オリンピック 選手村 コンドーム。 【早漏はコレで安心】激厚コンドームや防止スプレーは効果なし。心因性早漏の改善方法はコレだ!

2020年東京からコンドーム愛を世界に配信

オリンピック 選手村 コンドーム

今年のリオ・オリンピックまで残り1ヶ月のブラジル。 そんなブラジルにこんなニュースが舞い込んできました。 ブラジル政府は性感染症の予防とアマゾンの熱帯雨林保護を呼び掛けるため、リオデジャネイロ五輪(8月5日開幕)の期間中、900万個ものコンドームを無料で配布するという。 リオ五輪の組織委員会によると、選手村に宿泊する選手とスタッフには約45万個のコンドームが配布される。 さらに保健省によると、残りは五輪に合わせて当地を訪れる人に配られるという。 国全体で900万個、選手村だけでも45万個ものコンドームが無料で配布されるのだそうです。 ちょっと笑ってしまう方もいらっしゃると思うこの記事なんですが、コンドームの配布は今回のオリンピックに限ったことではなく、近年のオリンピックにおいては長らく実施されてきた慣習の一つだってご存じですか? ちょっとその歴史を紐解いてみましょう。 これまでの歴代オリンピックで配布されてきたコンドーム。 推移をまとめてみました。 オリンピックでコンドームが配布されるようになったのは、 1998年のソウルオリンピックが最初です。 1990年代にエイズが世界的に大きな問題となったことから、オリンピックにおいてもその予防啓蒙が必要とされ、導入されたのがきっかけのようです。 その後、今日まで夏季・冬季ともにコンドームの配布は一つのイベントとして各国政府によって実施されたきました。 今回のリオ・オリンピックが過去最高の配布数であることは間違いないようですが、オリンピックで配布されたきたコンドームの数はどのような変遷をたどってきたのでしょうか。 オリンピック村に配布されたコンドームの数字から歴史を振り返りましょう。 今回は選手村に配られたコンドームの数と選手数の推移をまとめてみました。 リオオリンピック以降のコンドーム数についても追記しております。 参照 夏季オリンピックのコンドーム配布数推移 大会名 参加人数(人) 配布数(個) 一人あたり 1988 大韓民国 ソウル 8,391 8,500 1. 0 1992 スペイン バルセロナ 9,356 90,000 9. 6 1996 アメリカ合衆国 アトランタ 10,318 15,000 1. 5 2000 オーストラリア シドニー 10,651 90,000 8. 4 2004 ギリシャ アテネ 10,625 130,000 12. 2 2008 中華人民共和国 北京・香港 10,942 100,000 9. 1 2012 イギリス ロンドン 10,568 150,000 14. 1 2016 ブラジル リオデジャネイロ 10,500 450,000 42. 9 冬季オリンピックのコンドーム配布数推移 大会名 参加人数(人) 配布数(個) 一人あたり 1992 フランス アルベールヴィル 1,801 30,000 16. 7 1994 ノルウェー リレハンメル 1,737 40,000 23. 0 1998 日本 長野 2,176 36,000 16. 5 2002 アメリカ合衆国 ソルトレイクシティ 2,399 100,000 41. 7 2006 イタリア トリノ 2,508 - - 2010 カナダ バンクーバー 2,566 100,000 39. 0 2014 ロシア ソチ 2,900 100,000 34. 5 2018 韓国 平昌 2,925 110,000 37. 6 一人あたり個数が総じて高い冬季五輪。 それを初めて超えるリオ・オリンピック こうして数字の推移で見るとリオ・オリンピックの45万個という数字は過去の数字を大きく上回っているのが分かります。 それまで過去最高だったロンドン・オリンピックの3倍の数字です。 