柳川 うなぎ せいろ 蒸し。 柳川

うなぎ / 鰻せいろ蒸し 蒲焼 白焼 笹めし|うなぎ処 柳川屋|公式HP

柳川 うなぎ せいろ 蒸し

福岡県の南西の端っこ、福岡市よりも佐賀に近い場所にある元城下町、 柳川。 街にはお堀と城下町らしい街並みが一部残っており、川下り(お堀めぐり)や北原白秋のふるさととしても知られている街です。 この柳川市の名物といえば、なんといっても うなぎのせいろ蒸し。 うなぎのせいろ蒸しを300年以上前に最初に考案したのが、今回紹介する「 元祖本吉屋」。 タレをまぶしたご飯の上に、焼き上げたばかりのうなぎの蒲焼をのせ、うなぎと味の合性がよい、しかも色添えにもなる金糸卵をあしらって、二度せいろで蒸します。 () 他の店よりも若干高めの価格設定ではあるのですが、やはり最初に食べるなら元祖だよねえ…ということで、行ってきました! 目次• うなぎのせいろ蒸し発祥の店、創業1681年の「元祖本吉屋」 なんとも伝統を感じさせる店構え。 柳川市の中心部に近い場所にあるのですが、あまり大きな都市ではないこともあり周りはかなり静か。 車で来る場合には結構細い道を通るのでご注意を。 内部も昔ながらの料亭のような感じで年季が入っており、いかにも老舗といった風情。 めちゃめちゃ方言バリバリの額が飾ってありました。 「ばってんくさんも…」 通されたのは1階の座敷。 平日の16時頃だったのでさすがにお客さんは少なかったですが、ピーク時は1〜2時間待ちなんてこともあるとか。 せいろ蒸し定食・蒲焼定食は4,200円。 全体的にざっくりした値付けのような…(すみません) ちなみに、単品のせいろ蒸しでもご飯に乗せられているそうですが、単品の蒲焼だとごはんはついていないとのこと。 それならばと同行者とあわせてせいろ蒸し単品、蒲焼定食を注文。 中庭を見ながらうなぎを待ちます。 蒲焼&せいろ蒸しを食す。 やっぱりせいろ蒸しがうまい! まずは蒲焼定食から。 多めのごはんに、いかにも濃厚そうなタレに漬かったうなぎ。 ふむ、いい光沢だ…! いただきます! 初代から続く秘伝のタレは濃厚で、それにどっぷりと漬けられたうなぎの味はかなり濃いめ。 香ばしいうなぎと相まって美味しいんですが、私としてはちょっとタレが強すぎ(多すぎ)るかな?という感じ。 なので、ご飯に乗せていただきましょう。 このビジュアルは…たまらんっ……! 口の中がタレで甘辛く染まってきたら、あっさりと肝吸いを味わいつつ軽くリセットを。 山椒をかけるといいアクセントになってまたいい感じ。 この組み合わせ考えた人すごいな。 お次はせいろ蒸し。 時代を感じさせるセイロに入って出てきました。 (正面に「本吉屋」の名入りだったのに撮り忘れた。。。 ) タレがたっぷりとしみこんだご飯と一緒に…おお、これは美味しい! 一見蒲焼よりも味が濃そうに見えますが、ご飯には違うタレを使っているのか見た目よりもくどい感じは少ない。 うなぎはあまりパリっとはしていないですが、ほくほくふっくらとしてご飯によく合います。 個人的には、このお店では蒲焼より断然せいろ蒸しですねー。 柳川の風習「さげもん」を見つつ店をあとにします。 女の子の生まれた家庭で飾るものとのことなので、お雛様のような感じでしょうか。 あとがき せいろ蒸しの元祖として名高い本吉屋さん、柳川に来るならやはり要チェックですね。 周りにも多くのうなぎ屋さんがあるようなので、次回は他店に入って食べ比べてみたいと思います!.

次の

柳川のうなぎ 地元民がおすすめする美味しいお店6選!

