必ずしも有効な治療法とはいえない」と明記されています(腰痛診療ガイドライン 2012 監修 日本整形外科学会/日本腰痛学会)。 なぜ、安静にしていると治りが悪くなってしまうのか? 日常生活で歩いたり立ったりするだけでも、私たちの体は重力に対抗して姿勢を保つために筋肉を働かせています。 「無重力で生活した宇宙飛行士は筋肉が衰えてしまう」という話を聞いたことがある方もいると思いますが、それは重力の負荷がなくなるためです。 ベッドでじっとしていると同じことが起きて、腰を支える筋肉が衰えて痛みが起きやすくなります。 また血液の流れが悪くなって「痛み物質」がとどまりやすくもなります。 さらに近年の研究では、半年以上にわたって腰痛に悩む人の脳を調べたところ、痛みの処理に関わる部分の働きが衰え、通常の人よりも痛みを「感じやすくなる」ケースがあることもわかりました。 (J Neurosci. 2011 May 18;31 20 :7540-50.

次の