旦那 お 小遣い 平均。 夫のお小遣い金額で揉めています。月手取り30万円が平均の30代前半...

サラリーマン・会社員のお小遣いはいくら?20代〜50代の平均金額

旦那 お 小遣い 平均

スポンサーリンク やはり気になるのは周りの人たちですよね。 おうちによって 「小遣い?そんなものはありません」 という人から 「好きなだけ渡している」 人など本当に幅が広いです。 そんな中での平均額は年度によって ばらつきはありますが大体は3万円~4万円ほど。 多いのか少ないのか… なんとも判断がしづらい金額ですね。 ちなみに私は2万円です。 お弁当も毎日作っているし、 必要な時は教えてもらってその都度渡しています。 たまに拒否しますが、 特に不満もなさそうなので続けています。 もっと減らす予定でいます… 夫の小遣いはどれぐらいが妥当?おすすめの金額はこれ 具体的な金額を言われてもピンと来づらい小遣いの金額。 おすすめは、年収の1割といわれています。 例えば年収500万円の場合は50万円。 これを12か月でわると月に4万ちょいとなります。 これを多いととるのか少ないととるのか、 これは個人差があるのでなんとも言えません。 ただ、 『小遣いは年収に比例する』 ということを覚えておくのも大事かもしれません。 夫に小遣いを渡す理由とは!?みんなの言い分 小遣い無し&少額派の意見 ・毎日お弁当を作っているし、飲み会も前もって言ってくれればその分は渡す ・そもそも仕事が忙しくて遊ぶほどの時間がない ・多く渡したら遊びそう ・子供の養育費に回したい など、シビアな意見が多いですね。 大きくまとめると 「必要な分は出すからその都度言ってね!」 という感じですね。 旦那さんがその出費をなにに使うかの内訳が わかる方法ですね。 小遣いあり派の意見 ・お弁当代として ・飲み会が多いから、小遣い内でやりくりさせている ・仕事ばっかりで大変そう ・ある程度、家にお金を入れているのであれば気にしない などなど。 小遣いあり派は、サラリーマンの家庭に多いですね。 絵に描いたような言い分です。 小遣いをあげてほしい!夫の言い分 ・飲み会が多い ・昼食代も毎日続けばそこそこの金額になる ・たまには遊びたい! ・付き合いというものが・・・ ・趣味の費用が・・・ など、想像通りといいますか…。 ほとんどの方の内訳は上記に当てはまるのではないでしょうか? 職場の飲み会は断りづらいですからね、サラリーマンなら尚更です。 また、昼食代も納得です。 ワンコイン以内で収まればなんとか… と思いますが、なかなかうまくいきませんよね。 安くても700円ぐらいのお店が多いですしね。 小遣いを上げずに夫も納得!?夢のような方法とは なかなか難しい問題ですね。 まず第一に必要なのは、夫婦間で話し合うことです。 年収がいくらなのか? 月に出費がいくらなのか? 貯金にいくら回すのか? など避けては通れない話です。 実際に数字で表して目にすると、人は冷静になるもの。 「週に何回かお弁当作るから、小遣い減らしても大丈夫?」 「前もって飲み会の時教えてくれる?そのとき別で出すよ。 」 などなど、少し歩み寄りながら相談しましょう。 間違っても「節約しなさい!」なんて言うのはダメです。 小遣いあげて攻撃が鳴りやまないことでしょう。 もちろん、すぐに小遣いをあげるのもダメです。 夫の小遣いの平均額はいくらまとめ 夫の小遣いって、ほんとうに難しいですよね。 無しでも穏便に生活している家族もあれば、 いくら上げても納得しない家族もいます。 やはり大事なのは相談することです。

次の

ママ友には聞けない!旦那の小遣い、いくらあげてる?ぶっちゃけトーク!

