ゲンチアナ バイオレット。 クリスタルバイオレット

吸光度計 PiCOEXPLORER(PAS

ゲンチアナ バイオレット

1 花粉の捕集 重力降下を利用した空中花粉の捕集法(重力法(gravity method))であるダーラム(Durham)型捕集器を用いる。 ダーラム型捕集器 直径 23センチメートルのステンレス円盤2枚が高さ7. 6センチメートルの支柱3 本に支えられ、中央にスライドホルダーが下部の円盤より2. 風の通る場所• 容易に行き来できる場所(捕集用スライド交換を毎日容易に出来るところ)• 10メートルから20メートル四方にスギ、ヒノキがない場所(地上1メートルから20メートルでは、捕集効率に影響はないと言われている)• 捕集器は、しっかり固定する。 捕集器は、原則として移動させない。 花粉捕集用スライドグラス ワセリン塗布 の作成(フロストスライドグラスを使用する) 白色ワセリンをスライドグラスに薄く塗布し作成する。 作成したスライドグラス同士を摺り合わせ、ワセリンによる摩擦感覚が無くなる手前まで薄くする。 ワセリンを厚く塗布しないこと。 薄くても花粉は、充分捕集できる。 3 花粉の計測 1. 24 時間設置したスライドグラスの回収 (運搬用スライドグラスケースにて) … 捕集器へのセット期間:前日の朝9時30分から当朝9時30分(24 時間) 2. 染色・標本作成 … 3. 鏡検:同定とカウント … 4. 記 録(所定の記録用紙にカウント数を記入)… 5. スライドグラスの保存 (日付順にスライドケースに保存)• ワセリン塗布済みのスライドグラスを運搬用スライドケースに移して搬送し、捕集器にセット(回収も同様)• 雨でスライドグラスが濡れているときは、自然乾燥させてから染色する• 肉眼で見えるゴミは、針先、ピンセットなどで除去する• 開庁日は、毎日回収する(24 時間設置)。 閉庁日については、茨木保健所はダーラム型自動花粉捕集器で対応するが、藤井寺・泉佐野保健所は、連続設置とし、データは設置日の平均とする。 染色は、A:カルベラ液、B:ゲンチアナバイオレットグリセリンゼリーの両者を併用する。 A:「カルベラ液」 Gvグリセリンゼリーに比べ染色時間が早い、しかし保存が利かない。 花粉は、赤色に染まる。 B:「 Gv(ゲンチアナバイオレット)グリセリンゼリー」 花粉の染色と封入が同時に行い、標本を保存できる利点がある。 <組成> ゼラチン 10グラム グリセリン 60ミリリットル 蒸留水 35ミリリットル 0. 5ミリリットル <調製法> ゼラチン、グリセリン、蒸留水をビーカーに入れ水浴中で緩く撹拌しながら溶解する。 これに、Gvアルコール液と液状フェノールを加えて混和後、シャーレなどに入れて固め保存する。 (この時、スライドグラスも暖めながら行うと、染色液の延びが良く少ない染色液量で済む。 量が多いと標本が厚くなり鏡検しにくく、カバーグラス外にはみ出す量が多くなる。 ) 花粉は、青紫色に染まる。 カバーグラス全面積の花粉を同定しながら、数取器で計測する。 染色液がカバーグラスからはみ出した部分にある花粉は、すべて計測する。 ただしこの部分の花粉数は、2分の1量として合計する。 通常、倍率100 倍でカウントする。 判別の困難な場合は、倍率を上げて確認する。 また、サンプル標本も参考とする。 飛散量の報告は、1平方センチメートルあたりに換算する。 24・・・・1. 飛散開始日の条件:はじめて2日以上1個以上/平方センチ観測された最初の日とする。 飛散開始日以外に初観測日を記録する。 (はじめて小数点以下1桁の数が認められた最初の日)• 飛散終了時期の条件:飛散終了時期に3日間連続して0個が続いた最初の日の前日とする。 データの表示 (例)3 月3 日に計測したデータは、「3 月2 日」の飛散量とする。 3 月3 日に計測したデータは、3 月2 日朝にスライドグラスを設置し3 月3 日朝までの期間の捕集であること。 また花粉はほとんどが昼間に飛散することから、計測した花粉量は 3 月2 日に飛散した花粉であることによる。 閉庁日のデータの取り扱い 閉庁日のデータが平均値として算出されたものである場合は、その旨を明記したうえ、データをホームページに公開する。 花粉の光学顕微鏡写真像(ゲンチアナバイオレットグリセリンゼリーによる染色) スギ花粉 大きさ30から40マイクロメートル パピラという鈎状の突起部がある ヒノキ花粉 大きさ25から35マイクロメートル 球状で星状の内容物が見える ヤシャブシ花粉 大きさ25マイクロメートル前後 多角形で近畿圏では六甲山系に多く植林されている マツ花粉 大きさ50マイクロメートル前後 両端に2個の気嚢と呼ばれる空気袋がある このページの作成所属.

