ラストレター。 映画【ラストレター】を無料でフル動画視聴する方法はU

ラストレター(映画)無料動画配信・レンタルをフル視聴する方法やあらすじ・キャスト・感想

ラストレター

そうですよね、その気持よくわかります。 無料で動画視聴することができればベストですよね。 ひまわり動画や Dailymotion(デイリーモーション)、 PandoraTV(パンドラTV)など、無料で観ることができるサイトで目当ての動画を探したくなりますよね。 私も無料で観ることができないか探したことがあります。 実際に怪しいサイトにアクセスしたこともあります。 その時は怪しすぎて、ウイルス感染が怖く、すぐに閉じてしまいましたが、あとから調べてたところ、ウイルス感染などの被害が出ているサイトでした…。 やはり違法にアップロードされたサイトでの視聴は危ないですね。 こういった経験から、安全に安心して動画が視聴できるサイトを紹介しています。 そしてこの記事を読めば、 映画 『ラストレター』のフル動画を無料視聴することができるので、参考にしてくださいね。 映画 『 ラストレター』はレンタル動画で配信されていて、440円(SD画質)〜550円(HD画質)で視聴することができます。 この中でオススメは無料で視聴ポイントがもらえると、視聴料金が安いです。 無料で視聴したい方はU-NEXTが断然オススメです。 アマゾンプライムビデオは、映画『 ラストレター』の視聴に500円と、一見U-NEXTの550円に比べ安いのですが、 U-NEXTだと、31日間の無料期間に600円分のポイントがもらえるので、『 ラストレター』の視聴に利用することができ、無料で視聴することができます。 無料視聴することはできない (500円の視聴料金がかかる) おすすめ度 無料視聴することができる (550円の視聴料金を、無料期間にもらえる600ポイントを利用して無料視聴することができる) おすすめ度 無料トライアル中に、 有料作品を視聴するためのポイントがもらえるか、もらえないかの違いですが、 は太っ腹ですね! 映画『ラストレター』のフル動画を無料で視聴したい人は、 U-NEXTがもっともおすすめです。 \無料で『ラストレター』を観たい人はこちらをクリック/• 現在 31日間無料トライアルキャンペーン実施中!• 無料トライアル期間に解約すれば タダで利用可能• 映画『ラストレター』だけ無料で視聴して解約してもOK• 見放題動画配信数が 業界No. 無料トライアルでも 600ポイントがもらえるので、有料作品に使用して無料視聴することができる• 1つの契約で最大4つまでアカウントが増やせる! 正直言って、U-NEXTひとつ登録しておくだけで映画、ドラマ、アニメなどジャンル問わず「観れない作品はない」レベルまで楽しむことができます。 無料期間も31日間とたっぷりあるので、継続するかどうかをゆっくり検討できるのも良心的ですね。 『ラストレター』を無料で視聴したい人は、U-NEXTの31日間無料トライアルをぜひ利用してみてくださいね。 \無料で『ラストレター』を観たい人はこちらをクリック/ U-NEXTには「見放題動画」と「レンタル動画」が配信されているんだ! 見放題動画は、月額を払っていればどれだけ視聴しても料金はかかりません。 19万本の見放題動画とは、ほかの動画配信サービスと比べてもかなり多く配信されているので、観たいと思った作品がとにかく見つかります。 映画・ドラマ・アニメなどの主要6ジャンルの見放題作品数の総数で、ほかの動画配信サービスを押さえ、U-NEXTがNo. 1です!! (GEM Partners調べ) 特に 洋画、邦画、アニメ、韓国ドラマが好きな方は、 U-NEXT1択ではないでしょうか。 一度は試しておきたいサービスです。 