ブログ アフィリエイト 収入。 ズブの初心者のブログアフィリエイトは一年目でいくらの収入になるのか?

ブログから収入が発生した場合の税金はどうする?アフィリエイト・アドセンスなどの確定申告の基本

ブログ アフィリエイト 収入

ブログで大きく稼いでる人は、9割以上がこの「アフィリエイト」の仕組みを使っているよ! ファンからお金を貰っているイメージだったり、芸能人のように事務所があるようなイメージを持っている方もいますが、それは極稀なパターンでほとんどの人(おそらく9割以上)は広告による収入です 例えば電車に乗っていると、電車の窓やドアに広告が張り付けてありますよね? それを電車では無く自分のブログに張り付けるイメージです 広告を出したい会社がお金を出して、ブロガーはお金を貰ってその広告を張る というのが一般的なブログ収入です。 そんな会社に交渉とか出来ない! と思うかもしれませんが、間を取り持ってくれる代理店(ASPと呼ばれます)もいるので安心です• そもそも何書いて良いかすらわかんない!• ブログ記事を書くにあたってこれだけは初めに絶対に押さえておいた方が良い! と思う事を記事にまとめました 結論として、先に3つあげると• 結論はとっとと書く。 出来れば見出しに書く• 見出しを見たらその中身がわかるようにする• 羅列したら箇条書きを使うと見やすくなる• 「です」「ます」調と「だ」「である」調は統一する• 改行は積極的に• 一文で「、」は2回まで!• ブロガーのための「SEO対策」 ブロガーのためのSEO対策はこちらの記事にまとまっています 基本的な部分なので、是非じっくり学んでください ブログ運営のおすすめツール ブログ運営におすすめのツールはこちらでまとめて紹介しています 是非参考にしてください• アフィリエイター: 売る「商材」「サービス」有り気でサイト・記事作成を行う• どうすればいいですか? まあそういう日もあるよね。 ぶっちゃけ僕もある 一番は「何故」ブログを書くのかを突き詰める事。 これは本当に効果あるから時間取る価値あり その他の方法や詳細はこちらの記事をどうぞ Q6:ブログのPVが増えなくて悩んでいます。 どうすればいいですか? これは本当に良くある質問ですね さっくり回答するとこんな感じ.

次の

【ブログ収入】の平均は?ブログの始め方や収入が発生する仕組みまでを徹底解説!

