ショート ヘアスタイル。 【2020年夏】実は誰にでも似合う!ベリーショートのオススメヘアスタイル37選

髪型ヘアカタログ/人気サロン発ビューティーBOXヘアスタイル

ショート ヘアスタイル

根元中心に温風を当て、地肌を指の腹でこするようにしてドライ。 髪の根元から優しく立ち上げるように乾かして、ふんわりと仕上げます。 基本は乾かすだけでOKですが、直毛の人やより柔らかさが欲しい人はアイロンでカールをプラス。 26㎜アイロンを使い、毛先を1回転巻いて丸みをオン。 最後にトップの髪を取り、根元まで平巻きにするとエアリー感がUPします。 スタイリング剤は柔らかめのワックスまたはシアバターを選び、手のひらによくのばしてから髪全体にクシャクシャとなじませて。 最後に軽く手ぐしを通し、自然な束感を与えてできあがり。 ダウンスタイルはもちろん、ハイライトを生かしてラフなハーフアップにしても可愛い! 少しトップをほぐしつつ、自然に出てくる後れ毛を生かすとこなれ感がUPします。 地肌メインに温風を当てて優しくドライ。 毛先に少し水分が残った状態でストップし、乾かしすぎを防ぎます。 スタイリング剤はバームタイプのアイテムをセレクト。 手の平によくのばしてから、毛先〜中間になじませて。 その後毛先を握って外ハネの動きをメイク。 首に沿うような自然なくびれを作ったら、表面の髪を軽く動かしてできあがり。 時間がある時は25㎜アイロンを使い、顔まわりの髪をリバース巻きにするとエアリー感がぐんとUP! 気分を変えたい時は、フォワード巻きにすると甘めの表情に仕上がります。 顔まわりの毛束で遊ぶのはもちろん、耳掛けやハーフアップにしてスッキリと仕上げてもgood。 表情を自在に変えるふんわりヘアで、おしゃれをさらに楽しく。 はじめに前髪からドライ開始。 髪が割れないよう、地肌をこするように乾かして。 その後、なるべく下からドライヤーを当てて全体をふんわりとドライ。 自然なハネ感が生まれるよう、軽く手ぐしを通しながら行います。 乾いたら32㎜アイロンを使い、全体の毛先をすべて外ハネ巻きに。 サッと巻いたらよくほぐすことが、ナチュラル仕上げのコツです。 スタイリング剤は髪がつぶれやすい人は軽めのクリームタイプを、広がりやすい人はオイルまたはシアバターをセレクト。 手によくのばしたら毛先〜ハチ下にもみ込み、動きと束感を与えてできあがり。 地肌中心にドライヤーを当ててふんわりと乾かします。 とくにトップ部分は髪を引き上げて、根元にしっかり温風を当てるとgood。 全体が半乾きになったら手ぐしを通し、毛先が外ハネになるように指で毛束を挟みながらドライして。 次に32㎜アイロンを使い、髪の内側は外ハネ、表面は内巻きになるようにカールをオン。 どちらも毛束を太めに取り、ゆるく巻くだけでOKです。 スタイリング剤はオイルまたはシアバターなどウェット感が出るアイテムをセレクト。 手の平と指の間にスタイリング剤をなじませ、中間から毛先に向かって手ぐしで梳かすようにもみ込んで。 しなやかな動きが出るよう、少しだけ水分の残った髪にスタイリング剤をなじませるのがコツ。 最後に前髪に手ぐしを通し、軽く束感をつけてできあがり。 アレンジをするならツイストや三つ編みを崩したハーフアップにして、顔まわりをスッキリと仕上げてもおしゃれです。 ベースは鎖骨レングスのミディアムヘア。 全体にイングラデーションカットを施し、同時に内側を軽めにして収まりのいい仕上がりに。 顔まわりは前上がりにデザインし、前髪はダウンステムでカットして生えグセを生かします。 パーマは全体を16㎜ロッド、前髪のみ18㎜ロッドで平巻きにしてトリートメントデジタルパーマをオン。 98%がトリートメント成分の薬剤を使うことで、パサつかずしなやかな手触りを実現。 