レンタル作品を視聴する際は、別途料金を支払う必要があります。 しかし、 毎月1,200ポイント(1,200円分)もらえるので、このポイントを利用して「レンタル動画」を視聴すれば料金がかかる心配はありません。 レンタル動画はDVDやブルーレイで発売されたばかりの 最新映画などが配信されています。 配信されるスピードも早く、 DVDリリースと同時、もしくはU-NEXTの方が早く配信されています。 岩井俊二監督が初めて出身地である宮城を舞台にしたラブストーリー 見どころ 自身の出身地・宮城を舞台に岩井俊二監督が、手紙の行き違いをきっかけに始まったふたつの世代の男女の恋愛、それぞれの心の再生と成長を丁寧に描くラブストーリー。 『Love Letter』を感じさせる世界観にも注目。 主人公の裕里を演じる松たか子をはじめ、広瀬すず、庵野秀明、森七菜、神木隆之介、福山雅治ら超豪華キャストが集結。 Dragon Ashの降谷建志とMEGUMIの息子・降谷凪の俳優デビューにも注目だ。 あらすじ 裕里(松たか子)の姉・未咲が亡くなった。 未咲の葬儀に参列した裕里は、未咲の面影を残す娘・鮎美(広瀬すず)から、未咲宛ての同窓会の案内と鮎美に残した手紙の存在を告げられる。 未咲の死を知らせるために行った同窓会で学校の人気者だった姉と勘違いされてしまう。 そこで裕里は、初恋の相手・鏡史郎(福山雅治)と再会、未咲のふりをしたまま鏡史郎と文通することに…。 映画『ラストレター』のキャスト・スタッフの詳細情報 映画『ラストレター』キャスト情報です。 『ラストレター』の制作スタッフ• 監督:岩井俊二• 原作:岩井俊二• 音楽:小林武史• 脚本:岩井俊二• 製作:市川南 映画『ラストレター』の感想評価!口コミ・レビュー 映画『ラストレター』の感想や評価を知りたい人のために、口コミやレビューを集めました。 「ラストレター」凄く面白い。 美しい映画だが、凄く痛々しい部分も突き付けてくる。 書けなくなった作家が、自分の過去を見つめることで、書けるようになる話だが、この部分は、壮絶なものがあり、一見の価値がある。 このメインの部分もいいが、前半の伏線が手紙や文通を巡る話で作られているのが見事だ — よしぼう bafkm 「ラストレター」 洋画やっぱり凄いな、韓国映画も面白いな、と思ってた時に邦画も捨てがたいなと思わせてくれる良い映画でした。 あと、庵野さんの演技がジブリっぽいと思った笑 — mada1 mada1movie 25年前、19歳の時「Love Letter」に感動し泣き。 そして今44歳。 「ラストレター Last Letter」観て号泣。 最初は、やけにポップで面白い映画だなぁと感じ、思っていたのと違うのか!?いや 中盤から涙が止まりません。 こらえるのも大変だし、涙でスクリーン見えにくいし。 最高に美しい映画でした。 無料期間が31日間と最長• 無料期間内の解約もOK• 新作が最速で配信される• 動画配信数が21万本以上(見放題動画19万本以上は業界No. 無料トライアル登録時に600ポイント、毎月1200ポイントもらえる• 4K、フルHDの高画質、高音質で楽しめる• 動画をダウンロードして外出先でも楽しめる• 複数端末での同時視聴も可能• 80誌以上の雑誌読み放題+57万冊以上の電子書籍も配信 31日間も無料で使える期間があるので、まずはゆっくり楽しんでみてはいかがでしょうか。 見放題動画はたくさんあるし、レンタル動画も無料登録時にもらえるポイントで視聴できるので助かります。 『ラストレター』の動画を0円で視聴したい人、大好きなエンタメに囲まれて過ごしたい人は、ぜひ U-NEXTの無料トライアルを利用してみてくださいね。 \無料で『ラストレター』を観たい人はこちらをクリック/.

