飛行機 キャンセル。 格安航空券のキャンセル料はかかるの?LCCのデメリット

飛行機の航空券のキャンセル料はいつからかかるのか

飛行機 キャンセル

広告 利用者の都合で払い戻す場合 飛行機の利用者、つまりあなたの都合が悪くなり、予約していた飛行機に乗らない場合には、手数料を支払えばチケットを払い戻すことができます。 JAL、ANA、スカイマークなどの大手・中堅航空会社のチケットは、すべて手数料を差し引いて払い戻しが可能です。 一方、LCCでは払い戻せないチケットもあります。 飛行機に乗れないと分かったときは、予約便の出発時刻までに取消手続きを行ってください。 予約便の出発までに取り消さなかった場合、キャンセル料(取消手数料)の値段がぐっと上がります。 取消手続きは、航空会社のホームページや電話予約センター、空港カウンターで行うことができます。 LCCの払い戻し不可のチケットでは、原則として取消手続きをする必要はありません。 手続きをしてもお金が戻ってこないからです。 飛行機が欠航になった場合 搭乗予定の飛行機が欠航した場合は、振替または払い戻しの対応になります。 払い戻しの場合は、どんな航空券でも無手数料で払い戻されます。 LCCでも全額払い戻しが原則です。 当日払い戻し手続きができます。 当日以降は、10日以内なら手続きして払い戻されます。 払い戻し手続きは、航空会社の電話予約センター、空港カウンターで行うことができます。 航空券の払い戻しに必要なもの 飛行機のチケット(航空券)を払い戻すときには、便名と予約時の番号(予約番号や確認番号など)、搭乗者の氏名を伝えなければなりません。 クレジットカードでの返金には、購入時に使用したクレジットカードが必要です。 コンビニエンスストアで航空券を購入したときは、購入した際の「お客様控え」のレシートが必要になる場合があります。 したがって、このレシートは絶対になくさないようにしましょう。 広告 航空券の払い戻しの手続き 飛行機のチケット(航空券)を払い戻すときは、「支払った方法で返金される」というのが原則です。 クレジットカードで支払ったらクレジットカードに返金されます。 現金で購入した場合は航空会社のカウンターで現金で払い戻してくれます。 あるいは、銀行振込も可能です。 コンビニエンスストアで購入した場合も、銀行振込してもらえます。 実際の手続きは、航空会社のホームページの「予約・確認」などのタブから、必要情報を入力し予約を取り消すと返金方法が提示され、返金されます。 また、電話予約センターに電話をして、便名や予約番号などを伝えると、キャンセル・払い戻し手続きをしてくれます。 その際には、所定の払戻手数料・取消手数料が差し引かれた金額が返金されます。 航空券の払戻期間 航空券の払い戻しができるのは、予約便の出発日から起算して10日以内です。 これをすぎると、払い戻しができるチケットでも払い戻しに応じてくれなくなりますので注意が必要です。 なお、予約変更ができる運賃で購入した場合で、予約便の出発前に予約を取り消した場合には、航空券の有効期間満了日の翌日から起算して10日以内まで払い戻せます。 航空券の有効期間は一般的に90日です。 病気の場合は無手数料になる場合も 航空会社では、利用者が病気などの理由で旅行不可能な場合、払戻手数料・取消手数料を適用せず、全額払い戻しをするという特例があります。 医師の診断書の提出などが必要です。 予約の変更・取り消しは、当該便の出発前までに行わなければなりません。 ほとんどの航空会社にこの「病気特例」があります。 ただし、ピーチなどLCCの一部では「旅行の延期」は認めても返金は認めていません。

次の

飛行機チケットをキャンセルする方法・返金方法が知りたい!