柳川 うなぎ せいろ 蒸し

柳川のどじょう・うなぎ料理専門店で鰻を満喫 春日井市六軒屋町にあるうなぎの名店をご紹介します。 電話:0568-81-3315• 営業時間• 昼11:00~14:30• 夜17:00~20:30• 定休日:月曜日• 駐車場:十分にあります。 柳川うなぎ料理専門店外観 国道19号線を市役所のある交差点(瑞穂通5丁目)を北上して春日井警察署を横目に右手に見えてくるこの看板を見かけた方も多いと思います。 春日井市内にあるうなぎ料理の専門店でせいろ蒸しがおいしいと有名な老舗です。 お店も中庭があり日本風の建物は食べる雰囲気からしてお客をもてなす意気込みが感じられますね。 こういうお店で提供される鰻が美味しくないわけがない。 食べる前からワクワクしてしまいます。 柳川の店内の様子 店内はお座敷タイプで靴を脱いで座ってくつろぎます。 このような畳の上にあるテーブルが10ほどあります。 柳川のメニュー 鰻は長焼き定食とせいろ定食が2600円、うなぎ丼が2600円です。 ひつまぶしが無いというところに店主の心意気を感じますね。 柳川さんはうなぎ料理で有名ですが、どじょう料理も提供されています。 今回は鰻が目的で訪問しましたが今度はどじょうも食べてみたくなりました。 柳川のうなぎ長焼き定食2600円 うなぎの長焼き定食です。 うなぎの長焼きがお皿に乗って提供されます。 その他にお漬物や肝吸いなどもついてきます。 いやーこの長焼き美味しいですよ。 表面はパリっとして中はふっくら、ちょうどいい加減の甘辛く美味しいタレで幸せを感じます。 柳川の鰻のせいろ定食2600円 こちらは鰻のせいろ定食です。 せいろでうな重が蒸されています。 長焼きと同じく肝吸いにお漬物などがついてきます。 せいろで蒸されている分だけ味付けは長焼き定食に比べてあっさりしています。 鰻は全体的にふんわりとして柔らかい食べ心地です。 長焼き定食かせいろ定食どちらがオススメかといえば、パリっとした鰻を食べたい人は長焼き定食、あっさりした上品な鰻を食べたい人はせいろ定食がおすすめです。 柳川さんはうなぎの美味しいお店というだけあって平日といえどもとても混んでいます。 営業時間は8時半までとなっていますが、ぼくがうかがった日は7時には行列で待っているお客さんがたくさんいました。 暖簾も仕舞われていました。 一度春日井の老舗うなぎ料理屋さんで鰻を満喫してみてはいかがでしょう。

次の

うなぎ / 鰻せいろ蒸し 蒲焼 白焼 笹めし|うなぎ処 柳川屋|公式HP

柳川 うなぎ せいろ 蒸し

柳川で人気のグルメは 「うなぎのせいろ蒸し」 柳川名物として真っ先に思い浮かぶのは地元でも観光客にも人気が高い「うなぎのせいろ蒸し」。 すのこを引いたせいろに、タレをまぶしたご飯を入れ、その上に香ばしいうなぎの蒲焼きと錦糸卵を乗せ、じっくり蒸しあげる「うなぎのせいろ蒸し」。 この柳川の人気グルメ「うなぎのせいろ蒸し」に欠かせない「うなぎ」と、柳川の関係はいつ始まったのでしょうか? 「うなぎ」と柳川の繋がりとは? 柳川と「うなぎ」の歴史を紐解いていくと、史料などに現れるのは江戸時代の中期~後期ごろ。 江戸時代後期の柳河藩領内にて、「うなぎ」は「漁方」という役所の統制下におかれていたようです。 「うなぎ」を好きに捕ることはできず、「鰻漁札」という鑑札を藩から得なければいけませんでした。 また、うなぎ漁には「漁方」という「うなぎ」の計量を専門に行う人がいたこともわかっています。 このことからこの時期には柳河藩が「うなぎ」を特産品として扱っていたということに他なりません。 「うなぎ」は、当時、まず漁師から仲買に売られ、仲買から問屋へ納入されていたようです。 漁師たちは「うなぎ」を仲買に安く買いたたかれていたようで、仲買を廃止し問屋に直接納入できるよう藩に嘆願を提出していたこともわかっています。 旧藩主立花家に残される史料によれば、大阪にある川魚問屋と柳河藩の間で「うなぎ」の購入に関する契約を結んでいた期間があったこともわかっており、柳川の「うなぎ」は当時より全国的に注目されていたようです。 現在では「うなぎ」は養殖が多く、天然物は少なくなっている状況にあります。 「うなぎのせいろ蒸し」発祥のお店『元祖本吉屋』 柳川名物「うなぎのせいろ蒸し」が登場するのは、1681年。 今から約330年以上前、現在も大人気の老舗店『元祖元吉屋』で、せいろ蒸しという調理法が発祥しました。 当時、江戸で刀鍛冶をしていた『元祖本吉屋』の初代ご主人が関東で「うなぎ」の蒲焼きを知り、柳川に戻って後に「せいろ蒸し」の調理法を考案されました。 皮が堅い「うなぎ」をより柔らかく、そしてホカホカの状態でお客様にお召し上がり頂きたいとの温かな思いやりから生まれた『元祖本吉屋』の「せいろ蒸し」。 創業当時から受け継がれてきたタレに継ぎ足しを行い紡がれてきた『元祖本吉屋』ならではの秘伝のタレは、柔らかで濃厚なお味で「うなぎ」とご飯を包み込みます。 創業当時から変わらない味を提供し続けている『元祖本吉屋』。 ぜひ、人気の理由と歴史に彩られた伝統をその舌で確かめに来てください!.

次の