厚揚げの煮物レシピ。 生揚げとは?厚揚げと違う?おすすめの食べ方とレシピも紹介

厚揚げで絶品おつまみを作ろう♪お酒に合うアイディアレシピ特集

厚揚げの煮物レシピ

生揚げのカロリーは、一般的なもので 100gあたり150kcalとなります。 木綿豆腐のカロリーが 100gあたり72kcalなので、 揚げている分生揚げのカロリーは単純に倍になっていると言えます。 中は火が通らない作り方をしている生揚げは、揚げた香ばしさと豆腐ならではの美味しさのいいとこ取りといえる特徴を持っていますが、 カロリーを見る限りでは適量を守る必要があります。 生揚げには絹ごし豆腐を使った作り方をした、 絹生揚げ というものもあります。 絹ごし豆腐は木綿豆腐よりも水分量が多いため、 100gあたりのカロリーは56kcalとカロリーは低めになります。 絹生揚げもその分カロリーは低めで、絹生揚げ 100gあたりは114kcalと表示されているものもあります。 絹生揚げはその滑らかな口当たりにも人気がありますが、 通常の生揚げと比べて荷崩れしやすい特徴もあるため、上手に使い分けしたいものです。 生揚げはフライパンなどで表面に色を付ける程度の簡単な焼き方をしてから、シンプルにお醤油などをかけるのもおすすめの食べ方です。 そんな生揚げの上手な焼き方の前に、 ちょっとした 下ごしらえも大切です。 生揚げを揚げた油は 酸化しやすい ため、 油抜きは大切なひと手間になります。 生揚げの下ごしらえの方法は 熱湯の中で1分ほど茹でるか、 お湯で洗った生揚げの水気をふき取ったらキッチンペーパーで包んで、 電子レンジ600Wで1分~1分半加熱する だけです。 こうして下ごしらえした生揚げは、1枚丸々焼きあげる豪快な焼き方でステーキにしても、 調味料やソースの味も浸み込みやすくなって油臭さもありません。 生揚げはステーキ以外のシンプルな焼き方でも美味しいので、時短重視のお手軽おかずにもおすすめの食材なのです。 生揚げを冷凍保存した場合、 その食感は変化してしまいます。 一度冷凍してしまうと 素が入ってスポンジのようになってしまうため、生揚げ特有の 香ばしさの中にある豆腐の食感は無くなってしまうのです。 生揚げの 冷凍保存による変化のメリットは、素が入ってスポンジ状になるため、 味浸みの良さが増すことです。 おでんや煮物といった料理にしたときには、噛んだときに噴出す出汁の量が増すだけでなく 弾力も出るため、わざわざ冷凍してからレシピに使う人もいるほどです。 一方の デメリットは、 生揚げならではの食感は失われてしまうため、どんな焼き方をしても本来のステーキのような焼き上がりにはならなくなります。 生揚げ本来の煮方や焼き方をしたときの食感が好きな人には、 冷蔵保存で早めに食べるレシピのほうが良い食べ方と言えるでしょう。 豚挽き肉300g• 生揚げ1パック• にんにく1片• しょうが1片• ごま油大さじ1~2• A・醤油50cc• A・酒30cc• A・味醂30cc• A・三温糖 砂糖可 大さじ1. A・豆板醤小さじ1~味見で追加• 片栗粉大さじ1• 水 水溶き片栗粉用 50cc• 生揚げは 一口大に、長ネギを 斜め切りに、にんにくとしょうがを みじん切りにします。 Aは器に合わせておきます。 フライパンにごま油と刻んだにんにくとしょうがを入れて火にかけます。 香りが出てきたら挽き肉を入れて、 肉の色が変わるまで炒めます。 生揚げを入れて挽き肉にもほぼ火が通りきったら2を入れて、全体によく絡ませます。 少し水分を飛ばしながら炒めたら、長ネギを加えて混ぜ合わせます。 長ネギに火が通ったら水溶き片栗粉を回し入れて、とろみがついたら器に盛り付けて完成です。 里芋 乱切り 2個• A・味醂大さじ1• A・醤油大さじ1強• A・水130cc• 鍋に水 分量外 を張ったらこんにゃくを入れて、 煮立てたらザルに上げて湯切りして臭みを取ります。 再び鍋に水 分量外 を張ったら里芋を入れて、 煮立って1分~2分立ったら 湯切りしてぬめりを取ります。 1と2に生揚げを入れたらAを全て入れて、途中軽くかき混ぜながらぐつぐつと煮ます。 醤油を足さずに味を濃くするとき には弱火で煮込みます。 そのとき 煮汁が無くなり焦げ付かないように注意しましょう。 里芋が柔らかく煮上がったら器に盛り付けて完成です。