次の

ラストレター(映画)無料動画配信・レンタルをフル視聴する方法やあらすじ・キャスト・感想

ラストレター

Last Letter/2020(日本)/121分 監督/脚本:岩井 俊二 出演:福山 雅治、松 たか子、広瀬 すず、庵野 秀明、森 七菜、小室 等、豊川 悦司、中山 美穂 答辞に込められた想い 久しぶりに観た岩井俊二の新作は、正直かなりヤバかった。 それは、感傷的な十代の頃憧れていた紗のかかった映像がすっかり影を潜め、あからさまなこっぱずかしい台詞が、劇中に溢れてるから。。 福山雅治、松たか子、広瀬すずに加え、『 』以来、すっかりその演技に釘付けにされてしまう森七菜と、主役級の俳優達がずらりと揃った群像劇は、意外にもスムーズな構成力で、そんなに目移りはしない。 だけど、『 』から実に四半世紀ぶりに岩井組に復活したトヨエツとミポリンからは、かつて纏っていた強烈なオーラがすっかり削げ落ちてしまい、そのいじらしい演技を観ていると、どうしても現実を叩きつけらた時のような、ため息が漏れてきてしまう。。 アラフォー世代は、岩井映画と一緒に青春を過ごしてきたと言っても、過言ではない。 その浮遊感、透明度、或いは胸を締め付けられるような強烈な痛みであっても、それを拭い去る程の色彩美と絶妙な少女達の笑顔が、妄想世界に浸る淡い思い出を、否が応でも盛り上げてくれる。 幼少期の独特の刹那を鮮明に描き、一気に岩井俊二の名をスターダムに押し上げた『 』では、その物理的な距離感と甘酸っぱい恋心の芽生えを。 『 』では、愛し合う恋人同士の感情と反比例する、その栄光と挫折の日々を。 そんな、これまで岩井俊二が貫いてきたものは、言葉で語らず、 すれ違いの感情から生まれる美学だったと、勝手に信じ込んでいたのだけど、、、 「 福山じゃなきゃ、ただのストーカー映画にしか見えないよね。。 」と、心をバッサリ切ってくるツレの一言でやっと我に返ってみたが、どうやら自分もいつの間にかすっかり大人になって、ネット社会の副産物に毒され始めているのかもしれない。。 屈託のない森七菜と、陰のある広瀬すず。 この二人の少女のコントラストは、『 』の頃よりも更に洗練され、岩井映画のナイーヴさを格段に広げてくれるけど、現代を生きる娘とその母親役を、同年代の設定で見事に演じ分け、二人のテンションの違う声が重なり合うように、答辞を読み上げていくその広瀬すずの声色からは、何故か少しだけ 奇妙な違和感を感じる。 何時になく、その行間から迸る 漠然とした寂しさは、劇中の淡いラブストーリーの結晶として解釈するだけで、本当に充分だったのだろうか? あまりに寂寥感の漂うその 逢えなくなる人達へのメッセージには、岩井組では滅多にお目にかかる事のないドローン撮影まで取り入れて、震災からの復興を果たした仙台の街並みの景色が、自然に脳内でオーバーラップしてくる。。 あらすじ 裕里(松たか子)の姉の未咲が、亡くなった。 裕里は葬儀の場で、未咲の面影を残す娘の鮎美(広瀬すず)から、未咲宛ての同窓会の案内と、未咲が鮎美に残した手紙の存在を告げられる。 未咲の死を知らせるために行った同窓会で、学校のヒロインだった姉と勘違いされてしまう裕里。 そしてその場で、初恋の相手・鏡史郎(福山雅治)と再会することに。 勘違いから始まった、裕里と鏡史郎の不思議な文通。 裕里は、未咲のふりをして、手紙を書き続ける。 その内のひとつの手紙が鮎美に届いてしまったことで、鮎美は鏡史郎(回想・神木隆之介)と未咲(回想・広瀬すず)、そして裕里(回想・森七菜)の学生時代の淡い初恋の思い出を辿りだす。 「 25年間、君にまだずっと恋をしているって言ったら、信じますか?」 