ゲッコウガ 育成論 xy。 こだわりのギフトゲッコウガ育成論

ゲッコウガ : 穴を掘るゲッコウガ|ポケモン育成論ORAS・XY|ポケモン徹底攻略モバイル

ゲッコウガ 育成論 xy

概要 の進化系であり、の最終進化系。 体色は濃い青、胸部と腹部・顔はクリーム色に変化し、忍者の忍び装束を思わせる姿になった。 口元を覆うマフラーのように見えるのは伸ばした舌。 代わりにゲコガシラまでの特徴だった首まわりの泡はなくなっている。 より大きな水かきが付いた手の平はを作り出すことができ、持ち前の素早さで敵を翻弄しながら水手裏剣で切り裂く。 その身軽さによる神出鬼没ぶりは、外見も相成って忍者と表現されるほど。 16で• 36で ポケモンずかんの説明文 、 みずを あっしゅくして しゅりけんを つくりだす。 こうそくかいてんさせて とばすと きんぞくも まっぷたつ。 (漢字)水を 圧縮して 手裏剣を 作り出す。 高速回転させて 飛ばすと 金属も 真っ二つ。 、 にんじゃのように しんしゅつきぼつ。 すばやい うごきで ほんろうしつつ みずの しゅりけんで きりさく。 (漢字)忍者のように 神出鬼没。 素早い 動きで 翻弄しつつ 水の 手裏剣で 切り裂く。 36 をさせる。 36 から本編に送る。 US・UM Lv. 色違い:黒• ・ではプレイヤーキャラとして登場。 詳細はを参照。 では中間・総合ともに1位になった。 では、新特性を持つ個体も存在する。 きずなへんげの個体は通常のケロマツ系統と違いタマゴが作れないように設定されている。 また、レーティングバトルでの使用が禁止されている。 タマゴが作れない関係で個体値は3V確定である。 データ上は色違いのサトシゲッコウガも存在しているが、現状では入手不可。 2020年2月27日に行われたポケモン・オブ・ザ・イヤーの投票ではカロス・総合ともに1位になった。 素早さはみずタイプ御三家で最高の数値。 におけるゲッコウガ• でのが進化した形で初登場。 ではサンペイの兄・のポケモンとしても登場。 でのゲコガシラも進化した。 マンガにおけるゲッコウガ 一般的な育成論。 の詳しい対戦考察や育成論は、以下のようなサイトでも取り扱っています。 外部サイトの安全性・正確性・合法性等あらゆる点については、何ら保証しません。 を参照のこと。 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -.

次の

ゲッコウガ育成論(ORAS)

ゲッコウガ 育成論 xy

又、ミリ残りして相手を突破した後も高いSから毒菱挑発ないし削りを入れる事が出来、先制技で死んでも触らせればゴツメが入るため1:1以上の仕事をしやすい。 その他にも ガルーラに削りを入れながら毒菱を撒けたり、イカサマしか打点が無い相手の遂行速度を早めたり出来る等のメリットがある。 逆にラムを失う事によるデメリットだが、悪戯心電磁波を上から浴びた時に痺れを取れないため、その後にどの程度仕事が出来るかが運次第になる。 とはいえ、ボルト裏ゴーリ等の並びならば毒菱さえ撒けばゴーリを封殺出来るため、ボルトの前で1回以上動き、後続がボルトに強ければ勝てる。 又、カバラグ等の展開は上から挑発を撃て、レパガッサに対しても起きた時挑発入れれば間に合うため汎用性はゴツメのほうが高い。 話に聞いたことはありましたが、実際に数値を見たのは初めてで、とても参考にさせていただきました。 恐縮ながら評価させていただきます。 1つ、ラムとの比較を重視されていますが、元々の展開や役割阻止性能をこの論単体でも挙げていただけると、利用者に親切かと思います。 もしくはリンク。 お手数とは思いますが、よろしければご検討いただければと思います。 しかし、耐久や火力の調整をしている以上最低限の被ダメージと与ダメージが必要だと感じました。 元のラムゲッコウガの論のリンクを貼らせて貰いました。 耐久、火力ラインについてですがB方面はファイアローの鉢ブレバ耐えとかなり分かりやすいラインで、D方面はH28しか振ってないため普通のゲッコウガとほぼ同じなので割愛しました。 火力は元の論の配分とHDアローへの乱数がかなり変わると気が付いたのでそれは追加しようと思います。

