七つの大罪作画崩壊。 【七つの大罪神々の逆鱗】アニメ12話 ネタバレ・考察・感想 作画崩壊が凄まじい

七つの大罪〜神々の逆鱗〜13話感想プチ「作画が気になって内容が入ってこなかった」

七つの大罪作画崩壊

〈聖戦の記憶〉という言葉が第2話のタイトルになった理由は、キングとディアンヌが、聖戦が行われていた時代である3000年前のブリタニアに送り飛ばされるからです。 3000年前のブリタニアの聖戦を経験することで、キングとディアンヌは成長をしていくようです。 キングとディアンヌがドロールたちにさらわれる• キング・ディアンヌ 対 ドロール・グロキシニア• ドロールたちが与えた試練:強くなること• 3000年前のブリタニア時代:化石の谷 第2話に初登場したキャラクター一覧• マトローナ(巨人族の戦士長)• ゲラード(妖精王の補佐)• ドロール(十戒-忍耐)• グロキシニア(十戒-安息) キングとディアンヌがドロールにさらわれる キングとディアンヌは、メリオダスが死んだと信じており、今のままで戦いをしては勝ち目がないと、守りを強化することを考えていました。 キングは、メリオダスが殺された日以来、グロキシニアとドロールに動きがないので、怪しいと嫌な予感がしています。 妖精のゲラードは、誰かから見られているような視線を感じます。 気のせいかもしれないと思い直し、ディアンヌたちや妖精たちと、みんなで楽しい音楽と共に踊りだします。 しかし、ゲラードは音楽が止まる間際に、グロキシニアを間近に感じました。 「良かったっす。 生きていてくれたんすね。 」 グロキシニアはそう言って、ゲラードの余韻を残していきました。 同時に、キングとディアンヌは、ドロールとグロキシニアにさらわれてしまいました。 キング・ディアンヌ 対 ドロール・グロキシニア キングとディアンヌが目を覚ますと、そこは魔術で作られた空間の中でした。 岩壁は弾力性を持っており、キングたちは脱出することもできません。 半ば最後を意識したディアンヌとキングは、精一杯ドロールたちと戦います。 しかし、ディアンヌとキングには、勝ち目がなく、2人とも倒れてしまいます。 そんな時、最後のトドメを期待したキングに、ドロールたちは試練を与えると言います。 ドロールたちが与えた試練:強くなること ドロールたちがキングたちに与えた試練、それは強くなることでした。 かつて、ドロールは巨人族の王として、グロキシニアは妖精族の王として君臨していたと、ドロールは説明します。 キングは「十戒は僕らの敵だ!」と言いますが、グロキシニアたちは、「(自分たちを敵視する)気持ちは分かるが、自分たちは魔神族に属さない」と言い、魔神族と戦った過去を明かします。 ドロールとグロキシニアの後輩にあたるキングとディアンヌは、試練を受けて立ち、成長することを望むのでした。 すると、グロキシニアは魔術を使って、キングをグロキシニアに、ディアンヌをドロールの姿にして3000年前のブリタニア時代へ送り飛ばしたのでした。 3000年前のブリタニア時代:化石の谷 3000年前のブリタニアに送り飛ばされたキングとディアンヌは、自分たちの姿がグロキシニアとドロールに変わっていたことに驚きますが、メリオダスと再会することになりました。 