福山が演じる売れない小説家鏡史郎が、22年前の『 』の純情を経て、すっかり山崎パンのCMよろしく幸せ家族の母に溶け込んだ松たか子へと、突然打ち明けるそのラインの内容は酷く直球だ。 そしてその台詞を、額面通り真に受けて捉えてしまえば、それは世間の大部分の若者がそう感じる様に、ストーカーチックな少し不気味な印象を覚える。 十代への憧憬を色濃く残す岩井映画を、男の変わらぬ願望としてこよなく愛してきた自分でも、正直、このあまりにどストレートな告白は、ちょっとキツイ。 『 式日』への出演の返礼として、劇中の漫画家夫を演じる庵野秀明監督でなくても、そんなラインをひっそり受け取っても飄々としてる妻へ、きっと、ちょっとだけ意地悪な仕打ちをしてみたくなってしまうだろう。 そしてお馴染みの、岩井ワールド全開の淡い文通模様の情景映像が流れ始めれば、あまりに滑稽で、苦笑いしてしまいそうになるトコロだけど、、、 未咲への恋心を抑えきれない鏡史郎と、その彼への恋心が抑えきれない妹裕里。 互いに勝手気ままに、自分の想いばかり独白する二人の手紙のやりとりは、突然止まる。 それは『 』の時の様に、現実世界に引き戻されるからではなく、不意に登場した の存在で。。 この、裕里の義母と、彼女が憧れる老年の英語教師との手紙のやりとりは、すっかり廃れてしまった文通文化の温もりを、伝える為のファクターなのかと思いきや。。。 その風貌は、まるで往年の 夏目漱石の姿にそっくり。。。。 更に職業の類似だけに留まらず、姿形までしっかり寄せてきた監督の思惑に気付いた時、この映画の彼のテーマが、少しだけ見えてきた気がした。 智ちに働けば角かどが立つ。 情じょうに棹さおさせば流される。 意地を通とおせば窮屈だ。 とかくに人の世は住みにくい。 夏目漱石全集3巻「草枕」より抜粋 煩わしい俗世間を憂い、 を追求してみせたという漱石のこの俳句的な小説は、情緒を失いかけた今の自分には、さっぱりその詩情がうまく伝わらない。。 けれど、これをわざわざ、劇中の青年期の未咲と鏡史郎とを結ぶ としても機能させている辺りから、岩井俊二は、 額面通りの言葉の裏に潜むものを、敢えて映像で表す挑戦をし始めたような気も・・・ そう考えると、これまでの浮遊感の漂う映像をめっきり減らし、歯の浮くような台詞を並べる俳優達の描写にも、なんだか奥ゆかしいものが感じられる。 つまり、ちょっと身勝手過ぎる鏡史郎の告白に聴こえたその一文は、岩井俊二の故郷仙台に漂う、 被災者遺族の悠久の声の代弁だったのかもしれない。。 多少古典的ながら、劇中を埋め尽くすノスタルジー感も、淡い走馬灯の様に消えゆく恋模様の風景も、場合によっては、焦燥感を滲ませるトヨエツとミポリンの芝居にでさえも、健気に生き延びた 被災者の現実を映し出すメタファが添えられていたのだとすると、その印象もまるで違って見えてくる。 『 』を彷彿とさせる未咲と裕里の娘、鮎美と颯香が花火をする学校のプールには、25年前の印象的なワンシーンとは実に対照的に、水が張られていない。。 この意図的なセルフオマージュを、監督の遊び心として観るにはあまりにもったいなく、じんわりと胸に染みこんでくるような感覚があった。 それでも、純文学に回顧し始めた彼にしては、少々説明不足なシーンもある。 その王道は、まるで止まっていた時が動き出すかの様に、時計の秒針が部屋に鳴り響く和室で、鏡史郎がいよいよ未咲の遺影と向かい合うシーン。 この客観的に観れば、必ず涙を誘うはずの描写に、二人の 悲恋の経緯を全く語らせない監督の思惑とは、一体なんだったのだろうか? 