ブログ アフィリエイト 収入

税金でお困りの方はこちら 、無申告のご相談はこちら 収入があったら確定申告が必要 原則として、収入があったら確定申告が必要です。 金額がいくらであろうが確定申告が必要となります。 会社員は会社側で年末調整をしているので、それが確定申告の代わりとなります。 まず、 収入があったら確定申告が必要と覚えておきましょう! ザックリというと、• 収入があったら申告しないとバレる• 本業か副業かの判定が重要• 収入があったら確定申告が必要• 税務署にだけ提出すれば大丈夫• 所得が20万円以下の場合は住民税の申告だけする• 売上や経費のごまかしさえしなければ大きな問題にはならない こんなところです。 節税や税務調査についてまとめたページを作りました! アフィリエイトやアドセンスの収入があったら ブログをやり始めても最初はなかなか収入があがりません。 ただ続けていれば一定の収入は発生してきます。 アフィリエイトやアドセンスなどの収入が発生するようになってきます。 収入がでてきたら確定申告が必要となってくるのです。 ネットの収入もバレる!無申告はダメ 税務署は ネットからの収入に目を光らせています。 実際にアフィリエイトやアドセンス、オークションなどネット関係の税務調査立ち合いを何度も経験しました。 昔は税務署はネット関係は弱いなんていわれていましたが、いまはネット収入専門の税務調査官もいます。 実は 副業なのか本業なのかで税金の計算が違ってきます。 基本的に、 ・会社員で給料をもらいながらブログをやっている方は副業。 ・ブログで生計を立てている方は本業。 このように考えることができます。 副業か本業かは明確な基準がなく非常に難しいです。 以前に記事を書いていますのでこちらも参考にしてみてください。 実は 青色申告は本業でないと受けることができません。 副業(雑所得)では青色申告はできないのです。 もう少し詳しくいいますと、• 本業=事業所得• 副業=雑所得 となるケースが多いのです。 青色申告は事業所得でないと受けられないのでブログを「本業」としてやっている人でないとダメなのです。 会社員として給料をもらいながらブログで少し収入がある人は青色申告はできません。 私自身もブログから少し収入があります。 ただ本業は税理士ですので、税理士が事業所得、ブログは雑所得として申告しています。 青色申告については記事を書いていますので参考にしてみてください。 あくまで実質で判断することになります。 利益に税金がかかるのは同じ 本業でも副業でも 利益に対して税金がかかるのは同じです。 100万円の利益がでたら本業でも副業でも同じ税金がかかるのです。 事業となる場合は届出書を提出する ブログを本業としてやっているような状況なら税務署に届出書を提出します。 開業届• 青色申告承認申請書 この2つを提出しておきましょう。 もし、家族に給料を払ったり従業員を雇うような場合は「給与支払事務所の開設届出書」も必要となります。 (ブログ収入の場合はあまりないでしょう) 確定申告は利益の計算と税金の計算の2つが必要 収入があったら確定申告が必要なのですが、具体的にどうすればいいのかが問題となります。 確定申告は• 利益の計算• 税金の計算 この2つが必要です。 まず利益の計算をする 税金は利益に対してかかってきます。 利益が100万円なのか、300万円なのか、500万円なのかによって税金がかわってきます。 逆にいうと赤字だったら税金はかかりません。 どれくらいの利益がでているのか?が重要になってくるわけです。 税金の計算をする 利益が計算できたら次は税金の計算です。 利益の金額によって税金が変わってしまうので、先に利益を確定してその後に税金の計算をします。 どんな税金がかかるのか 基本的には会社員と変わりません。 所得税• 住民税• 消費税(売上が1,000万円を超えたら)• 個人事業税 その他に、所得が増えれば国民健康保険なども増えます。 利益の計算は帳簿を付けること 利益を計算するためには収入と経費を集計しなければいけません。 どのように集計するのかというと 帳簿を作成するのです。 青色申告・白色申告どちらであっても 帳簿の作成は必須です。 青色申告で複式簿記という複雑な処理をしていたら65万円控除ができますが、65万円控除を受けなくても簡単な帳簿は絶対に作らないといけません。 