温度設定でカールの強さを調節できるから、思い通りの仕上がりが叶います。 カラーは5トーンのディープレッドをメインに使い、表面にダークブラウンのローライトを細かくプラス。 褪色を防ぐとともに、のびかけも「プリン」に見えにくい人気デザインです。 根元から立ち上げるようにドライ。 前髪は浮かないよう、左右に振るように乾かします。 32㎜アイロンを使い、内側の髪を外ハネ巻きに。 表面のレイヤー部分は根元からアイロンで挟み、垂直に持ち上げて平巻きに。 前髪は軽く挟む程度でOK。 どのパートも巻きすぎると質感が硬くなるので、軽く挟んでアイロンを滑らせるように巻くのがコツです。 スタイリング剤はオイルクリームまたはシアバターをセレクト。 少量をよく手にのばし、下から優しくもみ込んで。 顔まわりなどメリハリをつけたいところは多めになじませると、ニュアンスのある仕上がりに。 最後に前髪の毛先に束感を与えてフィニッシュ。 最初に前髪とトップの分け目部分からドライ開始。 頭皮を指で軽くこするように乾かしたら、全体も根元中心にドライして。 毛先まで乾いたら、仕上げに冷風を当てるとよりツヤ感が引き出せます。 次に32mmアイロンを使い、全体をリバース&フォワードのミックス巻きにして。 フェイスラインの髪は内巻きにして、顔を包むような毛流れに。 ボリュームUPさせたい人は軽めのスプレーワックスやファイバーワックス、抑えたい人はシアバターやオイルワックスを選び、髪の内側からなじませてできあがり。 髪が広がりやすい人はハチまわりにもスタイリング剤をつけると、より収まりやすくなります。 根元中心に温風を当ててドライ。 トップ部分は髪を持ち上げながら乾かし、レイヤーの自然な動きを引き出します。 32㎜アイロンを使い、まず全体の毛先をワンカール内巻きに。 さらに中間部分から縦巻きにして、波打つような動きをオン。 仕上げに少し細かく毛束をとり、動きが欲しい場所にカールをプラスします。 スタイリング剤はヘアオイルを選び、500円玉大を手のひらにのばして毛先〜中間へなじませて。 手に残ったオイルを前髪にもつけてできあがり。 アレンジするなら、サイドの髪をねじってピンで留めたスタイルがおすすめ。 根元中心に温風を当ててドライ。 トップがつぶれないよう、頭頂部と前髪は左右から立ち上げるように乾かして。 襟足は首に沿うように後ろからドライヤーを当ててタイトに仕上げます。 スタイリング剤はオイルクリームを選び、手によくのばしてから、まず襟足部分を抑えるようにオン。 次にサイド部分へ下からもみ込んで動きを出し、最後に前髪をかき上げてできあがり。 デイリーはこれでOKですが、お出かけの日はストレートアイロンで毛先に軽くカールをつけても素敵。 作り込みすぎず、低めの温度でサッと巻くことがポイントです。 気分転換したい日は、前髪を下ろしてワックスをしっかりつけると、モードな雰囲気に早変わり。 シーンや気分に合わせたスタイリングで、新しい表情を見つけてみて! 根元中心に温風を当ててドライ。 全体が乾いたら冷風に切り変えると、キューティクルが引き締まり髪のツヤがUPします。 スタイリング剤はナチュラルワックスとウェット感のあるバターワックスをセレクト。 まずナチュラルワックスを手にのばし、トップ部分はクシュっと揉み込むように、襟足は首に沿わせるようになじませて。 次にバターワックスを手にのばし、前髪と顔まわりにオン。 適度な毛束感を与えることで、セクシーな表情が楽しめます。 ノンアイロンでもOKですが、32㎜アイロンで前髪だけリバースに巻くと、顔まわりにニュアンスが出ておしゃれ。 不自然にならないよう、温度を低めに設定してサッと巻くことがポイントです。 イメチェンしたい時は、前髪をオールバックにしてもgood。 こちらも顔まわりにウェット系のスタイリング剤を使うと、旬なムードに仕上がります。