もう一点興味深いのは 冬季オリンピックの方が一人あたり個数が明らかに多いということです。 恐らく参加人数に関わらず公的広告の一つとして一定数を配布していることが原因だと思われます。 なぜリオオリンピックだけ数字が突出しているのか、考えてみる 各メディアのニュースを見ていると面白おかしく報道される傾向にあるのですが、「リオリンピックで配布されるコンドーム数が過去最高」の理由を説明しようとしているものはありません。 明確な理由は分からないものの、ブラジルという国に関連して想像できるものの一つに 売春に関する政策が関係しているかもしれません。 ブラジルでは単純売春は合法で、 売春婦は政府が認める職業の一つであり、さらに売春婦も社会保険への加入が認められています。 これは他国に比べて 売春へのアクセスが容易であることを意味しています。 既知の通り、 売春婦との性行為は、一般人に比べて性病のリスクが高く、感染病予防の観点からコンドームの使用が求められます。 ちなみにリオオリンピックに匹敵するコンドーム数(一人あたり)であったアメリカは、ネバダ州以外は売春は違法ですが、人口あたりの売春婦の数は他国に比べて非常に高い水準にあります。 各国における人口1,000人あたりの売春婦の推計人数() オリンピック選手が外部でこのようなサービスを利用できるのかは不明ですが、コンドームの数が増加している理由の一つはここにあるのかもしれません。 配布数だけじゃない。 過去最高の配布数。 一晩で一人2. 5個の消費 これは前述の通りですが、オリンピック期間が17日間であることを考慮すると 1日で2. 5個という数字が算出されることになります。 この数字をどのように捉えるか人それぞれですが、数値としては過去最高であるということです。 ジカ熱対策としてのコンドーム配布 昨年からブラジルを襲っているジカ熱。 性交渉による感染は低いとはされながらも、 オリンピックにより世界中から人が集まり、そこで感染リスクのある性交渉が頻発することで、ジカ熱が全世界に蔓延する可能性もあります。 コンドームの配布はこのリスクを一定程度落としてくれるものと思われます。 参考 ゴムの原産地アマゾンの熱帯雨林保護活動 今回のコンドームはアマゾン原産のゴムから製造されるもの。 このコンドームの配布を通じて、 熱帯雨林の保護も同時にアピールする狙いがあるそうです。 無駄に配布して適当なアピールができるのか不明ですが、こうしたアピールはブラジルならではだと思われます。 史上初の女性用コンドームの配布 そして、今回配布されるコンドームのうち、10万個は女性用のコンドームということ。 この女性用コンドームの配布はオリンピック史上初になります。 通常のコンドームは男性が主体となって装着するため、女性がその選択に介入する余地は小さくなりがちでした。 女性用コンドームは逆に女性が自ら防御するために装着するコンドームであり、女性の性交渉時の権利に対して、社会的な意識が高まった一つの結果と受け止めることができます。 性病の感染率が高いブラジル。 コンドームが多いに越したことはない こちらは少し古いニュースですが、 16歳から64歳までのうち16%が性病感染の経験があるという保健省による調査。 ニッケイ新聞 性病の怖いのは、たった一人が数多くの人間にねずみ算式に拡散させていってしまうことです。 1人が感染して、その後2人と性交渉を行うことで、2人、4人、8人と倍々ゲームのように感染者が拡大していきます。 逆に言えば、最初の感染を止めればその後の感染率は激減するというわけです。 そういう意味において、とにかく まずはコンドームを大量に配布して、 手近なところにコンドームがある環境を作り、さらに 女性がその権利を施行できるようになれば、お祭り騒ぎの オリンピックが世界の性病の中心になることから少しは遠ざけてくれそうです。