元の現実の世界でメリオダスは死んだはずと思っていた2人ですが、一緒にいたエリザベスが女神族の姿であることをきっかけに、3000年前のブリタニア時代に飛ばされたことに気が付きます。 メリオダスに事情を伝えようとした2人ですが、メリオダスはキングもディアンヌも知らないと言います。 ひとまず、キングとディアンヌは、グロキシニアとドロールになりきることにしたのでした。 メリオダスに連れられた場所は、 化石の谷でした。 暴れまわっている魔神たちを、メリオダスはどんどんやっつけていきます。 キングは強さが足りない自分たちを足手まといとさえ感じているのでした。 3000年前のブリタニアに飛ばされたキングとディアンヌは、本当に弱々しく見えました。 七つの大罪は、元の世界では最強なメンバーと認識していましたが、強さで言えば、上には上がいるのですね。 3000年前のブリタニアにいたメリオダスは、やっぱり強かったので、やっぱり団長は七つの大罪の中で桁外れに強いのかと、尊敬し直しました。 メリオダスの方が歴史が長いのですよね。 結局、経験が強さに比例するということなのですよね。 キングとディアンヌには、さらなる経験を積むことで、さらに強くなって頂きたいと思いました。 さて、ここまでは物語の感想でしたが、ここからは、作画崩壊や白い血が赤い血に戻っている違和感について感想を述べたいと思います。 登場キャラクターたちの顔が、若干違うのですよね。 作画に違和感を感じたのは、私だけではなかったようで、少し話題になっています。 Rei96452849 メリオダスに関しては、場面によってはピノキオみたいなことになっていますし、また他の場面によっては、食べることが大好きなボーッとしたキャラみたいな顔になってしまっています。 エリザベスの顔にもかなり違和感があり、登場した時は、3000年前のブリタニア時代だから顔が違うのかななんて思いましたが、いや、やはり単純に、顔に違和感が出ているようです。 キャラクターの顔って、性格や心がにじみ出ているものなので、今後キャラ設定が崩れるなどの残念なことにならないことを願っています。 作画崩壊〈白い血が赤い血に戻っている〉 もう1つ、作画で気がついた点ですが、前回の第1話では、血が出るはずのシーンがいくつかあったのですが、血が白かったのですよね。 最初は、攻撃の光が強すぎて・・・なのか?とも思いましたが、やはり、血が白かったのです。 しかし、今回の第2話では、血は赤く描かれていました。 こんな感じの血はいいやな~ — 冬生まれの代表 sfFi32SdiWswUHd 第1話の血が白かった理由は何だったのか気になるところです。 本来、アニメを楽しむ上で、作画とかの細かいところは気にするべきではないのかもしれませんが、アニメに入り込んでいるからこそ、作画が変わったり崩れたりすると、細かいことで違和感を感じてしまうのですよね。 「七つの大罪」「聖戦の予兆」「戒めの復活」では、佐々木啓悟さんがキャラクターデザインを担当していました。 「神々の逆鱗」では、西野理恵さんがキャラクターデザインを担当しています。 アニメーション制作担当も、今まで「A-1 Pictures」が行っていましたが、「神々の逆鱗」ではスタジオディーンが行っています。 こういったことも、作画が変わっていることに関係しているのかもしれませんね。 キングとディアンヌには、ぜひとももっともっと強くなっていただきたいものです。