次の

【2020年夏】人気のショートヘアスタイル・髪型カタログ |minimo(ミニモ)

ショート ヘアスタイル

根元中心に温風を当て、地肌を指の腹でこするようにしてドライ。 髪の根元から優しく立ち上げるように乾かして、ふんわりと仕上げます。 基本は乾かすだけでOKですが、直毛の人やより柔らかさが欲しい人はアイロンでカールをプラス。 26㎜アイロンを使い、毛先を1回転巻いて丸みをオン。 最後にトップの髪を取り、根元まで平巻きにするとエアリー感がUPします。 スタイリング剤は柔らかめのワックスまたはシアバターを選び、手のひらによくのばしてから髪全体にクシャクシャとなじませて。 最後に軽く手ぐしを通し、自然な束感を与えてできあがり。 ダウンスタイルはもちろん、ハイライトを生かしてラフなハーフアップにしても可愛い! 少しトップをほぐしつつ、自然に出てくる後れ毛を生かすとこなれ感がUPします。 地肌メインに温風を当てて優しくドライ。 毛先に少し水分が残った状態でストップし、乾かしすぎを防ぎます。 スタイリング剤はバームタイプのアイテムをセレクト。 手の平によくのばしてから、毛先〜中間になじませて。 その後毛先を握って外ハネの動きをメイク。 首に沿うような自然なくびれを作ったら、表面の髪を軽く動かしてできあがり。 時間がある時は25㎜アイロンを使い、顔まわりの髪をリバース巻きにするとエアリー感がぐんとUP! 気分を変えたい時は、フォワード巻きにすると甘めの表情に仕上がります。 顔まわりの毛束で遊ぶのはもちろん、耳掛けやハーフアップにしてスッキリと仕上げてもgood。 表情を自在に変えるふんわりヘアで、おしゃれをさらに楽しく。 はじめに前髪からドライ開始。 髪が割れないよう、地肌をこするように乾かして。 その後、なるべく下からドライヤーを当てて全体をふんわりとドライ。 自然なハネ感が生まれるよう、軽く手ぐしを通しながら行います。 乾いたら32㎜アイロンを使い、全体の毛先をすべて外ハネ巻きに。 サッと巻いたらよくほぐすことが、ナチュラル仕上げのコツです。 スタイリング剤は髪がつぶれやすい人は軽めのクリームタイプを、広がりやすい人はオイルまたはシアバターをセレクト。 手によくのばしたら毛先〜ハチ下にもみ込み、動きと束感を与えてできあがり。 地肌中心にドライヤーを当ててふんわりと乾かします。 とくにトップ部分は髪を引き上げて、根元にしっかり温風を当てるとgood。 全体が半乾きになったら手ぐしを通し、毛先が外ハネになるように指で毛束を挟みながらドライして。 次に32㎜アイロンを使い、髪の内側は外ハネ、表面は内巻きになるようにカールをオン。 どちらも毛束を太めに取り、ゆるく巻くだけでOKです。 スタイリング剤はオイルまたはシアバターなどウェット感が出るアイテムをセレクト。 手の平と指の間にスタイリング剤をなじませ、中間から毛先に向かって手ぐしで梳かすようにもみ込んで。 しなやかな動きが出るよう、少しだけ水分の残った髪にスタイリング剤をなじませるのがコツ。 最後に前髪に手ぐしを通し、軽く束感をつけてできあがり。 アレンジをするならツイストや三つ編みを崩したハーフアップにして、顔まわりをスッキリと仕上げてもおしゃれです。 ベースは鎖骨レングスのミディアムヘア。 全体にイングラデーションカットを施し、同時に内側を軽めにして収まりのいい仕上がりに。 顔まわりは前上がりにデザインし、前髪はダウンステムでカットして生えグセを生かします。 パーマは全体を16㎜ロッド、前髪のみ18㎜ロッドで平巻きにしてトリートメントデジタルパーマをオン。 98%がトリートメント成分の薬剤を使うことで、パサつかずしなやかな手触りを実現。 温度設定でカールの強さを調節できるから、思い通りの仕上がりが叶います。 カラーは5トーンのディープレッドをメインに使い、表面にダークブラウンのローライトを細かくプラス。 褪色を防ぐとともに、のびかけも「プリン」に見えにくい人気デザインです。 根元から立ち上げるようにドライ。 前髪は浮かないよう、左右に振るように乾かします。 32㎜アイロンを使い、内側の髪を外ハネ巻きに。 表面のレイヤー部分は根元からアイロンで挟み、垂直に持ち上げて平巻きに。 前髪は軽く挟む程度でOK。 どのパートも巻きすぎると質感が硬くなるので、軽く挟んでアイロンを滑らせるように巻くのがコツです。 スタイリング剤はオイルクリームまたはシアバターをセレクト。 少量をよく手にのばし、下から優しくもみ込んで。 顔まわりなどメリハリをつけたいところは多めになじませると、ニュアンスのある仕上がりに。 最後に前髪の毛先に束感を与えてフィニッシュ。 最初に前髪とトップの分け目部分からドライ開始。 頭皮を指で軽くこするように乾かしたら、全体も根元中心にドライして。 毛先まで乾いたら、仕上げに冷風を当てるとよりツヤ感が引き出せます。 次に32mmアイロンを使い、全体をリバース&フォワードのミックス巻きにして。 フェイスラインの髪は内巻きにして、顔を包むような毛流れに。 ボリュームUPさせたい人は軽めのスプレーワックスやファイバーワックス、抑えたい人はシアバターやオイルワックスを選び、髪の内側からなじませてできあがり。 髪が広がりやすい人はハチまわりにもスタイリング剤をつけると、より収まりやすくなります。 根元中心に温風を当ててドライ。 トップ部分は髪を持ち上げながら乾かし、レイヤーの自然な動きを引き出します。 32㎜アイロンを使い、まず全体の毛先をワンカール内巻きに。 さらに中間部分から縦巻きにして、波打つような動きをオン。 仕上げに少し細かく毛束をとり、動きが欲しい場所にカールをプラスします。 スタイリング剤はヘアオイルを選び、500円玉大を手のひらにのばして毛先〜中間へなじませて。 手に残ったオイルを前髪にもつけてできあがり。 アレンジするなら、サイドの髪をねじってピンで留めたスタイルがおすすめ。 根元中心に温風を当ててドライ。 トップがつぶれないよう、頭頂部と前髪は左右から立ち上げるように乾かして。 襟足は首に沿うように後ろからドライヤーを当ててタイトに仕上げます。 スタイリング剤はオイルクリームを選び、手によくのばしてから、まず襟足部分を抑えるようにオン。 次にサイド部分へ下からもみ込んで動きを出し、最後に前髪をかき上げてできあがり。 デイリーはこれでOKですが、お出かけの日はストレートアイロンで毛先に軽くカールをつけても素敵。 作り込みすぎず、低めの温度でサッと巻くことがポイントです。 気分転換したい日は、前髪を下ろしてワックスをしっかりつけると、モードな雰囲気に早変わり。 シーンや気分に合わせたスタイリングで、新しい表情を見つけてみて! 根元中心に温風を当ててドライ。 全体が乾いたら冷風に切り変えると、キューティクルが引き締まり髪のツヤがUPします。 スタイリング剤はナチュラルワックスとウェット感のあるバターワックスをセレクト。 まずナチュラルワックスを手にのばし、トップ部分はクシュっと揉み込むように、襟足は首に沿わせるようになじませて。 次にバターワックスを手にのばし、前髪と顔まわりにオン。 適度な毛束感を与えることで、セクシーな表情が楽しめます。 ノンアイロンでもOKですが、32㎜アイロンで前髪だけリバースに巻くと、顔まわりにニュアンスが出ておしゃれ。 不自然にならないよう、温度を低めに設定してサッと巻くことがポイントです。 イメチェンしたい時は、前髪をオールバックにしてもgood。 こちらも顔まわりにウェット系のスタイリング剤を使うと、旬なムードに仕上がります。