次の

ゲッコウガ

ゲッコウガ 育成論 xy

種族値、タイプを見てもSが高いだけでしたが、夢特性の へんげんじざいによって、元々覚える技が多かったので火力が増し、広範囲なエースアタッカーになりました。 また、新しい教え技にてダストシュートとけたぐりを習得したので一気に トップ環境になったポケモンです。 基本的にゲッコウガの戦い方はとにかく耐久が低すぎるので先発か死に出しで使い広範囲で全抜きするというのが一般的かと思われます。 このポケモンは本当に様々な技を覚える分、型が多く読まれないので使ってみて色々な役割をこなせますが、弱点はやはり 耐久の低さから先制弱点技やSで負けてるポケモンには滅法弱くなります。 特に Sが122もあるので大体のポケモンを上から殴れる強さがある分、ゲッコウガ抜きで調整してくるスカーフ持ちも増えてきているくらいなので注意が必要です。 ただ、ファイアローや加速バシャーモには みずしゅりけんを持たせると場面によっては勝てるといった様々な工夫があり、努力値もAS振りだったりCS振りだったりで勝てる相手がかなり変わってくるので自分の使いやすいゲッコウガを考えてみて使ってみてはどうでしょうか。 ゲッコウガ:しのびポケモン 努力値について 努力値は、 ASに252振り、 Cに4振りで確定です。 パーティーや対戦相手を想定してのC252振りも考えられるのですが、対ヒードランやメガガルーラを想定してA252振りです。 Sも252振って最速にすれば大抵のポケモンの常に先手を取ることができます。 今回の技構成 タイプ 技名 威力 命中率 こおり れいとうビーム 90 100 どく ダストシュート 120 80 かくとう けたぐり ー 100 みず ハイドロポンプ 110 80 れいとうビーム どのゲッコウガにも必ずは入っているであろう確定技です。 環境トップクラスであるメガボーマンダ(S120)を上から倒せ、他にもサンダーやカイリューなどのドラゴンに刺さります。 また、れいとうビームがあるならカバルドンにタイマンで勝てます。 メガボーマンダはゲッコウガが無振りだろうと1発ですが、H252振りサンダーですとC252振りにすれば高乱数1発になり、丁度無振りラティオスが1発になるのでこれらを意識で努力値も変えるのも良いと思います。 ダストシュート これも確定にしたいのですがパーティによっては他の技にもなり得ります。 主にニンフィアやマリルリ、メガサーナイトなどの対策必須級のフェアリーに対し全て上から1発で倒せるので今の環境には是非欲しいです。 他にもダストシュートを持つことで、不利なウォッシュロトムやヒートロトムもH252振りならば2発で倒せるので等倍でもなかなかの火力になるでしょう。 後はメジャーどころでいったらエルフーンやメガチルタリスといった高耐久のポケモンを1発なので入れたい所です。 けたぐり 候補欄ではありますが、現環境を意識するならかなり役に立てます。 刺さる相手がメガガルーラ、ヒードラン、バンギラスとこれだけで充分採用価値になり、またこれらのポケモンは全て体重が重いので威力も問題なしです。 ただ、A252振りでないとH252振りヒードランは1発、無振りメガガルーラが超高乱数1発にならないのでそこはパーティと相談になるでしょう。 ハイドロポンプ 元から水タイプなので特性は活かされませんが、これもヒードランにも刺さり、ランドロスやヒートロトム、グライオンやドサイドンと刺さる相手が多いです。 特にヒードランはけたぐりでも良く、ランドロス、グライオン、ドサイドンなどの地面タイプはDがあまり高くなくれいとうビームで間に合うのでダストシュートが半減になってしまう等倍相手に打つか、ヒートロトム意識で入れる事になると思います。 その他の技 めざめるパワー 主に「炎」が多いですが、入れるなら大体はナットレイ意識になるでしょう。 ナットレイにはけたぐりでも倒せないので、入れている人も多いと思います。 くさむすび これも4倍弱点意識です。 ラグラージやヌオーなどにも刺さり、スイクンにも唯一高い打点を与えられます。 C252振り+いのちのたまこれでくさむすびでH252振りスイクンのHPを8~9割削れます。 あくのはどう H252振りクレセリアに確定2発の火力が出ますが、あまり範囲はありませんがソーナンスにミラーコートを受けることなく連打で勝てる面白みもあります。 また、追加効果のひるみもなかなか脅威にはなるでしょう。

次の