次の

生揚げとは?厚揚げと違う?おすすめの食べ方とレシピも紹介

厚揚げの煮物レシピ

生揚げのカロリーは、一般的なもので 100gあたり150kcalとなります。 木綿豆腐のカロリーが 100gあたり72kcalなので、 揚げている分生揚げのカロリーは単純に倍になっていると言えます。 中は火が通らない作り方をしている生揚げは、揚げた香ばしさと豆腐ならではの美味しさのいいとこ取りといえる特徴を持っていますが、 カロリーを見る限りでは適量を守る必要があります。 生揚げには絹ごし豆腐を使った作り方をした、 絹生揚げ というものもあります。 絹ごし豆腐は木綿豆腐よりも水分量が多いため、 100gあたりのカロリーは56kcalとカロリーは低めになります。 絹生揚げもその分カロリーは低めで、絹生揚げ 100gあたりは114kcalと表示されているものもあります。 絹生揚げはその滑らかな口当たりにも人気がありますが、 通常の生揚げと比べて荷崩れしやすい特徴もあるため、上手に使い分けしたいものです。 生揚げはフライパンなどで表面に色を付ける程度の簡単な焼き方をしてから、シンプルにお醤油などをかけるのもおすすめの食べ方です。 そんな生揚げの上手な焼き方の前に、 ちょっとした 下ごしらえも大切です。 生揚げを揚げた油は 酸化しやすい ため、 油抜きは大切なひと手間になります。 生揚げの下ごしらえの方法は 熱湯の中で1分ほど茹でるか、 お湯で洗った生揚げの水気をふき取ったらキッチンペーパーで包んで、 電子レンジ600Wで1分~1分半加熱する だけです。 こうして下ごしらえした生揚げは、1枚丸々焼きあげる豪快な焼き方でステーキにしても、 調味料やソースの味も浸み込みやすくなって油臭さもありません。 生揚げはステーキ以外のシンプルな焼き方でも美味しいので、時短重視のお手軽おかずにもおすすめの食材なのです。 生揚げを冷凍保存した場合、 その食感は変化してしまいます。 一度冷凍してしまうと 素が入ってスポンジのようになってしまうため、生揚げ特有の 香ばしさの中にある豆腐の食感は無くなってしまうのです。 生揚げの 冷凍保存による変化のメリットは、素が入ってスポンジ状になるため、 味浸みの良さが増すことです。 おでんや煮物といった料理にしたときには、噛んだときに噴出す出汁の量が増すだけでなく 弾力も出るため、わざわざ冷凍してからレシピに使う人もいるほどです。 一方の デメリットは、 生揚げならではの食感は失われてしまうため、どんな焼き方をしても本来のステーキのような焼き上がりにはならなくなります。 生揚げ本来の煮方や焼き方をしたときの食感が好きな人には、 冷蔵保存で早めに食べるレシピのほうが良い食べ方と言えるでしょう。 豚挽き肉300g• 生揚げ1パック• にんにく1片• しょうが1片• ごま油大さじ1~2• A・醤油50cc• A・酒30cc• A・味醂30cc• A・三温糖 砂糖可 大さじ1. A・豆板醤小さじ1~味見で追加• 片栗粉大さじ1• 水 水溶き片栗粉用 50cc• 生揚げは 一口大に、長ネギを 斜め切りに、にんにくとしょうがを みじん切りにします。 Aは器に合わせておきます。 フライパンにごま油と刻んだにんにくとしょうがを入れて火にかけます。 香りが出てきたら挽き肉を入れて、 肉の色が変わるまで炒めます。 生揚げを入れて挽き肉にもほぼ火が通りきったら2を入れて、全体によく絡ませます。 少し水分を飛ばしながら炒めたら、長ネギを加えて混ぜ合わせます。 長ネギに火が通ったら水溶き片栗粉を回し入れて、とろみがついたら器に盛り付けて完成です。 里芋 乱切り 2個• A・味醂大さじ1• A・醤油大さじ1強• A・水130cc• 鍋に水 分量外 を張ったらこんにゃくを入れて、 煮立てたらザルに上げて湯切りして臭みを取ります。 再び鍋に水 分量外 を張ったら里芋を入れて、 煮立って1分~2分立ったら 湯切りしてぬめりを取ります。 1と2に生揚げを入れたらAを全て入れて、途中軽くかき混ぜながらぐつぐつと煮ます。 醤油を足さずに味を濃くするとき には弱火で煮込みます。 そのとき 煮汁が無くなり焦げ付かないように注意しましょう。 里芋が柔らかく煮上がったら器に盛り付けて完成です。