次の

【3期再来】メリオダスの目が…荒野行動、七つの大罪コラボで作画崩壊

七つの大罪作画崩壊

〈聖戦の記憶〉という言葉が第2話のタイトルになった理由は、キングとディアンヌが、聖戦が行われていた時代である3000年前のブリタニアに送り飛ばされるからです。 3000年前のブリタニアの聖戦を経験することで、キングとディアンヌは成長をしていくようです。 キングとディアンヌがドロールたちにさらわれる• キング・ディアンヌ 対 ドロール・グロキシニア• ドロールたちが与えた試練:強くなること• 3000年前のブリタニア時代:化石の谷 第2話に初登場したキャラクター一覧• マトローナ(巨人族の戦士長)• ゲラード(妖精王の補佐)• ドロール(十戒-忍耐)• グロキシニア(十戒-安息) キングとディアンヌがドロールにさらわれる キングとディアンヌは、メリオダスが死んだと信じており、今のままで戦いをしては勝ち目がないと、守りを強化することを考えていました。 キングは、メリオダスが殺された日以来、グロキシニアとドロールに動きがないので、怪しいと嫌な予感がしています。 妖精のゲラードは、誰かから見られているような視線を感じます。 気のせいかもしれないと思い直し、ディアンヌたちや妖精たちと、みんなで楽しい音楽と共に踊りだします。 しかし、ゲラードは音楽が止まる間際に、グロキシニアを間近に感じました。 「良かったっす。 生きていてくれたんすね。 」 グロキシニアはそう言って、ゲラードの余韻を残していきました。 同時に、キングとディアンヌは、ドロールとグロキシニアにさらわれてしまいました。 キング・ディアンヌ 対 ドロール・グロキシニア キングとディアンヌが目を覚ますと、そこは魔術で作られた空間の中でした。 岩壁は弾力性を持っており、キングたちは脱出することもできません。 半ば最後を意識したディアンヌとキングは、精一杯ドロールたちと戦います。 しかし、ディアンヌとキングには、勝ち目がなく、2人とも倒れてしまいます。 そんな時、最後のトドメを期待したキングに、ドロールたちは試練を与えると言います。 ドロールたちが与えた試練:強くなること ドロールたちがキングたちに与えた試練、それは強くなることでした。 かつて、ドロールは巨人族の王として、グロキシニアは妖精族の王として君臨していたと、ドロールは説明します。 キングは「十戒は僕らの敵だ!」と言いますが、グロキシニアたちは、「(自分たちを敵視する)気持ちは分かるが、自分たちは魔神族に属さない」と言い、魔神族と戦った過去を明かします。 ドロールとグロキシニアの後輩にあたるキングとディアンヌは、試練を受けて立ち、成長することを望むのでした。 すると、グロキシニアは魔術を使って、キングをグロキシニアに、ディアンヌをドロールの姿にして3000年前のブリタニア時代へ送り飛ばしたのでした。 3000年前のブリタニア時代:化石の谷 3000年前のブリタニアに送り飛ばされたキングとディアンヌは、自分たちの姿がグロキシニアとドロールに変わっていたことに驚きますが、メリオダスと再会することになりました。 元の現実の世界でメリオダスは死んだはずと思っていた2人ですが、一緒にいたエリザベスが女神族の姿であることをきっかけに、3000年前のブリタニア時代に飛ばされたことに気が付きます。 メリオダスに事情を伝えようとした2人ですが、メリオダスはキングもディアンヌも知らないと言います。 ひとまず、キングとディアンヌは、グロキシニアとドロールになりきることにしたのでした。 メリオダスに連れられた場所は、 化石の谷でした。 暴れまわっている魔神たちを、メリオダスはどんどんやっつけていきます。 キングは強さが足りない自分たちを足手まといとさえ感じているのでした。 3000年前のブリタニアに飛ばされたキングとディアンヌは、本当に弱々しく見えました。 七つの大罪は、元の世界では最強なメンバーと認識していましたが、強さで言えば、上には上がいるのですね。 3000年前のブリタニアにいたメリオダスは、やっぱり強かったので、やっぱり団長は七つの大罪の中で桁外れに強いのかと、尊敬し直しました。 メリオダスの方が歴史が長いのですよね。 結局、経験が強さに比例するということなのですよね。 キングとディアンヌには、さらなる経験を積むことで、さらに強くなって頂きたいと思いました。 さて、ここまでは物語の感想でしたが、ここからは、作画崩壊や白い血が赤い血に戻っている違和感について感想を述べたいと思います。 登場キャラクターたちの顔が、若干違うのですよね。 作画に違和感を感じたのは、私だけではなかったようで、少し話題になっています。 Rei96452849 メリオダスに関しては、場面によってはピノキオみたいなことになっていますし、また他の場面によっては、食べることが大好きなボーッとしたキャラみたいな顔になってしまっています。 エリザベスの顔にもかなり違和感があり、登場した時は、3000年前のブリタニア時代だから顔が違うのかななんて思いましたが、いや、やはり単純に、顔に違和感が出ているようです。 キャラクターの顔って、性格や心がにじみ出ているものなので、今後キャラ設定が崩れるなどの残念なことにならないことを願っています。 作画崩壊〈白い血が赤い血に戻っている〉 もう1つ、作画で気がついた点ですが、前回の第1話では、血が出るはずのシーンがいくつかあったのですが、血が白かったのですよね。 最初は、攻撃の光が強すぎて・・・なのか?とも思いましたが、やはり、血が白かったのです。 しかし、今回の第2話では、血は赤く描かれていました。 こんな感じの血はいいやな~ — 冬生まれの代表 sfFi32SdiWswUHd 第1話の血が白かった理由は何だったのか気になるところです。 本来、アニメを楽しむ上で、作画とかの細かいところは気にするべきではないのかもしれませんが、アニメに入り込んでいるからこそ、作画が変わったり崩れたりすると、細かいことで違和感を感じてしまうのですよね。 「七つの大罪」「聖戦の予兆」「戒めの復活」では、佐々木啓悟さんがキャラクターデザインを担当していました。 「神々の逆鱗」では、西野理恵さんがキャラクターデザインを担当しています。 アニメーション制作担当も、今まで「A-1 Pictures」が行っていましたが、「神々の逆鱗」ではスタジオディーンが行っています。 こういったことも、作画が変わっていることに関係しているのかもしれませんね。 キングとディアンヌには、ぜひとももっともっと強くなっていただきたいものです。