副業(雑所得)であっても、どうやって利益を計算したかの記録は残す必要がありますので結果的に帳簿を作成することになります。 簡易帳簿はエクセルや手書きでも大丈夫 「帳簿なんてわからない」とよく言われますが簡単なもので大丈夫です。 項目ごとに 日付、金額、内容の3つを記録すればいいのです。 ・4月15日 216円 ダイソー 文房具 ・4月20日 540円 コンビニ コピー用紙 こんな感じで大丈夫です。 帳簿の作成については記事にしていますので参考にしてみてください。 保管していないとまったく経費が認められないこともあります。 保管はノートなどにきれいに貼る必要はありません。 袋などにガサっと入れておくだけでもいいです。 基本的には1月分から12月分の1年分を集計します。 注意点は 12月分ということです。 12月に入金されたもの、ではありません。 12月分なので実際に入金されるのは1月だったり2月ですよね。 そこまでを集計する必要がありますの注意しましょう! Googleアドセンスの集計 一定額に達するまで入金されませんが、売上として集計することが必要です。 8,000円に達するまで入金はされないのですが、8,000円未満であっても発生していたら収入として集計が必要です 入金されていないけど売上として計算することになります。 アフィリエイトの集計 ポイントで収入を貰っている場合も売上として計算する必要があります。 通常は1ポイント1円として計算すれば大丈夫です。 ポイントの計算忘れが多いので気を付けましょう。 どんなものが経費になるの? 経費になるのは 収入を得るためにかかったものです。 具体的には、• パソコン関係の費用• ネット接続費用やスマホ代の一部• セミナー代、書籍代• 自宅で作業していたら家賃や電気代の一部• 写真撮影用のカメラ購入費用の一部 などなど。 レビュー記事を書くためにかったモノも一部は経費に入れてもいいでしょう。 一部というのは全部は経費にできないという意味です。 例えばパソコンを購入した場合。 ブログを書くためにはパソコンが必須ですので当然ながら経費にできます。 ただ、そのパソコンではブログだけでなくネットを見たりもしますよね。 ブログ以外のことにも使用するので、一部だけしか経費にできないのです。 電気代やネットの通信費なども同じ考え方です。 案分計算は自分でやる では、何割を経費にできるのか?が問題となりますが、これは自分で判断するしかありません。 そのパソコンをどれくらいブログに使っているのか、 どれくらい自宅で作業しているのか、 これらは 自分で判断して決めなければいけません。 ただ、税務調査があったときにちゃんと説明できるようにしておく必要があります。 電気代を3割経費にした理由、パソコン代を5割経費にした理由はちゃんと説明できるようにしておかなければいけません。 経費の注意点 ネットなどを見ると「これも経費にした」などいろいろな情報がありますが鵜呑みにするのは危険です。 確定申告書を提出するときには税務署は何もいいません。 経費がダメだといわれるのは税務調査があったときなのです。 確定申告書を提出しただけで「認められた」と思うのは間違いです! 数年後に税務調査に来て、その場で初めて経費がダメだといわれるのです。 いま何も言われていないのはたまたまですよ。 利益が少なすぎると目を付けられる 税務署はどれくらいの利益がでているのか、は重点的にチェックしています。 特に ブログで収入を得ている人は経費が少ないことは税務署も重々承知しています。 モノを仕入て売るのであれば経費がかかりますが、ブログ収入などはほとんど経費がありません。 あまりにも経費を多くいれて利益が少ないと目を付けられて税務調査に入られます。 実際に領収書などがあり、セミナー代など本当に経費がかかっているなら問題ありませんが、プライベートなものなどを経費にいれていると罰金などがかかってきます。 副業の所得が20万円以下なら確定申告しなくていい? 副業の所得が20万円いかなければ確定申告をしなくてもいい、と聞いたことがある人もいるでしょう。 (所得は利益と思っていただければいいです) 確かに20万円行かなければ税務署には提出しなくてもいいです。 でも、 住民税の申告は必要です! 勘違いされている人が非常に多いので注意しましょう。 こちらを参考にしてみてください。 確定申告の基本についてはこちらを参考に。 