次の

【早漏はコレで安心】激厚コンドームや防止スプレーは効果なし。心因性早漏の改善方法はコレだ!

オリンピック 選手村 コンドーム

私もそれが不思議で仕方ありません。 それでいろいろな人とも話しましたが、結論としてはオリンピックと言えどそれを娯楽としている選手が多いと言うことです。 我々がオリンピックを鑑賞するのは誰がメダルをとるのか注目し、メディアもそういった選手にスポットをあてるのですが、 そのメダルを取るのは出場選手の数からすればほんの一握りにすぎません。 つまり、本気でメダルを狙っている選手と最初から諦めていて大会に出ただけで充分と言う選手がわかれているのです。 前者の選手はコンドームを大会で使用することなど考えてもいないでしょう。 日本選手もそうだと信じています。 ところがオリンピック委員会との関係により、とにかく選手枠をもらった限りはとりあえず選手を選出選すればいいという国もあります。 つまり後者になりますが、その国の選手たちはメダルなど最初から諦めていて出場そのものよりいかに楽しむかを優先するみたいですね。 だから協議にはとりあえず参加するけど、そのために夜の生活を我慢するということはないようです。 だからと言ってコンドームを配布する必要はないと思いますけどね。

次の

なぜリオ・オリンピックで過去最高900万のコンドームが配布されたのか

オリンピック 選手村 コンドーム

五輪・パラリンピック選手村でのコンドーム大量配布は今や有名になった。 16年リオデジャネイロ大会では過去最多の45万個を配布。 20年東京大会では新種目により選手数も増えたため、リオを上回る可能性がある。 「ものづくりニッポン」の精神は同業界にも息づき、良質な世界最薄「0・01ミリ」を誕生させた。 エイズ・性感染症防止を念頭に置く欧米人は「丈夫さ」を好むため必ずしも「薄さ」を求めないが、業界は日本製が両者を兼ねていることを、世界へ発信する五輪にしたいと考えている。 同社は98年長野冬季五輪で2万個のコンドームを提供。 それこそが元祖「サガミオリジナル」だった。 64年東京五輪の年に開発構想がスタートし、98年に日本で初めて製品化に成功。 長野五輪開催に合わせポリウレタン製コンドームが発売された。 発売するやサガミオリジナルは爆発的に売れたが同年4月、水がわずかにしみ出る微細なピンホールのある製品が見つかる。 破れる可能性は低かったが同社は自主回収を決定。 生産方法や検査態勢を見直し、2年後にようやく再発売にこぎ着け、そこからさらなる進化を続けてきた。 山下氏は「あれ(自主回収)があったからこそ、ここまで薄くできた」と振り返る。 当時、天然ゴムラテックス製コンドームの最薄が0・03ミリ台だったといい「3倍強いポリウレタンなら0・01ミリ台もできるはず」と信じて改良を重ね、13年11月「サガミオリジナル001」の発売につながった。 五輪はアピールする場として最適」(門脇立彦マーケティング課長)という。 中国人の爆買いが始まってからは、高性能の日本製を大量に仕入れて帰国するケースが目立った。 ただ、人気はアジアに限ったものという。 「欧米人は性感染症の防止が第一の目的で破れないものを求めるため『薄さより丈夫さ』という考え方」というが、その意識を変えたい。 合成ゴム製の「SKYN(スキン)」が同社の代表品。 薄さは他社ほどではないが、素材を人肌に近づけた逸品だ。 コンドームは普段使いしているものをつい繰り返し買う傾向が強いという。 「ぜひ選手村で意識して使ってもらい、日本の技術力の高さを感じてもらいたい」。 意識的に使えば必ず、日本製の優位性が分かると自信を持つ。 体験した欧米選手がインターネット、SNSで使用感を拡散することは考えにくいが、各国メディアが取材する可能性は高い。 「ニュースによる波及を期待している。 これを機に『薄さ=弱さ』を払拭(ふっしょく)したい」と語った。 98年長野五輪では3万~5万個を寄付。 東京大会は「コンドームへの意識改革の機会にしたい」と林知礼マーケティング課長代理は語る。 性行為への意識が開かれている欧米に比べ、日本はいまだ「秘め事」という色合いが濃く、その行為に使用するコンドームも「恥ずかしいもの」と捉えられがちなのが現状。 林氏は「人間である以上、性行為があるのは当然で自然なこと」とした上で「アダルトグッズ」という意識から「生活用品」へと変革させることが「トップメーカーとしての役割」と話す。 さまざまな取り組みをしてきた。 行政やエイズ財団と協力して感染症予防のキャンペーンを実施。 性感染症が近年、国内で増加していることもトップメーカーとして重くみており「装着してもらう機会を増やすにはまず持ってもらうこと。 