旦那 お 小遣い 平均

ボーナスを稼いできたのは旦那。 しかし、夫が安心して会社で働けるのは妻や家族のおかげでもあります。 つまり、旦那のボーナスは家庭みんなのもの……なハズ。 しかし、なんとなく納得いかない旦那様もいるでしょう。 ボーナス時のお小遣いはいくら渡している? 大企業はともかく、中小企業にお勤めの旦那さんであれば、ボーナスがもらえる会社もあるものの、多くの会社でボーナス支給ゼロ!な現実もあります。 いくらであれ、僅かなボーナスを家庭に入れたくない、たまには自分のためだけに使いたい…なんてホンネも見えてきそうです。 そんなボーナス事情ですから、ボーナス時のお小遣いで家庭の金銭感覚が見えてきてしまいます。 そこで、各家庭におけるボーナスの旦那取り分はいくらくらいか、適切な金額とはいくらくらいなのか、さまざまな巷の意見を集めてみました。 旦那のお小遣いはボーナス支給額の10%という意見 カットされたり、そもそもなかったりする場合も多いボーナスですが、いくらであれ支給されるとなると嬉しいものです。 さて、そんなボーナスの中から旦那にお小遣いで渡されている金額、適切な金額とは一般的にはいくらなのでしょうか。 まずは支給額の10%という意見を見てみましょう。 ボーナスはローン返済などにあて、少しだけお小遣いにしてあげる 旦那のお小遣いはボーナス支給額の10%とする家庭のボーナスの使いみちは、家や車などの高額なものの購入やローン返済にあてたり、学費や教育費にあてているそうです。 各家庭において様々な支出がありますが、ボーナスを全て返済などにあてるのではなく、夫の労をねぎらったり、モチベーションを維持させるためのお小遣いで渡せる適切な金額を10%に収めているといったことのようです。 元々は旦那の稼いだボーナスとはいえ、家族のために一定金額は持っていかれた後、実際にお小遣いとしていくらかでも渡されると、しっかり家族を支えたうえで自分で使えるお金があると嬉く感じるようです。 ボーナス時のお小遣いは……ゼロ!という意見 このご時世、たとえボーナスがもらえた場合、懐が潤うくらい頂けるのは大企業に勤めるわずか一握りのビジネスマンばかり。 中小企業に努める90%以上のビジネスマンにとってはいくらであれボーナスがもらえるだけ恵まれた環境ともいえます。 そんなボーナスの現状からか、なんと、適切なボーナスがいくらかとの話以前に、ボーナスが出ても旦那のお小遣いはゼロ、といった回答がもっとも多いようです。 ボーナス時の旦那のお小遣いゼロとは打って変わって、こちらはボーナス全額をお小遣いにするといった意見です。 ボーナスを旦那にいくら渡すかで悩んでいる方に取っては羨ましいかぎりです。 サラリーマンのボーナスの平均額が大企業で約80万円、中小企業で約25万円ほどであることを考えると、相当太っ腹な奥さんですね。 会社からのボーナスは旦那へのボーナスであるという考え ボーナス全額を適切な金額とし、お小遣いとして使ってもらいたい奥様の意見で多かったのが、元々お小遣い制にしていないといった声や会社からのボーナスは旦那へのボーナスでもあるという考えであるといった声の数々。 ボーナス払いについてはそちらに金額をあててもらいますが、貯金するなり趣味にあてるなり、基本的にボーナスは旦那に好きなように使ってもらいたいと考えているようです。 ボーナス時のお小遣い、最も多いのは2~5万円 ボーナスもお小遣い制となっている場合、旦那にいくら渡すが適切であり、実際いくらくらいもらっているものなのでしょうか。 ここで、Garbage NEWS. comによると、夫のボーナス時の適切なお小遣いの金額平均は、2~5万円が18. 9%と一番多いことがわかったそうです。 お小遣いゼロの夫が50%以上を占めるのが現実… ですが、一方で全くお小遣いがもらえてない方は51. 9%と半数を占めており、ボーナスをもらえている場合の金額の平均をとると、平均支給額は18,075円となるそうで、一般的なサラリーマンの月のお小遣いとさほど変わらないのが現状なようです。 ボーナスが出ても旦那のお小遣いとしていくらかも出せない、もしくはゼロになってしまうのが悲しいかな、それが現実なのです。 ボーナス時にお小遣いを旦那にいくら渡すか悩んだら平均金額の2万円前後がオススメ いかがでしたか?それぞれの家庭の考え方によって、ボーナス時の適切な旦那のお小遣いの額はゼロからボーナス全額まで、大きく変わるようです。 支給額にもよりますが、ボーナス時に旦那にいくら渡すかで悩んだら、平均額から2万円前後にしてみてはいかがでしょか。 ボーナスが出てもお小遣いゼロという家庭が多い中、ボーナス時のお小遣いがもらえる場合は、たとえ額がいくらであろうと夫は素直に喜んでおくといいのかも知れません。 ただ、お互いが納得した状態までしっかりと話しておかないと後でトラブルになってしまう可能性も十分にありますのでその点は気をつけておきたいですね。 ボーナスの関連記事はコチラ!.