次の

入札公告(食品に残留する農薬等の成分である物質(ゲンチアナバイオレット)の試験法開発一式)|厚生労働省

ゲンチアナ バイオレット

1 花粉の捕集 重力降下を利用した空中花粉の捕集法(重力法(gravity method))であるダーラム(Durham)型捕集器を用いる。 ダーラム型捕集器 直径 23センチメートルのステンレス円盤2枚が高さ7. 6センチメートルの支柱3 本に支えられ、中央にスライドホルダーが下部の円盤より2. 風の通る場所• 容易に行き来できる場所(捕集用スライド交換を毎日容易に出来るところ)• 10メートルから20メートル四方にスギ、ヒノキがない場所(地上1メートルから20メートルでは、捕集効率に影響はないと言われている)• 捕集器は、しっかり固定する。 捕集器は、原則として移動させない。 花粉捕集用スライドグラス ワセリン塗布 の作成(フロストスライドグラスを使用する) 白色ワセリンをスライドグラスに薄く塗布し作成する。 作成したスライドグラス同士を摺り合わせ、ワセリンによる摩擦感覚が無くなる手前まで薄くする。 ワセリンを厚く塗布しないこと。 薄くても花粉は、充分捕集できる。 3 花粉の計測 1. 24 時間設置したスライドグラスの回収 (運搬用スライドグラスケースにて) … 捕集器へのセット期間:前日の朝9時30分から当朝9時30分(24 時間) 2. 染色・標本作成 … 3. 鏡検:同定とカウント … 4. 記 録(所定の記録用紙にカウント数を記入)… 5. スライドグラスの保存 (日付順にスライドケースに保存)• ワセリン塗布済みのスライドグラスを運搬用スライドケースに移して搬送し、捕集器にセット(回収も同様)• 雨でスライドグラスが濡れているときは、自然乾燥させてから染色する• 肉眼で見えるゴミは、針先、ピンセットなどで除去する• 開庁日は、毎日回収する(24 時間設置)。 閉庁日については、茨木保健所はダーラム型自動花粉捕集器で対応するが、藤井寺・泉佐野保健所は、連続設置とし、データは設置日の平均とする。 染色は、A:カルベラ液、B:ゲンチアナバイオレットグリセリンゼリーの両者を併用する。 A:「カルベラ液」 Gvグリセリンゼリーに比べ染色時間が早い、しかし保存が利かない。 花粉は、赤色に染まる。 B:「 Gv(ゲンチアナバイオレット)グリセリンゼリー」 花粉の染色と封入が同時に行い、標本を保存できる利点がある。 <組成> ゼラチン 10グラム グリセリン 60ミリリットル 蒸留水 35ミリリットル 0. 5ミリリットル <調製法> ゼラチン、グリセリン、蒸留水をビーカーに入れ水浴中で緩く撹拌しながら溶解する。 これに、Gvアルコール液と液状フェノールを加えて混和後、シャーレなどに入れて固め保存する。 (この時、スライドグラスも暖めながら行うと、染色液の延びが良く少ない染色液量で済む。 量が多いと標本が厚くなり鏡検しにくく、カバーグラス外にはみ出す量が多くなる。 ) 花粉は、青紫色に染まる。 カバーグラス全面積の花粉を同定しながら、数取器で計測する。 染色液がカバーグラスからはみ出した部分にある花粉は、すべて計測する。 ただしこの部分の花粉数は、2分の1量として合計する。 通常、倍率100 倍でカウントする。 判別の困難な場合は、倍率を上げて確認する。 また、サンプル標本も参考とする。 飛散量の報告は、1平方センチメートルあたりに換算する。 24・・・・1. 飛散開始日の条件:はじめて2日以上1個以上/平方センチ観測された最初の日とする。 飛散開始日以外に初観測日を記録する。 (はじめて小数点以下1桁の数が認められた最初の日)• 飛散終了時期の条件:飛散終了時期に3日間連続して0個が続いた最初の日の前日とする。 データの表示 (例)3 月3 日に計測したデータは、「3 月2 日」の飛散量とする。 3 月3 日に計測したデータは、3 月2 日朝にスライドグラスを設置し3 月3 日朝までの期間の捕集であること。 また花粉はほとんどが昼間に飛散することから、計測した花粉量は 3 月2 日に飛散した花粉であることによる。 閉庁日のデータの取り扱い 閉庁日のデータが平均値として算出されたものである場合は、その旨を明記したうえ、データをホームページに公開する。 花粉の光学顕微鏡写真像(ゲンチアナバイオレットグリセリンゼリーによる染色) スギ花粉 大きさ30から40マイクロメートル パピラという鈎状の突起部がある ヒノキ花粉 大きさ25から35マイクロメートル 球状で星状の内容物が見える ヤシャブシ花粉 大きさ25マイクロメートル前後 多角形で近畿圏では六甲山系に多く植林されている マツ花粉 大きさ50マイクロメートル前後 両端に2個の気嚢と呼ばれる空気袋がある このページの作成所属.