できたら税理士などに依頼したほうがいいです。 ご相談いただく事例で多いのは、 ずっと自分で申告書を作成していたけど間違いが多い、というもの。 一度税理士にお願いして、何を用意してどうやって作成するのかを教えてもらった方がいいです。 次の年からはそれを真似して自分で作成すれば大きな間違いにはならないでしょう。 確定申告書に必要な書類 確定申告書の作成に必要なものは、作成した帳簿と所得控除の資料です。 利益をもとに税金を計算するので まず決算書を作成します。 そのために帳簿が必要。 税金を計算するにあたって所得控除も必要です。 医療費控除、生命保険料控除、社会保険料控除、扶養控除などなど。 これらを控除するために必要な書類を用意します。 一般的には、• 生命保険料の控除証明書(郵送されてくる)• 国民年金の控除証明書(郵送されてくる)• 医療費の領収書• 小規模企業共済の証明書 などです。 国民健康保険も控除できますが金額がわかれば大丈夫です。 所得控除についてはこちらも参考にしてみてください。 所得税は税務署・住民税は市町村が管轄です。 管轄が違うのですが、 税金の申告は税務署にだけ提出すれば大丈夫です。 税務署に提出した確定申告の情報が市町村に回って市町村側で住民税を計算するのです。 なので、所得税だけ自分で計算すれば住民税などは勝手に計算されるようになっています。 (売上が1,000万円を超えたら消費税も自分で計算する) 消費税についてはこちらを参考に。 ただ、節税の前に非常に重要なことを覚えておく必要があります。 節税の目的はお金を残すこと、だということです。 税金は減ったけどお金も減ってしまったら意味がありませんよね。 (仮の話です) すると、手元には70万円残りますよね。 税金を払いたくないからといって100万円お金を使って経費を増やせば利益は0になるので税金も0です。 でも、、、お金も0になってしまいますよね。 お金を残すことが目的なら普通に税金を払った方がいいのです。 余計な税金を払う必要はありませんが、過度に節税を意識するとお金が減ってしまうこともありますので注意しましょう! 節税の具体策 節税を考えるときには次のことを検討してみましょう。 いま払っているもので経費にできるものがないか探す• 近々買おうと思っているものは今年中に買う• 国民年金・健康保険を支払っていない場合は支払いをする• 両親など扶養にできないか検討する• 青色申告・65万円控除を受けられないか• 小規模企業共済を検討する• 法人化(最後に検討) 節税についてはまとめたページを作りましたので参考にしてみてください。 税務調査対応や個人事業主の税務をメインにしています。 税理士への不満を解消すべく活動中。 東京税理士会 神田支部 税理士登録番号118476 14年間の税理士事務所勤務を経て独立開業。 従業員を雇わずすべて税理士である自分自身が担当することを貫いています。 なるべく専門用語を使わずわかりやすい説明を心がけており、このブログもわかりやすさを第一にしています。 記事はすべて私が自分で書いています。 2児の父(9歳と6歳、両方とも男の子)で何よりも子供との時間を一番大切にしています。 自称イクメン、ディズニー好き、キン肉マン・北斗の拳・ドラゴンボールなどマンガ好き、ホラー小説・映画好き。 ティラミス・ミルクレープが好きな甘党税理士。 中学・高校とテニス部。 千葉県野田市(旧関宿町)の出身、埼玉県三郷市在住。 事務所は東京都千代田区。 税務調査の本を出版しています。 事務所名:内田敦税理士事務所 税理士登録番号:118476 事業内容:税務調査対策、確定申告をメインにしています。 代表:内田敦 事務所登録地:〒101-0032 東京都千代田区岩本町3-10-7 東自機ビル 自宅:埼玉県三郷市 対応地域:東京都・埼玉県(川越市・春日部市・越谷市・草加市・川口市・所沢市など)・千葉県(流山市・野田市・柏市・船橋市・浦安市・市川市など) 自宅は埼玉県三郷市ですので川越市・所沢市・春日部市・越谷市・さいたま市・川口市・流山市・柏市・野田市・市川市・船橋市など近隣も対応地域としております。 東上線・武蔵野線・つくばエクスプレス・伊勢崎線などからのご依頼も多くお受けしております。 電車で1時間半くらいの地域は対応しております。 従業員を雇わず私一人の事務所ですので、フットワークよく対応させていただきます。