次の

ママ友には聞けない!旦那の小遣い、いくらあげてる?ぶっちゃけトーク!

旦那 お 小遣い 平均

スポンサーリンク やはり気になるのは周りの人たちですよね。 おうちによって 「小遣い?そんなものはありません」 という人から 「好きなだけ渡している」 人など本当に幅が広いです。 そんな中での平均額は年度によって ばらつきはありますが大体は3万円~4万円ほど。 多いのか少ないのか… なんとも判断がしづらい金額ですね。 ちなみに私は2万円です。 お弁当も毎日作っているし、 必要な時は教えてもらってその都度渡しています。 たまに拒否しますが、 特に不満もなさそうなので続けています。 もっと減らす予定でいます… 夫の小遣いはどれぐらいが妥当?おすすめの金額はこれ 具体的な金額を言われてもピンと来づらい小遣いの金額。 おすすめは、年収の1割といわれています。 例えば年収500万円の場合は50万円。 これを12か月でわると月に4万ちょいとなります。 これを多いととるのか少ないととるのか、 これは個人差があるのでなんとも言えません。 ただ、 『小遣いは年収に比例する』 ということを覚えておくのも大事かもしれません。 夫に小遣いを渡す理由とは!?みんなの言い分 小遣い無し&少額派の意見 ・毎日お弁当を作っているし、飲み会も前もって言ってくれればその分は渡す ・そもそも仕事が忙しくて遊ぶほどの時間がない ・多く渡したら遊びそう ・子供の養育費に回したい など、シビアな意見が多いですね。 大きくまとめると 「必要な分は出すからその都度言ってね!」 という感じですね。 旦那さんがその出費をなにに使うかの内訳が わかる方法ですね。 小遣いあり派の意見 ・お弁当代として ・飲み会が多いから、小遣い内でやりくりさせている ・仕事ばっかりで大変そう ・ある程度、家にお金を入れているのであれば気にしない などなど。 小遣いあり派は、サラリーマンの家庭に多いですね。 絵に描いたような言い分です。 小遣いをあげてほしい!夫の言い分 ・飲み会が多い ・昼食代も毎日続けばそこそこの金額になる ・たまには遊びたい! ・付き合いというものが・・・ ・趣味の費用が・・・ など、想像通りといいますか…。 ほとんどの方の内訳は上記に当てはまるのではないでしょうか? 職場の飲み会は断りづらいですからね、サラリーマンなら尚更です。 また、昼食代も納得です。 ワンコイン以内で収まればなんとか… と思いますが、なかなかうまくいきませんよね。 安くても700円ぐらいのお店が多いですしね。 小遣いを上げずに夫も納得!?夢のような方法とは なかなか難しい問題ですね。 まず第一に必要なのは、夫婦間で話し合うことです。 年収がいくらなのか? 月に出費がいくらなのか? 貯金にいくら回すのか? など避けては通れない話です。 実際に数字で表して目にすると、人は冷静になるもの。 「週に何回かお弁当作るから、小遣い減らしても大丈夫?」 「前もって飲み会の時教えてくれる?そのとき別で出すよ。 」 などなど、少し歩み寄りながら相談しましょう。 間違っても「節約しなさい!」なんて言うのはダメです。 小遣いあげて攻撃が鳴りやまないことでしょう。 もちろん、すぐに小遣いをあげるのもダメです。 夫の小遣いの平均額はいくらまとめ 夫の小遣いって、ほんとうに難しいですよね。 無しでも穏便に生活している家族もあれば、 いくら上げても納得しない家族もいます。 やはり大事なのは相談することです。

次の