鏡史郎が小説家を目指し始めたのは、淡い思い出の中の未咲の言葉からだ。 やがて宿の「若い奥様」の那美と知り合う。 出戻りの彼女は、彼に「茫然たる事多時」と思わせる反面、「今まで見た女のうちでもっともうつくしい所作をする女」でもあった。 そんな「非人情」な那美から、主人公は自分の画を描いてほしいと頼まれる。 しかし、彼は彼女には「足りないところがある」と描かなかった。 ある日、彼は那美と一緒に彼女の従兄弟(いとこ)で、再度満州の戦線へと徴集された久一の出発を見送りに駅まで行く。 その時、ホームで偶然に「野武士」のような容貌をした、満州行きの為の「御金を(彼女に)貰いに来た」別れた夫と、那美は発車する汽車の窓ごしに瞬間見つめあった。 そのとき那美の顔に浮かんだ「憐れ」を横で主人公はみてとり、感じて、「それだ、それだ、それが出れば画になりますよ」と「那美さんの肩を叩きながら小声に云う」という筋を背景に、漱石の芸術論を主人公の長い独白として織り交ぜながら、「久一」や「野武士(別れた夫)」の描写をとおして、戦死者が激増する現実、戦争のもたらすメリット、その様な戦争を生み出す西欧文化、それに対して、夏にまで鳴く山村の鶯 ウグイス 、田舎の人々との他愛のない会話などをとおして、東洋の芸術や文学について論じ漱石の感じる西欧化の波間の中の日本人がつづられている。 つまり、その道半ばで文学を模索している鏡史郎は、未咲の幻影の姿しか見ていなかったのだろう。 岩井俊二からのラストレター 『 』のアンサー映画という定番の触れ込みをかなり逸脱して、巧みに 台詞の裏に潜む文学を映像に取り込んでみせた岩井俊二のこの力作に絶賛の票を上げる一方で、結局、ネットで様々な情報を引き出せる現代では、この手の古典的な琴線に触れるような感覚は滅多にない。 現に、これ程の異彩を放ってくれたこの映画の初日にでさえ、若い観客の姿をあまり見る事が出来なかった時には、酷く寂しいキモチで、気分が大分滅入ってきてしまった。 テレビには相変わらず、集中力を途切れさせる早いカット割りの定番医療ドラマが氾濫し続ける現状で、 感情をゆっくり手探りで見つけ出す岩井映画が、年代差を超えて、少しでも浸透していく事を、一ファンとしては切に願いたい。 なので今回は、劇中に流れる 答辞=岩井俊二からのラストレターの全文を、関係者の方から拝借した台本より抜粋して、綴ってみたい。 ご迷惑を十二分に考慮した上でも、劇場に足を運んでくださった方々が、その 文節の背後に秘められた真意を、もう一度咀嚼する為の参考資料として。 「 本日私達は、卒業の日を迎えました。 高校時代は、私達にとって、恐らく生涯忘れ難い、かけがえのない思い出になる事でしょう。 将来の夢は、目標はと問われたら、私自身まだ何も浮かびません。 でもそれで良いと思います。 私たちの未来には、無限の可能性があり、数えきれない程の人生の選択肢があると思います。 ここにいる卒業生一人一人が、今までも、そしてこれからも、他の誰とも違う人生を歩むのです。 夢を叶える人もいるでしょう。 叶えきれない人もいるでしょう。 辛い事があった時、生きているのが苦しくなった時、きっと私達は幾度もこの場所を思い出すのでしょう。 自分の夢や可能性が、まだ無限に思えたこの場所を。 お互いが等しく、尊く、輝いていたこの場所を。 」 尚、著者があまりに不勉強の為、記事の更新に大分手間取ってしまったお詫びと共に、 阪神淡路大震災の発生した1月17日に合わせ、この映画を全国劇場公開してくれた関係者の方々の見えない努力と愛情に、敬服して御礼申し上げます。 「ラストレター」の上映スケジュールは から確認できます。