次の

【3期再来】メリオダスの目が…荒野行動、七つの大罪コラボで作画崩壊

七つの大罪作画崩壊

そしてFTのCMで七つの大罪4期がなぜかテレ東にw 七つの大罪ってMBS制作だったはずじゃ なんでスーパーアニメイズムでやらないんだ? アニメイズム枠増やしたんなら炎炎枠でいいんじゃ? — k-ty 通りすがりの世界の破壊者 kty72276404 アレ?! 七つの大罪、今度はテレ東なんだ! ヒロアカは数年前に日テレになったんだっけ? なぜに放送局移動するんだ? — 腐った黒猫 kietenakunaru00 七つの大罪・第3期「神々の逆鱗」がテレビ東京で放送されるようになったのは、単純にスポンサーが変更になった事が予想されます。 実はビックタイトルの作品の放送局の変更は近年のアニメーションで度々確認されています。 変更前 変更後 僕のヒーローアカデミア TBS系列 日本テレビ系列 進撃の巨人 TBS系列 NHK総合 ヒロアカの場合、2期から日テレ系列、進撃の巨人はseason3からNHK総合での放送になりました。 こちらも同様でスポンサーの変更や、テレビ会社のアニメ枠の都合や予算などの関係で変更された可能性が高いと思われます。 今回の七つの大罪においては、前作まで放送局でもあったMBS TBSの系列会社 やソフト販売を担当していたアニプレックスなど大きなスポンサー会社が離れた事が大きな要因だと思います。 アニメ制作会社もアニプレックスと同じSONYグループのA-1picturesからスタジオディーンに変更されました。 作画の違いを感じるのはアニーメーション会社の変更も大きな要因の一つです。 スポンサーが離れてしまった理由として考えられるのは、前作までのアニメからのグッズや付随するサービスなど、様々な売り上げ、映画の成績などを見てTBS系とSONYは「七つの大罪」に出資することをやめたのだと考えれらます。 しかし、七つの大罪ほどの人気作を打ち切りにしてしまうのは、制作側サイドとしても不本意であり、アニメの継続を望んだスタッフと新たに契約したのがテレビ東京やスタジオディーンであったと予想します。 現在に到るまでのテレビ東京で放送しているアニメーション作品はディーン作品も多数放送されており、その枠に「七つの大罪」も含まれたという事になります。 その他にもテレビ局同士でやり取りが存在することも可能性としては高そうですね。 TBSで放送しなくなった理由について 七つの大罪ってTBS系列でやってた気がすんだけど、今テレ東なのな。 ヒロアカもTBS系列だったような。 — ともや tmy0820 七つの大罪…作画が批判されてる…。 そりゃ当たり前。 夕方・朝アニメの放送撤退した TBS MBS制作 が悪い。 hatokichi. 現代、動画配信サービスなど多数ある中で、アニメ関係に関してはターゲット層としてもインターネットに非常に強い層がひしめき合ってる所だと思います。 若者のTV離れが顕著なので、テレビのあり方が変わりつつある状況で、「七つの大罪」のような作品を扱ったとしても視聴率が大きく取れない可能性が高いからではないかと推察します。 逆に、「七つの大罪」のようなビックタイトルであれば、別の放送局の方が上手く扱える、またはテレビ局側の方針としてアニメを強化したい。 など、プラスの面で交渉した上で、変更した可能性も否定できません。 