次の

アフィリエイトとは? 初心者の疑問に答えます [アフィリエイト] All About

ブログ アフィリエイト 収入

先月で、 初めてブログを作ってから約1年となりました 正確には3月16日スタートだったので、まだ1年は経っていませんが。 この約1年の中でブログの運営スタイルも収益も大きく変化しました。 今回はまとめということで、収益以外にも色々なデータを公開したいと思います。 何かの参考になれば幸いです。 本記事では以下のような構成でブログの収益その他をご報告したいと思います。 各種アフィリエイト収益と合計 1年目となる2月の収益を以下にご紹介します。 今までまいた種が一気に咲き出してきた感じですね。 1年目の結果としては悪くはないのではないでしょうか。 個人的には目標の収益ペースに段々と近づいてきたと思います。 ただ、 月収20万円を目標としていたのですが、2月は28日しかないためギリギリで達成できなかったことが残念です……。 そこで20万を達成するために、ペースアップをする必要があると感じ、新たなサービスとして「 」を利用することにしました! 選んだ理由としては、知り合いのアフィリエイター&ブロガーさんが何人も利用していて、 「afbは担当さんのサービスが良いですよ!レスポンスが早いですよ!」とおすすめしてもらえたから。 やっぱりセミナーなどに行くと、ブログアフィリエイトかサイトアフィリエイトにかかわらず、多くの人は口をそろえて 「売上を伸ばすのには、サービスが良いASPさんが一番おすすめです」と言われます。 理由としては ・特別単価の交渉などがしやすくなるから ・おすすめの広告などを案内してもらえるから だそう。 実際、afbは アフィリエイター満足度NO. 1に選ばれたこともあり、そのサービスの質はアフィリエイターに認められています。 収益を伸ばすためにも、周りの人がおすすめしてくれたサービスはガンガン利用してステップアップしていきたいところです。 PV数の推移 Google Analyticsデータの総計 私が運営する全ブログの2月の総PV数は 99313PVでした。 先月比で約20000PVほどの増加です。 現在はだいたい1PVあたり約2円といったところでしょうか。 収益効率としては悪くないと思います。 というより、アクセス数だけ多いブログの更新を停止し、収益効率だけを求めた結果がこれといった感じです。 この一年で分かった事は、 収益を得るのにPVなんて大した要素じゃないということです。 むしろ、PVばかり気にして収益面をおろそかにしていると無駄な作業が増えることに気づきました。 できるなら、もうちょっとぐらい収益効率を高めたいと考えているのですが、そちらの方はまだ上手い最適化のプランが思いついておらず、もう少し時間がかかりそうです。 その他データの解説 ここでは私のブログ運営に関わる各種データを公開します。 他の方の参考になるかは分かりませんが、一応の目安にしていただければと思います。 運営ブログ・サイト数 1年間での作成ブログ・サイト数 13 高頻度で更新しているブログの数 3 2週間に1回未満で更新しているブログの数 4 潰したor更新停止したブログ・サイトの数 6 現在でも頻繁に更新し続けているブログは、 本ブログも含めて3つです。 少ないのでしょうか?多いのでしょうか?こういったデータを公開されている方って少ないので、基準が分かりません。 というより、私にはできそうもありません。 この一年、改めて私は技術屋ではないことを確信しました。 余談ですが、「7ブログ総計して月収19万を達成できるのなら、1ブログ作るごとに2万7千円か」という単純計算は止めた方が良いです。 7ブログ運営して月収19万とは言っても、その内訳はかなり極端です。 メインのサイトもあればクリック広告メインのサイトもありますし、 サイト間で稼ぎ方は全くことなります。 実際、私の場合、トップのブログだけで収益の9割を占めており、他の6ブログの収益はほぼ団子状態です。 参考までに、トップブログの各種データだけを少し見てみましょう。 逆に言えば、たいがいのブログは1万円も稼げていないのです。 どれだけ狙っても当たり外れはありますし、初期のころに頑張って作ったブログが収益を得るのに全く向いていないということも普通にあり得ます。 基本的には、数少ない成功例を挙げるためにはたくさんの失敗をすることが重要だと考えておいた方が無難でしょう。 雑感 やっと個人事業主と呼べるレベルの収益が得られるようになりました。 もちろん、私の力だけではありませんし、まだまだ安定的な生活を送っていけるレベルではありませんが、ひと段落ついたといったところです。 結局、 ほぼ丸一年かかりましたね。 私の場合、 モノを売ろうとすると露骨さが出てしまうんですよね。 これは私の今後の課題です。 人によって、得意な広告と苦手な広告というものがきっとあるかと思います。 私が苦手な広告でも他の方にとってはとても扱いやすい広告の場合もあるので、そこは人それぞれなのでしょうね。 他の方のサイトやブログを見ていると、本当に人それぞれのやり方があるなと感じます。 「自分に向いているアフィリエイトがわからない」という人は下の記事を参考にするとよいでしょう。 いろいろなサイトの特徴が書いてあるので、おすすめが分かりやすいです。 ちなみに、他の方も言われることですが、 月収10万円を超える程度であればSEOの知識なんて必要不可欠なものではありません。 もちろん、知っておいて損はないのでしょうが、私はこの言葉について辞書的な意味以上の事は知りません。 それよりもっと大事なのは、 自分で考え、試行錯誤し、分からないことがあれば本を読んだりネットで調べ、得た知識をすぐに実践することだと思います。 これが結果的に自分のためにもなります。 最後に、私は最初から「収益公開をするのはあくまで初心者のためであり、1年目まで」と決めていたので、今後収益公開をしていく予定はありません。 予定は未定です。 ただ、 この記事にウソ偽りを書いた覚えは一切ないので、限られたデータではあっても全く無益なものではないと思います というより、ウソを書くと広告停止になるので絶対書かないようにしましょう。 HTMLやCSSどころか、 レンタルブログのサービスですら初めて触った人間が1年でどこまで収益を得られるようになるのかという1つのケーススタディとして、誰かの参考になれば本望です。 アフィリエイトで収益を得ることについては色々と思う所はありますが、ひとまずこれで一区切りです。 今後も、ブログアフィリエイトに対する自分の意見や考察などをこのブログでご紹介していくつもりですので、ご指摘・ご批判等いただければ幸いです。 補足 「 A8で稼ぐイメージがあんまり湧かないので、そこの解説とかしてくれると嬉しいです 」というコメントが寄せられたので、私なりに解説してみました。

次の