次の

ラストレターはネットフリックスやHuluで配信なしで見れない?無料で見られるサービスまとめ

ラストレター

岩井俊二は主要作を見ていますがとくに思い入れはありません。 が、岩井俊二にかかってくる形容詞がわからないわけではありません。 この設定が、まったく呑めず、骨がつっかえたまま進む映画でした。 おさななじみ、同窓というものは10年20年30年経っていてさえ、明確なおもかげを残しているものです。 解らないはずがないのです。 強引すぎます。 裕里が乙坂に出会うには、もっとちがう方法があったと思うのです。 いや、ちょっと待ってくださいよ。 まず姉妹は、双子の外見設定を持っていません。 ありえなさすぎます。 ましてや仲多賀井高校は田舎の高校です。 年子ならたいていの生徒が妹を知っているはずです。 むろん、創作なのでありえなくてもいい世界です。 ただ、映画はあるていどリアルな質感をしています。 ありえないことが、気にならないファンタスティック映画ではなく、現実に寄せてくる映画です。 だから、気になるのです。 この飛躍を受け容れられないことは、個人的な岩井俊二観でもあります。 美咲が負った運命にも苛烈な飛躍があります。 でも映画はきれいです。 なにしろ俯瞰の粒立ち。 ぐっーとパンする佳景の気持ちよさ。 青葉城からの眺望を堪能することができます。 ドローンさまさまです。 しかし見進めるうちに、勘違いに気づきました。 おもいすごしかもしれませんが、岩井俊二をはじめて解った気になりました。 ファンタジーなのです。 米仏合作の恋愛オムニバス映画New York, I Love You(2009)を個人的な野心を持って見ました。 これは楽しい試みでしたが、当たりませんでした。 わたしが岩井俊二がなにか解っていなかったからです。 いまおもえば岩井俊二が担当したオーランドブルームとクリスティーナリッチのパートには、むしろ露骨なほど、岩井俊二があらわれていました。 会わない男女のやりとりです。 てがみはありませんが、会わずにやりとりしていくうちに、うちとけ、恋愛感情にむすびつく話です。 あきらかに独自性のあるパートでした。 恋愛譚オムニバスなので会える結末でしたが、ラストレターで解った岩井俊二は、いわば永遠に会えないけれど感応している恋愛です。 ただし、個人的に「距離や時間で会えない恋愛」の作家として知っているのは新海誠なのです。 映画を見る人が、感じる現象のひとつに、にわとりとたまごがあると思います。 岩井俊二を知っていて、その世界観を知っているつもりです。 これは、とても重要な現象だと思います。 それに異論はありません。 その傘下で影響を受けたクリエイターが二次創作し、二次に影響を受けて三次創作され、・・・四次五次と、新しい世代ごとに原初の魂は薄まっていきます。 魂は薄まっていきますが、観衆としては、本家本元より、その影響下でつくられたもののほうが、面白い。 影響を受けた映画が、古典でない監督は、たいてい優れた映画監督ではありません。 わたしが才能があると感じる映画監督が、影響を受けた映画として挙げるのは、たいていプリミティブ(原始的)な創始者です。 長いこと、それが不思議でした。 なぜなら、わたしが才能を感じる映画は、その創始よりも、もっと複雑な心象を語り得ているからです。 創始よりも、ずっと面白いからです。 それは、当然といえば当然の進化ですが、このロジックを知らないと、古典を楽しむことができません。 古くて評価の高い映画が、なぜ評価が高いのかを知るには、その二次三次四次を、度外する必要があります。 われわれは、そこから派生した、数多くのもっと面白いものを知っているからです。 もちろん映画をどう見るかは当人の自由ですが、これが映画のにわとりとたまごです。 どっちが先か考えます。 しかし、二次三次四次とて、それが本物になってしまうと、煎じ物ではなくなります。 新海誠を見た者にとって、そこが創始に変わるのです。 『~中略。 そのなかでも、とりわけスタージョンの影響が強いのはサミュエル・R・ディレーニイである。 ある意味でどこか完成しきっていないようなもどかしさを残すスタージョンの世界が、もしもひとりで成長していってバランスのとれた宝石になっていったとしたら、それはおそらくディレーニイの諸篇に非常に酷似したものになるにちがいない。 作中人物の口を借りて、彼みずからがスタージョンを賛美する『エンパイア・スター』はもとより、「流れガラス」や「スター・ピット」に見え隠れする色調は、スタージョン以上にスタージョンらしさがでている。 』 (ハヤカワ文庫版シオドア・スタージョン著、矢野徹訳「人間以上」の水鏡子のあとがきより) 小説でも映画でも音楽でも、知らずのうちに、わたしたちはこのことを、多く体験しているはずです。 元祖がいて、その元祖からの脈を経て、世代ごとに、わたしたちが熱中するクリエイターがいるはずです。 たとえばジョーダンピールはスパイクリー以上に洗練された手口でスパイクリーのようなことを語っています。 長く映画を見ていると、そのことに気づきます。 往々にして、後発のほうが、ずっと器用なのです。 才能を感じる映画監督が『ある意味でどこか完成しきっていないようなもどかしさを残す』古典を偏重していることがあります。 なるほどファンタジーなのであれば、前述したありえなさが気になりません。 やっと岩井俊二が解りました。 幼少時と現在がパラレルになっています。 森七菜が印象的でした。 密かに寄せる恋心が伝わること、と同時に、感傷へおちいるところを天真爛漫でぱっと回避します。 むしろ広瀬すずが大人びて見えます。 森七菜には演技の気配がなく、若さが見せる刹那の輝きをとらえていたと思います。 そのリリカルは岩井俊二の独壇場でした。 多くの人々が感じる岩井俊二はそのような少女のリリシズムです。 個人的にはそこに感興しませんが、おそらく多くの観衆が岩井俊二をそのように解釈しているはずです。 これはラッキーな誤謬でもありましたが、もとより映画をどう楽しむかは各々の勝手です。 ですが、それは岩井俊二の枝葉に過ぎません。 この映画をさらに楽しむなら、前でも後でもかまいませんが、ラブレター(1995)を見ることです。 混濁する人物相関と思い出。 主人公は死者です。 おもえば最初からファンタジーの作家でした。 『ある意味でどこか完成しきっていないようなもどかしさを残』していますが、ラブレターが原初でした。 そして25年の時をへだてて、かんぜんに一貫している岩井俊二を知ることができます。

次の