飛行機 キャンセル

広告 飛行機のキャンセルは出発時刻前に! 飛行機に乗らないと決まったら、まずはその飛行機の出発時刻前に連絡することが鉄則です。 出発時刻前と後とではキャンセルに関する手数料に差があり、出発後では戻ってくる金額が少なくなるか、全くお金が戻ってこないこともあるからです。 空港までのバスの遅れなどで乗り遅れることが確定しまった場合も、出発時刻前に電話などでキャンセルを伝えましょう。 飛行機のキャンセルはどう手続きする? 飛行機に乗るのをキャンセルする場合の手続きは「取消」と「払戻」に分かれます。 取消とは、飛行機の予約を取り消すこと、払戻とはチケット代金を返してもらうことです。 飛行機のチケットを購入するときは「予約する」と「航空券を購入する」の2段階があります。 チケットをキャンセルするときにも「予約を取り消す」「航空券を払い戻す」という2段階があるのです。 「取消」と「払戻」の手続きは、通常一体で行われます。 ですから深く意識する必要はありませんが、段取りとしては2段階ある、ということを理解しておきましょう。 飛行機のキャンセル料のしくみは? 飛行機を実際にキャンセルするときは、取消手数料と払戻手数料の2つの手数料がかかります。 取消手数料は運賃種別ごとに定められていて、たとえば普通運賃なら無料です。 「旅割」や「先得」などの早期購入割引運賃の場合は、数千円の取消手数料が必要です。 払戻手数料は、航空券そのものを払い戻すときにかかる手数料で、どんな運賃種別の航空券でも払戻時には必要です。 金額は航空会社ごとに一律に決められていて、400円~500円程度です。 つまり、 「購入金額」-「取消手数料」-「払戻手数料」=「返金額」 となります。 この「取消手数料」と「払戻手数料」をあわせた金額が「キャンセル料」と考えておけばいいでしょう。 広告 飛行機のキャンセル方法 飛行機のチケットをキャンセルするには、インターネットと電話、窓口の3つの方法があります。 一番簡単なのは電話です。 航空会社の予約センターに電話して、キャンセルの便名、予約番号、氏名などを伝えればキャンセルできます。 インターネットでは「予約確認・変更・取消」などのページにアクセスし、自分の予約内容を表示させます。 その画面に「取消」というリンクがありますので、そこからキャンセル手続きに進みます。 キャンセル時のお金はどうやって戻ってくるのでしょうか。 これは、「支払った方法で返金する」というのが原則です。 クレジットカードで支払ったらクレジットカードに返金されます。 クレジットカードの毎月の引き落としの際に、返金分が相殺されるということです。 返金額が引き落とし額より高額の場合は、クレジット会社が引き落とし口座に振込をしてくれます。 現金で購入した場合は、航空会社の窓口で現金で払い戻してくれます。 あるいは、自分の銀行口座に振込みしてもらうことも可能です。 コンビニエンスストアで購入した場合も、銀行振込が基本になります。 こうした返金方法のルールは、航空会社によって若干異なります。 旅行会社で購入した場合の注意点 旅行会社で航空券を購入した場合は、原則としてその旅行会社でしかキャンセル・返金ができません。 したがって、キャンセルをする場合もまずはその旅行会社の窓口に行くか、電話をしましょう。 航空会社に電話しても、キャンセルの手続きすらできない場合があります。 旅行会社で現金購入した場合は、旅行会社の窓口で返金されますし、旅行会社でクレジットカードで購入した場合は、クレジットカードで返金になります。 コンビニエンスストアで購入した場合の注意点 コンビニエンスストアで購入した場合は、キャンセル手続きは航空会社のホームページや電話予約センターでできます。 返金時にはコンビニで購入した際の「お客様控え」のレシートが必要になる場合があります。 したがって、このレシートは飛行機の搭乗が終わるまで絶対になくさないようにしましょう。 出発時刻後のキャンセル 飛行機の出発時刻が過ぎてしまった場合も、乗らなかったのなら返金が受けられる場合があります。 返金されるかどうかは航空券の運賃種別によります。 出発時刻後に返金が受けられる場合、 出発日から10日以内が原則です。 それ以降は一切の払い戻いは受けられません。 乗り遅れた場合などは、すぐに返金手続きをしましょう。

次の

乗る予定の飛行機が欠航になったらどうする?返金してもらえるの?

