受信トレイのメールをすべて読み終えました。。 Gmailで未読メールのみを表示する方法!

第2回 Gmailでメールを集約・一元管理する(受信編):マルチ・デバイス時代のGmail活用術

受信トレイのメールをすべて読み終えました。

関連ページ 実はyahooメールより使いやすかったGmail。 登録方法もいたって簡単なので、サクッと登録を済ませて乗り換えちゃいましょう。 これからフリーメールを使う人はGmailで間違いないでしょう。 Gmailでフォルダ分けをする方法がわからずyahooメールを使っていましたが、実は簡単でした。 ネーミングが「ラベル」になっていたのでわからなかったのですが、フォルダと名付けてない理由がわかりました。 厳密に言うとフォルダとは意味合いが少し異なります。 ここではラベルの作成方法を解説します。 Gmailではyahooメールより優れたフォルダ(ラベル)分けができます。 実際にどうやって利用するのか詳しく説明します。 直観的に操作でき、すぐわかるのでとても簡単ですよ。 yahooメールユーザーだった僕がGmailユーザーへ変わったのは、使い勝手の良さと利便性の高さのためです。 一見とっつきにくいGmailですが慣れればとっても便利。 このページでは登録方法や知ってると便利な機能をまとめて紹介します。

次の

メールの設定 Windows Mail

受信トレイのメールをすべて読み終えました。

「受信トレイ」、「送信済みメール」、「下書き」、「ゴミ箱」とは別に、下の方に「すべてのメール」というのがありますがこれは何なのでしょうか? メールを削除して、ゴミ箱を空にしても「すべてのメール」に削除したはずのメールが残っていてすごく気持ちが悪いのです。 しかも少し前に「すべてのメール」を削除して何も残っていなかったはずなのですが、今日チェックしますと10月13日付のメールが1件(これは前回削除した後に着信したものだと思われ合点がいきます)と、あと9月の日付のメールが削除したはずなのに「すべてのメール」に復活しているようです。 Gmeilは毎日受信しその都度削除しているのに10月1日から12日までのメールは残っていなくて突然9月のメールが復活。 以前から何だかおかしいぞと思いながら我慢して根気よく削除してきましたがそろそろ限界です。 何が何だかわけが分かりません。 ネットバンキングその他、用が終われば速やかに削除しておきたいメールがあるので神経が疲れます。 どうすれば削除したメールが復活することのないように出来るでしょうか? なお出来ればもう一つお教え願いたいことが有ります。 Yahooメールも利用しているのですがそちらはメールソフトで削除したものはサーバーでも削除されていて完全に同期していますがそのようにはできないのでしょうか?つまりGmailの場合、ブラウザでサーバーにアクセスしないと駄目なのでしょうか? 以上2点のどちらかだけでも結構です。 どうぞよろしくお願いします。 ありがとうございます。 朝一番にブラウザでメールを見に行きましたところ1通受信していてその状態で次のことを確認しました。 1)「受信トレイ」 1通のメール 2)「すべてのメール」 同じメールが1通 3)「ゴミ箱」 メールなし(「ゴミ箱にスレッドはありません」) 次に「受信トレイ」の1通のメールにチェックを入れました。 そうしますと上の方に、左から順に、 アーカイブ 迷惑メールを報告 削除 (これより右は省略) のボタンが表示されますので 「削除」 をクリック この段階で以下のことを確認しました。 1)「受信トレイ」 メールなし 2)「ゴミ箱」 メールが1通 3)「すべてのメール」 メールはありません 補足2に続きます。 使っているメーラーはSylpheedです(ブラウザはChromeです)。 Yahooメールの場合はフォルダ構成もシンプルで且つメーラーとサーバーが完全に同期しているのですがGmailは同期しないしフォルダ構成も複雑(Imap、チャット、重要、すべてのメールなどなど)ですね。 しかも自分の場合「受信トレイ」だけが明示で表示されているだけで、その下に「その他のラベル」というボタン(プログラム的にはリストボックスのようなもの)があり、それをクリックしないことには「すべてのメール」も表示されないようになっています。 自分の場合送信はしませんので「受信トレイ」と「ゴミ箱」があるだけで必要かつ十分なのですが(一歩譲って一般的な「下書き」、「送信済み」ぐらいはあっても良いですが)何か設定が必要なのでしょうか? 補足4に続きます。

次の

「すべてのメール」というのは何でしょうか?