次の

厚揚げの煮物(甘辛煮)のレシピ/作り方:白ごはん.com

厚揚げの煮物レシピ

生揚げのカロリーは、一般的なもので 100gあたり150kcalとなります。 木綿豆腐のカロリーが 100gあたり72kcalなので、 揚げている分生揚げのカロリーは単純に倍になっていると言えます。 中は火が通らない作り方をしている生揚げは、揚げた香ばしさと豆腐ならではの美味しさのいいとこ取りといえる特徴を持っていますが、 カロリーを見る限りでは適量を守る必要があります。 生揚げには絹ごし豆腐を使った作り方をした、 絹生揚げ というものもあります。 絹ごし豆腐は木綿豆腐よりも水分量が多いため、 100gあたりのカロリーは56kcalとカロリーは低めになります。 絹生揚げもその分カロリーは低めで、絹生揚げ 100gあたりは114kcalと表示されているものもあります。 絹生揚げはその滑らかな口当たりにも人気がありますが、 通常の生揚げと比べて荷崩れしやすい特徴もあるため、上手に使い分けしたいものです。 生揚げはフライパンなどで表面に色を付ける程度の簡単な焼き方をしてから、シンプルにお醤油などをかけるのもおすすめの食べ方です。 そんな生揚げの上手な焼き方の前に、 ちょっとした 下ごしらえも大切です。 生揚げを揚げた油は 酸化しやすい ため、 油抜きは大切なひと手間になります。 生揚げの下ごしらえの方法は 熱湯の中で1分ほど茹でるか、 お湯で洗った生揚げの水気をふき取ったらキッチンペーパーで包んで、 電子レンジ600Wで1分~1分半加熱する だけです。 こうして下ごしらえした生揚げは、1枚丸々焼きあげる豪快な焼き方でステーキにしても、 調味料やソースの味も浸み込みやすくなって油臭さもありません。 生揚げはステーキ以外のシンプルな焼き方でも美味しいので、時短重視のお手軽おかずにもおすすめの食材なのです。 生揚げを冷凍保存した場合、 その食感は変化してしまいます。 一度冷凍してしまうと 素が入ってスポンジのようになってしまうため、生揚げ特有の 香ばしさの中にある豆腐の食感は無くなってしまうのです。 生揚げの 冷凍保存による変化のメリットは、素が入ってスポンジ状になるため、 味浸みの良さが増すことです。 おでんや煮物といった料理にしたときには、噛んだときに噴出す出汁の量が増すだけでなく 弾力も出るため、わざわざ冷凍してからレシピに使う人もいるほどです。 一方の デメリットは、 生揚げならではの食感は失われてしまうため、どんな焼き方をしても本来のステーキのような焼き上がりにはならなくなります。 生揚げ本来の煮方や焼き方をしたときの食感が好きな人には、 冷蔵保存で早めに食べるレシピのほうが良い食べ方と言えるでしょう。 豚挽き肉300g• 生揚げ1パック• にんにく1片• しょうが1片• ごま油大さじ1~2• A・醤油50cc• A・酒30cc• A・味醂30cc• A・三温糖 砂糖可 大さじ1. A・豆板醤小さじ1~味見で追加• 片栗粉大さじ1• 水 水溶き片栗粉用 50cc• 生揚げは 一口大に、長ネギを 斜め切りに、にんにくとしょうがを みじん切りにします。 Aは器に合わせておきます。 フライパンにごま油と刻んだにんにくとしょうがを入れて火にかけます。 香りが出てきたら挽き肉を入れて、 肉の色が変わるまで炒めます。 生揚げを入れて挽き肉にもほぼ火が通りきったら2を入れて、全体によく絡ませます。 少し水分を飛ばしながら炒めたら、長ネギを加えて混ぜ合わせます。 長ネギに火が通ったら水溶き片栗粉を回し入れて、とろみがついたら器に盛り付けて完成です。 里芋 乱切り 2個• A・味醂大さじ1• A・醤油大さじ1強• A・水130cc• 鍋に水 分量外 を張ったらこんにゃくを入れて、 煮立てたらザルに上げて湯切りして臭みを取ります。 再び鍋に水 分量外 を張ったら里芋を入れて、 煮立って1分~2分立ったら 湯切りしてぬめりを取ります。 1と2に生揚げを入れたらAを全て入れて、途中軽くかき混ぜながらぐつぐつと煮ます。 醤油を足さずに味を濃くするとき には弱火で煮込みます。 そのとき 煮汁が無くなり焦げ付かないように注意しましょう。 里芋が柔らかく煮上がったら器に盛り付けて完成です。

次の