次の

【2020年最新】ショートの人気ヘアスタイル・髪型まとめ

ショート ヘアスタイル

根元を立ち上げるように前から後ろへ向かってドライ。 根元が乾いたら、ふんわり感をつぶさないように前へ向けて毛先を整えていきます。 ツヤ感が愛らしさのカギになるから、スタイリング剤はヘアオイルをセレクト。 少量をよく手にのばし、内側から全体へとなじませて。 全体が均一な質感になったら、お好みでサイドを耳にかけてできあがり。 パーマをかけずにアイロンでスタイリングするなら、ストレートアイロンがおすすめ。 中間〜毛先をワンカール巻いて、ごく自然な内巻きに仕上げてみて。 もったりするのを防ぐため、内側の髪は巻かないことがコツ。 地肌中心に温風を当て、根元を起こしながらドライ。 襟足は上からドライヤーを当ててタイトにし、トップは髪をほどよくもみ込んで、カール感を出しながら乾かします。 スタイリング剤はヘアバームとヘアミルクをセレクト。 2つをよく混ぜて手にのばし、根元から毛先まで均一にもみ込んで。 前髪は根元から軽く手ぐしを通し、指先で束感をつけてフィニッシュ。 さらに動きが欲しい時は、26㎜アイロンで毛先を巻いてカールを足してもOKです。 巻きすぎると質感が硬くなるから、熱を当てすぎないように手早く巻くこと。 イメージを変えたい時は、オイルでウェット質感にしてクールな表情を狙っても素敵。 パートチェンジでも雰囲気が変わるから、着こなしに合わせてお気に入りのスタイリングを見つけてみて。

次の