感染症予防の上で、マスクと同じく持っていて当たり前なものと思ってもらいたい」と語った。 そのため、同社ではコンドームケースを商品のおまけとして同封するキャンペーンも実施。 女性もポーチなどに気軽に携帯できるような配慮だ。 実際、選手村に配布されるのはどのコンドームになるのか-。 複数の関係者によると、これまでの組織委との話し合いでは、大手が各社合同で担当する方向で調整しているという。 組織委はリオ大会規模(45万個)の予算は準備しているという。 その場合、各社は受注することになるが、自社製品のポップ広告などに「東京五輪公式コンドーム」とうたうことは基本的にできない。 反対に、コンドーム分野で東京大会の協賛企業となる方法も可能性としてはある。 企業側がスポンサー料として大会に、資金提供やコンドーム現物支給などを行う。 見返りとして、大会エンブレムを使った広告が打てるなどの利点を得ることができる。 その場合1社となる可能性があり、東京大会を全面的に担当したと、うたい続けることができる。 世界でも薄さ「0・01ミリ台」は、相模とオカモトしか製品化できていない。 相模の山下氏は「ここまで来たのだから1、2社ではなく、各社で共存できるのなら『ニッポンは世界に類を見ないこんなに薄いコンドームが作れるんだ』という技術力を世界に示す機会にできればと思っている」と語った。 不二ラテックスの門脇氏は「寄付合戦になるのはどうか。 コンドームを宣伝合戦に使ってほしくないとの話も聞く。 全体で日本の技術の結晶を見せられれば」との考えを語った。 オカモトは日本で製造された「0・01ミリ」「0・02ミリ」を選手村に入れるべきとの考え。 林氏は「日本の高いコンドーム製造管理技術を世界へ発信でき、また話題性もある」と話した。 ただ現段階で、各社でやるべきか、1社で対応すべきか両選択肢を排除していない。 「何社かでやる場合でも、各社の考え方もあり、実際の分担については工業会などでの調整が必要になるだろう」との懸念を口にしていた。 1981年、米国でエイズ患者が報告され、83年にフランスでHIV(ヒト免疫不全ウイルス)が確認された。 世界的な感染拡大の中、88年ソウル大会からコンドーム配布が始まった。 当時の報道などによると、ソウルは8500個だったが徐々に数が増加。 00年シドニーで12万個、08年北京で10万個に達した。 12年ロンドンでも横ばいの10万個だったが、16年リオではジカ熱の流行もあり、史上最多の45万個となった。 「コンドームでお祝いを!」と書かれたハンドル回転式配布機などで配った。 選手1人あたり1日2~3個の個数にあたり、全部使用された可能性も否定はできないが、業界関係者は「多くは『お土産』になったのでは」とみている。 冬季も配布され、2月の平昌(ピョンチャン)では冬季最多の11万個が選手村や競技会場のトイレ、洗面所、医務室、プレスセンターなどで箱やかごに入れられ、配布された。 五輪 プロの道捨てても五輪野球には人生懸ける価値がある []• 東京オリンピック2020 [7月21日 13:03]• スポーツ [7月21日 12:18]• 東京オリンピック2020 [7月21日 12:18]• 東京オリンピック2020 [7月21日 10:44]• 東京オリンピック2020 [7月20日 19:05]• 東京オリンピック2020 [7月20日 18:02]• 東京オリンピック2020 [7月19日 20:52]• パラリンピック 秦由加子らパラトライアスリートが東京へ再始動 []• パラスポーツ [7月18日 13:35]• パラスポーツ [7月14日 10:56]• パラスポーツ [7月11日 12:49]• パラスポーツ [7月10日 14:26]• パラスポーツ [7月7日 13:56]• パラスポーツ [7月6日 13:23]• パラスポーツ [7月6日 12:40]• パラスポーツ [7月3日 0:35]• パラスポーツ [7月2日 11:00]• パラスポーツ [6月30日 16:15]• リオ五輪 バド金の高橋&松友「うれしい」銅の奥原「重い」 []• スポーツ [8月25日22:18]• スポーツ [8月25日21:27]• 五輪一般 [8月25日12:30]• 五輪一般 [8月25日11:41]• 五輪一般 [8月25日9:38]• 日本代表 [8月25日7:52]• 五輪一般 [8月24日20:23]• ラグビー [8月24日9:53]• ラグビー [8月24日9:45]• J1 [8月24日7:53]•

次の