飛行機 キャンセル

キャンセルを行ってから、新たに航空券をご予約ください。 Q・悪天候の場合でもどうしても乗りたいので事前に便を変更できませんか? A・遅延・欠航が見込まれる便、または遅延・欠航が確定した便はお振替が可能な場合がございます。 振替便や空席状況につきましては、お手数ですが各航空会社にお問い合わせいただくか、航空会社ホームページにてご確認ください。 振替される場合、弊社でのお手続きは必要ございません。 Q・悪天候・機材故障等で欠航した場合はどうなりますか? A・欠航が決まり別の便に振替を希望される場合は、空港カウンターまたは各航空会社予約センターにて振替手続きが可能です。 弊社では振替手続きを承ることができませんので、必ず直接航空会社へお申出ください。 振替される場合、弊社でのお手続きは必要ございません。 Q・突然の怪我や病気等で予約便に搭乗できなくなった場合、変更は可能ですか? A・お客様ご本人、またはご同行のお客様のご病気等を理由とした変更は承ることができません。 飛行機のご利用が難しい場合には、医師の診断書等の提出を条件に、航空会社所定のキャンセル料は免除となる場合がございます。 (事務手数料、弊社取扱料金、電話予約料金はご返金対象外です) マイページまたは予約確認ページにてお手続きをする際に、備考欄へその旨をご申告ください。 必要な申請書類やご提出方法等は、別途メールにてご案内させていただきます。 キャンセルのお手続き方法• マイページまたは予約確認ページにてお手続き• 受付完了 Q・悪天候や機材故障等によってキャンセルする場合はどうなりますか? A・ 搭乗日より7日以内に、通常通りキャンセルのお手続きをお願い致します。 悪天候や機材故障等により欠航、遅延が発生した場合、航空会社所定のキャンセル料は免除となります(事務手数料、弊社取扱料金、電話予約料金はご返金対象外です)。 キャンセルを承る際に、お客様からのご申告の有無に関わらず、これらに該当する場合には、航空会社からの判断によりキャンセル料金が処理されますのでご安心ください。 返金額については、キャンセル受理後、7日以内にメールにてお知らせさせていただきます。 Q・突然の怪我や病気等でキャンセルする場合はどうなりますか? A・ マイページまたは予約確認ページにてお手続きをする際に、備考欄へその旨をご申告ください。 お客様ご本人、またはご同行のお客様のご病気等を理由として、飛行機のご利用が難しい場合には、医師の診断書等の提出を条件に、航空会社所定のキャンセル料は免除となる場合がございます。 (事務手数料、弊社取扱料金、電話予約料金はご返金対象外です)。 必要な申請書類やご提出方法等は、別途メールにてご案内させていただきます。 キャンセル受付完了 マイページまたは予約確認ページからお手続きいただきますと「受付完了のご案内」のメールをお送りします。 返金額の確定 キャンセル受付から、 7日以内にキャンセル確定メールをお送り致します。 払戻額をお知らせ致します。 クレジットカード決済の場合には、ご利用いただいたクレジットカードへご返金致します。 ご返金までに3ヶ月以上かかる場合がございますので、予めご了承ください。 払戻金額の振込手数料はお客様負担となります。 銀行口座へご返金となるお客様については、返金額確定の後、メールにて口座番号の確認をさせていただきます。 クレジットカードへの返金手続き完了メールが届いた後の返金状況につきましては、お手数ですがご利用いただいたカード会社へお問い合わせくださいますようお願い致します。 弊社からの返金名義は下記の通りです• 振込:カ)アドベンチャー• 券種・キャンセルいただくタイミングにより変動します。 エア・ドゥ(ADO) 券種ごとに、下記の料金がキャンセル料として発生致します。 券種・キャンセルいただくタイミングにより変動します。 AIRDOスペシャル28・45・55・75 の航空券は出発後のキャンセルですと払戻不可となります。 IBEXエアラインズ(IBX) 券種ごとに、下記の料金がキャンセル料として発生致します。 券種・キャンセルいただくタイミングにより変動します。 オリエンタルエアブリッジ(ORC) 券種ごとに、下記の料金がキャンセル料として発生致します。 券種・キャンセルいただくタイミングにより変動します。 ソラシドスペシャル、バーゲン28・35・60・75の航空券は出発後のキャンセルですと払戻不可となります。 日本航空 JAL, JAC, JTA, RAC 券種ごとに、下記の料金がキャンセル料として発生致します。

次の