いずれにせよ、テレビのあり方を感じる変更であると感じています。 作画崩壊の理由は?会社は?(作画比較も) 七つの大罪のアニメ最新話が作画崩壊ヤバすぎるんだが…… — A〆Hawkeye ホークアイ ゲーム垢 avengers1285247 誰ー??そして何故メリオダスの闇が紫がかってないんだ!三枚目は二期のガラン戦 — A〆Hawkeye ホークアイ ゲーム垢 avengers1285247 七つの大罪は順調に原作のストーリーを進んでいますが、 作画崩壊が酷すぎると多方面で声が上がっています。 個人的にも「戒めの十戒」までのアニメと比較すると差は歴然だと感じています。 正直、ストーリーにも影響が出るレベルではないでしょうか。 「神々の逆鱗」のPVなど、多用される物は作り込まれているため、大きく変化を感じませんが(それでも多少作画に違和感はある)、各話数のストーリーの作画は明らかに劣化していると思います。 本当に作画崩壊が酷い。 原作者やファン、声優の人に失礼だと思う。 共感してくれる人は、いいねやリツイート、コメントよろしくお願いします。 1枚目は、1期。 2枚目からは今の作画。 — 🍀ネコハチ🍀 NECOHACHISS こちらのメリオダスやエスカノールに関しては、もはや別人に感じる程ですね。 では、「神々の逆鱗」では作画を担当しているのは、上記で述べたように、アニメーション会社の変更も大きな要因として考えられます。 そして、作画・総作画監督は各話数ごとに担当を入れ替えているようです。 話数によって多少誤差が出るのはそのせいである事がわかります。 過去の「七つの大罪」作品と比較して、A-1picturesのスタッフが引き継いでいるか確認してみましたが、全て別の人物が作画関係は担当しているようです、 よって、会社自体の変更により、作る人や最終的に決定も違うため、OKの基準も異なるのだと思われます。 ただ、スタジディーンも作品によっては、非常に評価の高いアニメーション会社です。 ログ・ホライズン2期• ギャグマンガ日和 などは各方面、ファンの中でも作画については賞賛されていました。 今までの作品の印象が強い分、作画崩壊と言われるのも仕方ないかもしれませんね。 今後、評判を聞いて、どう変化するのか気になる所です。 一番大事なバトルだと認識してるのが伝わってきました。 でもスピード感や迫力は漫画の方が伝わってくるなと感じました。 一番見たかったバトルを梶さん杉田さんボイスで見られて最高でした。 最凶」を視聴しましたが、作画が改善されているように感じました。 魔神化しているメリオダスも過去の「七つの大罪シリーズ」と近いものを感じました。 それでも、他のキャラクターたちやカットシーンにおいてはやはり、作画は相変わらずと行った所ですね。 同タイトルの作画担当 第2話「聖戦の記憶」 第4話「<十戒>VS. <四大天使>」 第6話「それをボクらは愛と呼ぶ」 第8話「人形は愛を乞う」 以上の話数で担当している方の回は比較的作画も安定しているように感じます。 逆に、複数人が作画監督を務めている回では、作画が不安定に感じますね。 話数によって差があるのは視聴者も困りますね。 まとめ 今回は、七つの大罪・神々の逆鱗はなぜテレビ東京なのか、TBSで放送しなくなった理由について推察していきました。 明確な理由は表記されていませんが、テレビ局側、制作側など様々な思惑があると思います。

次の