受信トレイのメールをすべて読み終えました。

ST さん、こんにちは。 ときどき、Scripting Guy でいることが大変になります。 何と言っても、人々がスクリプト センターにアクセスするのは単にシステム管理スクリプトについてのヒントを得るためだけではありません。 それどころか、元気を出したりやる気を起こすためにスクリプト センターにアクセスするのです。 著名なテレビ タレントである や でさえ、人々を元気付けたりするために労力を使うことはありません。 代わりに、こう言います。 「皆さん、元気を出したりやる気を起こしたいなら、毎朝 Hey, Scripting Guy! のコラムを読みましょう」と。 お断り : 厳密に言うと、Oprah Winfrey も Dr. Phil も、そんなことはこれっぽっちも言ったことがありません。 ただし、2 人のショーを見て、身振りを注意して観察すれば、彼らが言わんとしていることは明らかだと思います。 さて、原則、Scripting Guys は世界中に喜びや幸せを届けるという任務を歓迎します。 ただし、幸せの妖精としての役目を果たすのが困難なときがあります。 特に今週のような週はそうです。 今週は何がそんなに悪かったのでしょうか、ですって。 やれやれ、どこから話しましょう。 まず、このコラムを執筆している Scripting Guy の一週間は、車が故障して状態で始まりました。 その翌日、するだけで車を修理できることを目の当たりにしました。 そして、車が故障して状態で週を終えました。 一方で、Scripting Guy の Jean Ross が、処理しなければならない手続きをいくつかしてくれました。 手続きの唯一の条件は、7 月 3 日までにすべて完了する必要があるということでした。 「問題ありません、すべて 7 月 3 日までに完了しますよ。 」と彼女は言われました。 最後の契約書にサインしに行くと、「では、すべての手続きはご希望の期日の 7 月 13 日までには完了しますので」と担当者は言いました。 注 : 話の落ちですか。 期日が違っているというだけでなく、担当者が 7 月 13 日までに完了すると言った手続きは、そもそも彼女が頼んだ手続きではありませんでした。 ええと、他には・・・。 TechNet でのページの公開手順が変更される予定です。 この変更により、Scripting Guys の労働生活が "改善" されます どうやら、TechNet では、2 人のメンバで構成されているチームで執筆と公開を行い、スクリプト センター全体を管理することがどんなに厳しいかについては考慮せず、少し賭けに出ることにしたようです。 さらに、今はマイクロソフトの勤務評定の真っ最中でもあります。 この情報は公開してはいけないことになっていますが、このコラムを執筆している Scripting Guy の去年の勤務査定の一部をお見せしましょう。 成果と貢献 : なし• 能力と資格 : なし• 将来性 : なし 残念ながら、堅実性というカテゴリはありませんでした。 それこそ Scripting Guy が持っているものなのです。 でも、皆さんは Scripting Guys が自分たちの悲運を嘆くのを見るためにスクリプト センターにアクセスしたのではありませんよね。 むしろ、Scripting Guys が元気とやる気を与えてくれるということを Oprah Winfrey と Dr. Phil が約束したから、アクセスしたんですよね。 いいでしょう。 では、元気とやる気を出すためにできることを考えてみましょう。 うーん・・・。 あっ、ありました。 Outlook の受信トレイにある、6 か月より前に受信した未読のすべてのメッセージを削除できる クリプトを紹介するのはどうでしょう。 つまり、以下のようなスクリプトです。 Count to 1 Step - 1 If DateDiff "m", colFilteredItems i. Count to 1 Step - 1 If DateDiff "m", colFilteredItems i. Delete End If Next 少しは元気になりましたか。 良かったです。 結局、Scripting Guys にとって重要なのは皆さんの幸せだけですから。 もちろん、このスクリプトのしくみを理解できれば、さらに元気になります。 いいでしょう。 では、2 人の幸せの妖精が皆さんを手助けできるかどうかやってみましょう。 まず、私たち幸せの妖精は olFolderInbox という名前の定数を定義して、この定数に 6 という値を代入します。 この定数を使用して、どの Outlook フォルダを操作するかをスクリプトに示します。 定数を定義したら、Outlook. Application オブジェクトのインスタンスを作成し、GetNamespace メソッドを使用して MAPI 名前空間に接続します 接続できる名前空間は MAPI 名前空間だけですが、これは必要な手順です。 最後に、GetDefaultFolder メソッドを使用して Outlook の受信トレイにバインドします。 今日は電子メールのフィルタ処理については詳しく説明しません。 電子メールのフィルタ処理の詳細については、このトピックを扱っている を参照してください。 ここでは、Unread プロパティが True のアイテムだけにコレクションを制限するということだけ説明しておきましょう。 ご想像のとおり、Unread プロパティが True の場合はメッセージが未読ということになります。 次に、未読メッセージのコレクション全体をループ処理して、6 か月より前に受信した電子メールを削除します。 理論上は、フィルタの条件を拡張して、サブコレクションに含めるメッセージを未読かつ 6 か月より前に受信したメッセージに制限できたはずです。 フィルタの条件が必要以上に複雑になりそうだったので、これについては試してもみませんでした。 代わりに、すべての未読メッセージをループ処理して、各アイテムについて 6 か月より前に受信しているかどうかを確認しました。 経過している場合はアイテムを削除し、そうでない場合は、削除しませんでした。 Phil が何かをするときの方法とまったく同じです。 アイテムを削除するので、最後 つまり、コレクション内の最後の電子メール からループ処理を開始し、最初 コレクション内の最初の電子メール に向かってアイテムを削除していく必要があります。 最後のアイテム インデックス番号は Count プロパティで特定する から開始して、インデックス番号が 1 である最初のアイテムに向かって処理する For Next ループがあるのは、このためです。 何ですって。 質問が 2 つあるというのですか。 いいですか、そんなたくさんの質問に答える気分じゃな・・・。 いえ、すいません。 何しろ、私たちは幸せの妖精で、果たすべき任務があります。 ですから、喜んで皆さんの質問にお答えします。 1 つ目の質問 「なぜ Step -1 パラメータを使用するのですか」 についてですが、これは簡単です。 Step -1 は "逆方向の" ループ処理を行う鍵です。 たとえば、コレクション内にアイテムが 100 個あるとします。 この場合、カウンタ変数 i の初期値は 100 です。 そして、1 回目のループ処理では、アイテム 100 を処理します。 その処理が完了したら、今度はアイテム 99 の処理を行う必要があります。 アイテム 100 からアイテム 99 に移動するには、どうしたらよいでしょうか。 そうです。 カウンタ変数の現在の値から 1 を引きます。 これが Step -1 の役目です。 もう 1 つの質問 「なぜアイテムを削除するのに最後から始めて最初に向かって処理していく必要があるのですか」 については、この の説明を参照してください。 既に説明したように、ループ内では各電子メールを確認し、6 か月より前に受信したメッセージかどうかを判断する必要があります。 これを行うのが次のコード行です。

次の