次の

ゲンチアナバイオレット原液

ゲンチアナ バイオレット

危険性情報など [編集 ]• 飲み込むと有害• 発がんのおそれの疑い• 生殖能又は胎児への悪影響のおそれの疑い• 長期にわたる又は反復ばく露による消化器、全身の障害のおそれ 応急措置 [編集 ]• 吸入した場合 被災者を新鮮な空気のある場所に移動し、呼吸しやすい姿勢で休息させること。 医師の診断、手当てを受けること。 皮膚に付着した場合 化学物質が除去されるまで、多量の水と石鹸で洗うこと。 医師の診断、手当てを受けること。 皮膚刺激が生じた場合、医師の診断、手当てを受けること。 目に入った場合 水で数分間注意深く洗うこと。 次に、コンタクトレンズを着用していて容易に外せる場合は外すこと。 その後も洗浄を続けること。 眼の刺激が続く場合は、医師の診断、手当てを受けること。 飲み込んだ場合 口をすすぐこと。 医師の診断、手当てを受けること。 予想される急性症状及び遅発性症状 発がんのおそれの疑い、生殖能または胎児への悪影響のおそれの疑い。 最も重要な兆候及び症状 (データなし) 染色での用い方 [編集 ] クリスタルバイオレットは適正なを用いることにより、でのグラム陽性を染色する色素として用いられる。 媒染剤には、が用いられることが多い。 脚注 [編集 ] []• Merck Chemicals JAPAN n. Merck Chemicals JAPAN. 2010年5月5日閲覧。 2010年5月5日閲覧。 臨床微生物迅速診断研究会. 2010年5月5日閲覧。 2010年5月5日閲覧。 関連項目 [編集 ]• - カルボン酸ラクトン誘導体の色素前駆体、感圧紙等に使われる この項目は、に関連した 書きかけの項目です。 などしてくださる(/Portal:化学)。

次の